JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 U-15カンボジア代表に8-0と大勝~AFC U-16選手権2020予選~

ニュース

U-15日本代表 U-15カンボジア代表に8-0と大勝~AFC U-16選手権2020予選~

2019年09月21日

U-15日本代表 U-15カンボジア代表に8-0と大勝~AFC U-16選手権2020予選~

AFC U-16選手権2020予選 グループJ 第2戦 U-15日本代表 vs. U-15カンボジア代表
2019年9月20日(金) キックオフ時間 15:00(現地時間) 試合時間 90分(45分ハーフ)
New Laos National Stadium(ラオス/ヴィエンチャン)

U-15日本代表 8-0(前半3-0、後半5-0)U-15カンボジア代表

得点
3分 森本空斗(U-15日本代表)
11分 森本空斗(U-15日本代表)
15分 逢坂スィナ(U-15日本代表)
49分 北野颯太(U-15日本代表)
57分 内藤大和(U-15日本代表)
59分 逢坂スィナ(U-15日本代表)
62分 北野颯太(U-15日本代表)
87分 森本空斗(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:佐賀鉄生
DF:鈴木吏玖、溝口修平、藤田崇弘、東廉太
MF:北野颯太、大迫塁、福井太智、逢坂スィナ
FW:森本空斗、内藤大和

サブメンバー
GK:宮本流維、松原快晟
DF:杉田隼、田代紘、池谷銀姿郎、植田悠太
MF:山崎太新、楢原慶輝、坂井駿也、南野遥海
FW:鈴木大翔

交代
61分 福井太智 → 南野遥海
67分 北野颯太 → 山崎太新
74分 溝口修平 → 田代紘

マッチレポート

U-15日本代表は9月20日(金)、AFC U-16選手権2020予選の第2戦でU-15カンボジア代表と対戦しました。

第2戦のスターティングメンバーは初戦のU-15ラオス戦から9人を変更。

初戦でマレーシアがカンボジアに7-0で勝利していることから、森山佳郎監督は8点以上取って勝利することを目標に掲げ、選手達を送り出しました。

それに応えようと、選手達も前半立ち上がりから積極的に攻めます。

まずは3分、森本空斗選手のゴールで早速先制点を奪います。11分にも再び森本空斗選手が左足を振り抜き、豪快に決めて2-0とすると、続く15分には、逢坂スィナ選手が決めて早々に3-0と相手を突き放します。

ここまではテンポ良く得点を奪いますが、その後はゴール前での精度を欠き、追加点を奪うことができず、前半を3-0のまま折り返します。

しかし後半はテンポが上がり、まずは49分、北野颯太選手がカットインで相手をかわし、右足でミドルシュートを叩き込み4-0。57分には相手をかわした内藤大和選手が冷静に決めて5-0。59分と62分には逢坂選手、北野選手がそれぞれこの日2点目のゴールを奪い7-0とします。終了間際の87分には森本空斗選手がハットトリックとなるダメ押しゴールを奪って8-0とし、試合前に森山監督が掲げていた8得点の目標をクリアして2勝目をあげました。

第3戦は9月22日(日)、来年実施されるAFC U-16選手権2020出場を懸けてU-15マレーシア代表との試合に臨みます。

選手コメント

GK #12 佐賀鉄生 選手(JFAアカデミー福島U15)
今日の試合では前回のラオス戦での反省点が改善できていたと思います。最初の10分の入り方のところで2点とることが出来ました。しかし、一方で相手のプレスがそこまで強くないにも関わらず、プレーの質や丁寧さが欠けていたと思います。前半は質が低いゲームになっていましたが、後半になるにつれて良くなり、5点をもぎ取ることができました。また、自分自身GKとしてクリーンシートでゲームを締めくくれたことは良かったです。次のマレーシア戦にはこれら2試合の反省を活かし、良いゲームにするためにチーム一丸となってやっていきたいと思います。

DF #23 東廉太 選手(高川学園中)
今日は前半に少し慌ててしまい、ビルドアップのミスが多くありました。しかし自分のストロングポイントである競り合いは全て勝てましたし、8-0で勝利できたことは良かったと思います。後半はベンチからアドバイスをもらったり、声掛けをしてもらい、少し落ち着いてプレーができました。しかしまだパス一つ一つの質などが低いので、改善していきたいです。

MF #8 北野颯太 選手(セレッソ大阪U-15)
前半はなかなかリズムを掴めず、またゴール前の質も悪く、得点を取れない難しい時間がありましたが、後半はそこを意識して改善でき、チームとしての8得点はもちろんのこと、個人としてもゴールを取れたのは良かったです。しかし、たくさんの課題が見つかった試合でもあります。次のU-15マレーシア戦はもっと厳しい試合になると思いますが、全員で戦って来年の本戦に出場できるよう頑張りたいです。

FW #11 森本空斗 選手(サンフレッチェ広島ユース)
立ち上がりから自分達のペースでボールを動かし、ゴールに繋げられたことは非常に良かったです。しかし前半は前線の選手が孤立してしまうシーンが多くあり、修正していく必要があります。個人としては3点を決め、自分のストロングポイントである決定力の高さを発揮することができました。ただ、オフ・ザ・ボールの動きにはまだ課題があるので、動きの質によりこだわって次のマレーシア戦に臨みたいと思います。

スケジュール

AFC U-16選手権2020予選 グループJ
9月18日(水) 4-0 第1戦 vs U-15ラオス代表
(New Laos National Stadium)
9月19日(木) PM トレーニング
9月20日(金) 8-0 第2戦 vs U-15カンボジア代表
(New Laos National Stadium)
9月21日(土) PM トレーニング
9月22日(日) 15:00 第3戦 vs U-15マレーシア代表
(New Laos National Stadium)

※時間は全て現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-16選手権2020予選

大会期間:2019/09/18(水)~2019/09/22(日)
会場:ラオス/New Laos National Stadium

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表 2019年
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー