JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 日本代表 サッカー女子 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表、U-19沖縄県選抜に7-0で勝利 ~JENESYS2018 日ASEAN U-19女子サッカー交流大会~

ニュース

U-19日本女子代表、U-19沖縄県選抜に7-0で勝利 ~JENESYS2018 日ASEAN U-19女子サッカー交流大会~

2019年03月06日

U-19日本女子代表、U-19沖縄県選抜に7-0で勝利 ~JENESYS2018 日ASEAN U-19女子サッカー交流大会~

U-19日本女子代表は3月5日(火)、大会3戦目のU-19沖縄県選抜戦を迎えました。

休息日を挟んで迎えた第3戦は、立ち上がりから日本が試合の主導権を握ります。5分、左サイドのMF西野朱音選手のパスを受けたMF武田あすみ選手がドリブルで持ち込み、ペナルティエリア外からシュートを放つも、惜しくも相手GKに阻まれます。11分、ゴール前でボールを受けたFW神谷千菜選手が右足を大きく振り抜きシュート、日本は先制点を奪います。その後も多くの得点機会を作り出した日本でしたが、決めきることができず、1-0で試合を折り返します。

後半に入っても、日本は攻撃の手を緩めません。35分、右サイドの武田選手がゴール前にクロスを送ると、一度は相手DFにクリアされるも、そのこぼれ球を拾ったMF大熊環選手がドリブルで持ち込みシュート、2-0とします。その後も、40分にMF中尾萌々選手、44分にFW久永望生選手、47分にFW三浦晴香選手が続けて得点を重ね、5-0とします。さらに52分、相手陣地でボールを奪うと、三浦選手、MF高山のはら選手とボールをつなぎ、最後は武田選手が決め6-0とします。試合終了間際のアディショナルタイムには、DF原海七選手がこの試合7得点目を決め、7-0で試合を終えました。

試合詳細はこちら

※3月6日(水)開催予定の第5節は、悪天候のため全試合中止となりました。

選手コメント

DF #2 澁澤光 選手(東洋大学)
ミャンマー戦で出た課題をチームで共有し、昨日のトレーニングで修正して入ったことで、7-0で勝利できたことは良かったと思います。個人としての出場時間は短かったですが、簡単なミスや攻撃の関わり方など、課題はたくさん見つかったので、しっかり修正して明日のベトナム戦に繋げていきたいと思います。明日でこの大会は最後なので悔いのないようすべてを出し切り、全員でしっかり勝ちにいきます。

DF #12 三秋祥子 選手(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ)
今日の沖縄県選抜戦では、お互いのパスのずれなど基礎的なことが欠けていました。また、相手との距離、仲間との距離が遠く、ビルドアップがリズム良く出来ませんでした。守備の課題である、ダウンのタイミングやリスク管理をもっと追求し、声を掛け合わないといけないと思いました。最終戦では、今まで出た課題、良かったところを出して全員でエネルギッシュに戦います。

DF #15 河合野乃子 選手(浦和レッズレディースユース)
ミャンマー戦で出た課題を意識して、今日の試合に臨みました。課題としていたラインコントロールがうまくいった場面もありましたが、まだまだみんなでコミュニケーションを取りながら合わせていかないといけない場面が多かったです。他にも、個人として多くの課題を得ました。明日は、最終戦なので今までの課題を意識して、勝つためにみんなで戦いたいです。

MF #13 大熊環 選手(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)
チームとしては個々の距離感が遠く、なかなかボールを落ち着かせて回すことができませんでした。個人としても判断が遅く、単純なパスミスが多かったので、次の試合では修正して取り組みたいです。明日で最後の試合なので一瞬一瞬を大切にし、相手を圧倒できるようにしたいです。

FW #11 梶井鈴音 選手(ちふれASエルフェン埼玉マリ)
ボールを奪われた瞬間の切り替えを早くし、ハードワークすることをチーム全体で意識して臨みました。前半、相手状況を把握しきれないままゲームを運んでしまい、攻め急いでしまったという印象が残りました。後半は修正することで追加点を取ることができました。奪われた瞬間の切り替えの部分ではもっと早くし、確実にボールを取り切ることをチーム全体で意識していかなければならないと思います。最終戦に向け、各々が責任感をもち、結果にも内容にもこだわった良いゲームをしたいと思います。

スケジュール

JENESYS2018 日ASEAN U-19女子サッカー交流大会
3月2日(土) 4-0 第1戦 vs U-19タイ女子代表(残波岬ボールパーク)
3月3日(日) 1-1 第2戦 vs U-19ミャンマー女子代表(読谷村陸上競技場)
3月4日(月) AM/PM トレーニング
3月5日(火) 7-0 第3戦 vs U-19沖縄県選抜(読谷村陸上競技場)
3月6日(水) 中止 第4戦 vs U-19ベトナム女子代表(残波岬ボールパーク)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

JENESYS2018日ASEAN U-19女子サッカー交流大会
JENESYS2018日ASEAN U-19女子サッカー交流大会

大会期間:2019/3/2(土)~2019/3/6(水)
大会会場:残波岬ボールパーク・読谷村陸上競技場(沖縄県読谷村)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー