JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > JALチャレンジカップ2015 [2015/3/31] > 最新ニュース一覧 > ハリルホジッチ新監督、「2戦目も勝利を」~JALチャレンジカップ ウズベキスタン戦へ~

ニュース

ハリルホジッチ新監督、「2戦目も勝利を」~JALチャレンジカップ ウズベキスタン戦へ~

2015年03月31日

ハリルホジッチ新監督、「2戦目も勝利を」~JALチャレンジカップ ウズベキスタン戦へ~

SAMURAI BLUE(日本代表)のヴァイッド・ハリルホジッチ新監督は3月30日(月)、就任2戦目となるJALチャレンジカップ2015 対ウズベキスタン戦を翌日に控えて、東京スタジアムで会見に臨み、「1戦目には本当に満足している。2戦目も勝利を求めたい」と述べました。

27日に大分でチュニジアと対戦した初陣では、今年1月のAFCアジアカップに出場していない選手7人を含めたフレッシュな布陣で戦い、2-0で勝利しました。

その試合から中3日で迎える2戦目へ、ハリルホジッチ監督は「おそらく1戦目と全く違うメンバーになる」と話して、大胆に選手を入れ替えることを明らかにしました。「この合宿に呼んだ全ての選手のことを、この試合を通じてさらに深く知りたい。ほとんどの選手を使おうと思っている」と話しています。

チームはこの日、試合会場で1時間半ほど練習を行い、ランニングや反応や瞬発力を上げるダッシュ、パスやシュート練習を実施。ミニゲームでは、クロスボールの入れ方などに注意しながらビルドアップを確認していました。

ウズベキスタンは現在2期目となるミルジャラル・カシモフ監督が2012年から率いており、今年のAFCアジアカップでは朝鮮民主主義人民共和国、中国、サウジアラビアなど戦ってグループステージを突破。準々決勝で韓国に延長0-2で敗れて、日本と同じベスト8でした。来日直前の3月27日には韓国で韓国代表と対戦して1-1で引き分けています。

最新FIFAランクでは日本の53位に対してウズベキスタンは72位。両者の過去の対戦成績では日本が5勝3分け1敗でリードしていますが、前回のFIFAワールドカップ予選では2011年と12年に対戦して、日本の1分け1敗でした。

ハリルホジッチ監督は「前回我々のホームで対戦して負けているが、もう一度挑戦して勝ちたい。チュニジア戦よりもリスクを負ってブロックをもっと前へ上げてプレーしたい」と話しています。

ウズベキスタンとは6月に始まる2018 FIFAワールドカップ予選で再び対戦する可能性もありますが、MF柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)は「ワールドカップ予選というより、まず目の前の試合でしっかり結果を出したい」と話しました。

また、試合会場の東京スタジアムを本拠としているFC東京のDF太田宏介選手は、「一番思い入れのあるスタジアムなので、ここで結果を出したい」と意気込みを口にしています。

SAMURAI BLUE vs ウズベキスタン戦は19:25キックオフの予定です。

監督・選手コメント

ヴァイッド・ハリルホジッチ SAMURAI BLUE(日本代表)監督
1試合目には本当に満足しています。2試合目も選手には勝つように求めて、勝利のダイナミズムを続けるように言っています。おそらく1試合目と全く違うメンバーでいくと思います。リスクは少しあり過ぎかと思いますが、この合宿に呼んだほとんどの選手を使って、試合を通して全選手のことをさらに深く知りたいと考えています。(チュニジア戦の)プレーを分析したのですが、攻守両面で以前の代表よりも向上したことを確認しました。我々の道を見せることができましたし、それによってこのチームはさらに上のレベルへ到達できると思います。選手たちが私の要求にさらに応えてくれることを希望しています。

DF 3 太田宏介 選手(FC東京)
監督がやろうとしていることは、(前の試合から)メンバーが変わっても同じだと思います。ボール追ったりハイプレスをかけるタイミングなどは、この間の試合を見ていて参考になりました。明日試合に出られれば、イメージしながらやりたいと思います。今日の練習でのクロスのフィーリングはよかったので、そこは自分の武器でもありますし、意識してやりたいです。(東京スタジアムは)一番思い入れのあるスタジアムなので、ここで結果を出したい気持ちも強いです。

FW 9 岡崎慎司 選手(1.FSVマインツ)
ウズベキスタンは力をつけていると思うし、韓国ともいい勝負をしています。自分たちも最近の試合では引き分けが多くて、あまり勝ててないイメージもありますし、アジアのチームには勝ちたいです。ただ、どうやって勝つかというところが重要になってくると思います。今まで通りのやり方でも勝てればいいんですが、そんなに簡単にはいかないと思いますし、いろいろなものを出してチャレンジして勝ってこそ、自分たちも目指すものが見えると思います。(新監督の下で)始まって間もないので、このチームのサッカーというのがどういうものか、全てを見せることはできなくても、目指しているものや高い意識でのプレーをやりたいと思っています。

DF 25 水本裕貴 選手(サンフレッチェ広島)
ポジション競争は激しいと思うので、チャンスが来た時にはしっかりものにできるようにやりたいですし、みんな考えていることは同じだと思うので、その中で競争には勝てるようにやっていきたいです。代表に定着できるように、もっともっと求められているものをより緻密なところで出せるようにしていきたいと思います。しっかりやっていきたいです。

MF 28 青山敏弘 選手(サンフレッチェ広島)
(チュニジア戦を見て)非常に良かったと思います。ただ、ボールを獲ったあとに縦へ入れるというのはもっといるのかなと思ったので、そこを意識してやりたいと思っています。いまやるべきことをやって、新しい監督が求めているものを僕も求めています。結果を出したいと思います。

ミルジャラル・カシモフ ウズベキスタン代表監督
AFCアジアカップではもっと上位を目指していたので、ベスト8止まりで国民を失望させてしまいました。ですので、次の目標のFIFAワールドカップ予選では良い結果を出して、国民を喜ばせたいと考えていて、現在の自分たちの力を図るために、試合を重ねています。日本は新監督を迎えて再生期を迎え、チームに招集された選手は新監督に力を見せようと高いモチベーションで臨むと思います。新監督は経験豊富な指導者なので、明日どんな試合をするか楽しみですし、大変面白い試合になると思います。

JFA-TV

  • ハリルホジッチ監督 試合前日記者会見

  • 岡崎慎司 選手 インタビュー

  • 柴崎岳 選手 インタビュー

  • 宇佐美貴史 選手 インタビュー

スケジュール

3月23日(月) PM トレーニング
3月24日(火) PM トレーニング
3月25日(水) PM トレーニング
3月26日(木) PM 公式練習
3月27日(金)2-0キリンチャレンジカップ2015   vs チュニジア代表 (大分スポーツ公園総合競技場)
3月28日(土) AM トレーニング
3月29日(日) AM/PM トレーニング
3月30日(月) AM/PM 公式練習
3月31日(火)19:25JALチャレンジカップ2015   vs ウズベキスタン代表 (東京スタジアム)

JALチャレンジカップ2015

2015年3月31日(火) SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ウズベキスタン代表
東京スタジアム 19:25 キックオフ(予定)/16:25 開場(予定)
テレビ放送:日本テレビ系にて全国生中継
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー