JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 大学 2015年 > 最新ニュース一覧 > ユニバーシアード日本代表 実戦を想定したトレーニングを行う

ニュース

ユニバーシアード日本代表 実戦を想定したトレーニングを行う

2015年06月26日

ユニバーシアード日本代表 実戦を想定したトレーニングを行う

第28回ユニバーシアード競技大会の直前合宿も4日目を迎えました。折り返し地点を過ぎた今日は、午前中の練習が急遽オフとなり、選手たちはめいめい、コンディションを整える時間にあてがいました。

しかし午後は一転、約2時間半にわたり密度の高いトレーニングが行われました。選手たちはボールを使ったストレッチの後、4対5でボール回しを行いながらウォーミングアップしていきます。その後は、攻撃の形や動き出しの確認を中心とした戦術練習を行いました。神川監督からは「トライ&エラー&トライでいこう」、「クロスが入った時には、もっとアクションを変えていこう!」など、頻繁に指示の声が飛びます。

午後のトレーニングでもっとも時間を割いて行われたのは、セットプレーの確認でした。これまでの試合を振り返り、このチームのセットプレーからの得点が少なさを課題のひとつにあげていた神川監督。「セットプレーからの得点をこのチームの武器にしよう」と選手たちに声をかけ、何度となくセットプレーからの攻撃、そして守備の確認を繰り返しました。

セットプレーの練習の後は15分の紅白戦を行い、最後にはふた手に分かれてPKの練習をし、午後のトレーニングは終了しました。いずれも実戦を意識したトレーニングで、大会に向けての準備は着々と進んでいます。明日の午後には、この合宿の総まとめとなる産業能率大学とのトレーニングマッチが行われる予定です。

選手コメント

新井一耀 選手(順天堂大)
これまで準備してきた中でも、この合宿は特にチームの雰囲気が違うような気がします。緊張感をもって練習をできているので、あとはいいコンディションを維持して、大会で結果を出すだけだと思っています。そのためにも、残りの練習とトレーニングマッチをいいものにできるようにしたいと思っています。(怪我のため出場辞退となった)山越(康平)がいない分、自分が果たさなければならない役割は大きいと思うので、これまで以上に声を出したり体を張ったプレーをしなければならないと感じています。だからこそ、この準備期間で練習からしっかりと声を出していきたいです。

小林成豪 選手(関西学院大)
今は、チームとしても自分個人としても集中力を高めて、ひとつひとつの練習もこなせていると思います。トレーニングの強度はけっこう高いのですが、ひとりひとりが集中しているので、実戦に近い形でいい準備ができています。あとはユニバーシアード優勝という目標を達成できるよう、1日1日、しっかりとやっていくだけです。個人的には、攻撃にからめても得点ができないということが課題だと思っています。関西学生リーグでも、攻撃の形はできているのにシュートの部分で相手にブロックされたり、ミスをしているので、大会に向けて最後の部分の精度を高めていきたいと思います。

八久保颯 選手(阪南大)
大会に向けた合宿期間は短いので、受け身になるのではなく、自分から積極的にみんなとコミュニケーションをとることを意識しています。今はいい緊張感をもってチームメイトと一致団結できているという手応えがあります。一昨日に22歳の誕生日を迎えましたが、今年は自分にとって今後の人生を決める大切な年になると思っています。だからこそ、これまで生きてきた中で、一番がんばれる年にしたいし、ユニバーシアードではしっかりとした結果を残したいと思っています。

スケジュール

第28回ユニバーシアード競技大会(2015/光州)
7月2日(木) 16:30 vs. イラン (Jeongeup Public Stadium)
7月5日(日) 11:00 vs. ブラジル (Yeonggwang Sportium Football Feild)
7月7日(火) 11:00 vs. マレーシア (Jeongeup Public Stadium)
7月9日(木)   準々決勝(グループB・1位or2位)
7月11日(土)   準決勝
7月13日(月)   決勝
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー