JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > 「全ての思いを背負って最後まで諦めずに戦う」高倉麻子監督インタビュー(後編)~FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019~

ニュース

「全ての思いを背負って最後まで諦めずに戦う」高倉麻子監督インタビュー(後編)~FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019~

2019年05月15日

「全ての思いを背負って最後まで諦めずに戦う」高倉麻子監督インタビュー(後編)~FIFA 女子ワールドカップ フランス 2019~

FIFA女子ワールドカップ フランス2019が6月7日(金)に開幕します。ここでは2大会ぶりの優勝を目指すなでしこジャパンの高倉麻子監督にワールドカップの意義について聞きました。

――高倉監督は2014年のFIFA U-17女子ワールドカップでチームを優勝に導いた経験があります。ご自身が思う世界大会の勝ち方は。

高倉 長い大会期間の中でチームの浮き沈みを見逃さないことは重要だと思います。それはつまり選手の変化を見逃さないことです。あとは、一戦一戦、チームが成長していくことがキーになります。特に今回のワールドカップはどこのチームが勝ち上がってもおかしくない大会になるのではないかと思っています。私自身が勝ち方を言うのであれば、チームの変化、選手の変化を見逃さず、試合に最善の方向へ持っていくことができれば、自ずといい成績に近づくと思います。

――日本の女子サッカーにとってワールドカップが持つ意味は。

高倉 2011年になでしこジャパンが世界一になって、大きく状況が変わりました。皆さんに認知してもらい、なでしこが強いと印象付けました。同時に、皆さんが期待するのは優勝しかない。そういったものも背負ったと感じています。3世代(なでしこジャパン、U-20、U-17)で世界一というのは日本が初めてで、世界から常に注目される存在になっています。ですが、アメリカやドイツのように圧倒的な強さで勝っているというわけではなくて、やはり全てを研ぎ澄ませて繊細に戦っていく中で、なんとか勝利をもぎ取っていく位置にいると思っています。2度目の優勝は本当に難しいと思いますが、今、チームには若い選手が多いですし、どこまで未知の力が出てくるかは大会が始まってみないと分かりません。そこは楽しみでもあります。私自身、不安はないですけど、そういったものを全て力に変えて、また優勝カップを掲げることができればいいですね。

――2011年の優勝を機に最も変わったことは。

高倉 若い選手の意識がまず変わりました。その当時、私はアンダーカテゴリーの仕事をしていました。今の若手はキャプテンの澤穂希選手がトロフィーを掲げた姿をリアルタイムで見ているので、「それはいずれ自分たちもやることなんだな」と思っています。U-17日本女子代表を見ていても、世界一を取りにいくことが普通になったということは私たちの世代では考えられなかった。だからこそ、求めることも高いですし、もっとやらなくてはいけないという意識も女子サッカー全体に広がったと思います。

――今後、日本の女子サッカーが発展していくために今回のワールドカップはどのような意義があるのでしょうか。

高倉 日本は2大会連続ファイナリストなので、もちろん今回も世界一を取りに行くことは全員が強い思いを持っています。しかし、日本はFIFAランキング7位で、圧倒的にゲームを支配して、力でねじ伏せて勝つような戦い方はなかなかできないので、まずは一つ一つの試合を丁寧に戦うことが必要です。あとは、大会中にラッキーガールといいますか、ぐぐっと伸びてくる選手が1人、2人と出てくれば、難しい優勝が近づくのではないかと思います。今大会を勝つことによって、また全ての女子サッカー選手が「私たちは世界一を目指すんだ」と思ってくれたり、いろいろな方々が応援したいと思ってくれたり、「明日頑張って仕事しよう」と元気を出してくれるのではないでしょうか。スポーツにはそういう力があると思うので、自分たちはサッカーを通じていろいろな方々に恩返しすることを考えて、何か大きなことを成し遂げたいと思います。

――なでしこジャパンを応援してくださっている皆さんにメッセージを。

高倉 「世界一になる」ということは言葉で言ってしまえば数文字ですけども、どこの国の選手たちも全てを懸けて戦ってくる中で、それを獲りにいくということは並大抵のことではありません。女子サッカーに関わってきた全ての方々の努力や思いを背負って、一丸となって戦いたいと思うので、是非パワーを選手に送ってほしいと思います。難しい試合になったとしても、応援してくださる方も最後まで選手を信じて背中を押してほしいと思います。

――諦めない姿はなでしこジャパンの魅力でもあります。

高倉 そうですね。難しい試合であっても、点差が開いてしまっても、最後の笛が鳴るまで諦めない。前回大会の決勝も点差が開いて難しい試合でしたが、選手たちは最後まで走りました。そういった姿をお見せできると思うので、みんなで一緒に戦いましょう。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー