JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > SAMURAI BLUE > 国際親善試合 > 最新ニュース一覧 > 日本代表、指宿合宿打ち上げ ~帰京後、壮行会でファンに挨拶~

ニュース

日本代表、指宿合宿打ち上げ ~帰京後、壮行会でファンに挨拶~

2014年05月26日

日本代表、指宿合宿打ち上げ ~帰京後、壮行会でファンに挨拶~

日本代表チームは5月25日(日)、2014年FIFAワールドカップへむけて鹿児島県指宿市で行っていた強化合宿を終了しました。
最終日は、公開された冒頭部分の練習ではGKを除いたメンバーがフィジカルと、ピッチ上でボールを使ったトレーニングに分かれて体を動かし、後者ではDF長友佑都選手、MF清武弘嗣選手、FW大久保嘉人選手らがトレーニングパートナーの2人と共に、スローイン時の動き方などを入念にチェックしました。その後、非公開になった部分では紅白戦などを含めた練習が行われ、選手たちは約2時間、汗を流しました。
MF長谷部誠選手は「(合宿は)非常にハードできつかったが、自分たちに必要なことですし、こういう時も明るく、元気にまじめに取り組めた」と当地での5日間の合宿を振り返りました。
FW柿谷曜一朗選手は「充実したキャンプでした」と話し、「体の仕上がりは、大会初戦に合わせているので、まだまだ。どれだけ良い状態で(試合へ)もっていけるかでしょう」と、引き続いての調整に余念がない様子でした。
なお、前日の練習中に右膝を痛めて鹿児島県内の病院で検査を受けたDF酒井高徳選手は、膝に小さな炎症が見つかったため、合宿最終日は大事をとってグラウンドには出ず、ホテル内で体幹トレーニングに取り組みました。痛みは治まったため、明日からバイクなどを使ったトレーニングでチーム復帰へ向けての調整に入る予定です。
当地での全日程を終えたチームは大勢のファンが見守るなか、チームホテルを後にし、空路東京へ向かいました。

壮行会で背番号発表

羽田空港到着後、チームは国立代々木競技場第一体育館に直行し、夢を力に2014壮行会に出席しました。
7,261人の観衆が待つ会場の後方から登場した選手たちは、通路脇に立ち並んだファンと軽いハイタッチを交わしながらセンターステージへ上がり、ファンの歓声のなか、エスコートキッズの手を引いてメインステージへ進みました。
アルベルト・ザッケローニ監督は、「我々がこれから行く冒険を心から応援してください。日本の国民として、このチームを誇りに思ってほしいですし、私も誇りに思っています」と挨拶しました。
ファンやサポーターから寄せられた夢のメッセージの入った応援フラッグや、日本代表の活躍を祈願して集められた77,614本の青い応援リボンが紹介され、長谷部選手は「たくさんのことを背負ってブラジルで戦ってこないといけないなと感じています。一緒に闘いましょう」と観客に呼びかけました。
また、大会メンバー23人の背番号が発表され、今回、2年3ヶ月ぶりに代表チームに復帰となった大久保選手には13番が用意されました。
チームは壮行会終了後、27日のキリンチャレンジカップ2014キプロス戦が開催される埼玉へ移動。26日の調整を経て、大会前の国内での最後の試合に臨みます。

コメント

MF 清武弘嗣 選手(1.FCニュルンベルグ/ドイツ)
みんながいい意識でいいコンディションで、きついけど明るく元気にやれたと思うので、いい準備ができたと思います。フィジカル中心でしたけど、基本となるベースの部分はこの合宿で頭に入れることが出来たと思うので、そういうベースを守りつつ、あとはピッチで表現するだけです。守備的に行くのではなくて攻撃的に行くことは、監督は常に言っていますし、監督の考えている崩し方などは、選手にはすごく伝わったと思います。(試合中の)ピッチでは状況が変わりますが、自分たちが臨機応変に対応していければ一番いいと思います。

DF 今野泰幸 選手(ガンバ大阪)
予想以上にハードな合宿でした。フィジカルも基本の攻撃や基本の守備も、バランスよく取り組めたと思います。ザッケローニ監督の下で4年間やってきたことが進化して、今回、より攻撃的になっている気がします。(残りの準備期間で)戦術の理解を高めて、チームの一員としてちゃんと貢献したいと思います。

DF 長友佑都 選手(インテル・ミラノ/イタリア)
チームメイトといろいろな話が出来ました。いい緊張感とリラックスがバランスよくとれています。4年前と比べて、チームも強くなっているし、自分も4年間で成長できました。自分自身にも大きな期待をしています。大会は楽しみ。まずは初戦のコートジボワール戦へむけて最高の準備をしたいと思っています。

大仁邦彌 日本サッカー協会会長
楽に勝てる試合は一試合もないと思います。まずはグループリーグ突破を目指して、最低でも前回以上の成績で、日本サッカーの発展に貢献してくれた、ゆかりのあるブラジルで、これぞ日本サッカーという戦いをしてベストを尽くして戦ってほしいと思います。

 

スケジュール

5月21日(水)~25日(日) - トレーニングキャンプ(鹿児島)
5月25日(日) 18:30 「夢を力に2014」壮行会(東京/国立代々木競技場第一体育館)
5月27日(火) 19:30 キリンチャレンジカップ2014 vs キプロス代表(埼玉スタジアム2002)
5月29日(木)~6月6日(金) - トレーニングキャンプ(アメリカ)
6月2日(月) 21:00 国際親善試合 vs コスタリカ代表(アメリカ/タンパ)
6月6日(金) 19:30 国際親善試合 vs ザンビア代表(アメリカ/タンパ)
6月14日(土) 22:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs コートジボワール代表(Arena Pernambuco)
6月19日(木) 19:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs ギリシャ代表(Estadio das Dunas)
6月24日(火) 16:00 2014FIFAワールドカップブラジル vs コロンビア代表(Arena Pantanal)

 ※時間は現地時間

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー