JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-17 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、3連勝で決勝進出~JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会

ニュース

U-17日本代表、3連勝で決勝進出~JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会

2018年10月08日

U-17日本代表、3連勝で決勝進出~JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会

JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会 第3戦 vs U-17ベトナム代表
2018年10月7日(日) キックオフ時間 11:00 試合時間 90分(45分ハーフ)
J-Village Field No.1(福島県)

U-17日本代表 4-1(前半3-0、後半1-1)U-17ベトナム代表

得点
17分 西尾隆矢(U-17日本代表)
42分 藤尾翔太(U-17日本代表)
45分 和田彩起(U-17日本代表)
59分 失点(U-17ベトナム代表)
73分 鮎川峻(U-17日本代表)

スターティングメンバー
GK:三井大輝
DF:橋本柊哉、鷲見星河、大森理生、西尾隆矢
MF:合坪柊人、小林夏生、大堀亮之介、松村優太
FW:藤尾翔太、和田彩起

サブメンバー
GK:上田樹
DF:狩野奏人、高橋祐翔
MF:髙田颯也、外薗隆一、鮎川峻、本田風智
FW:若月大和

交代
HT分 若月大和 → 藤尾翔太
HT分 本田風智 → 小林夏生
80分 狩野奏人 → 西尾隆矢
80分 鮎川峻 → 松村優太

マッチレポート

JENESYS日メコン U-17サッカー交流大会、第3戦の相手はU-17ベトナム代表です。ベトナムはここまで2戦1勝1敗で、日本に勝てば決勝戦の可能性があり、ウォーミングアップから気合が入っている様子が伝わってきました。

試合開始から、ベトナムは前から激しくプレッシャーをかけてきます。攻守の切り替えも早く、集中力をもってチーム全体で攻めてきます。対する日本は相手のプレスにボールが落ち着かず、攻め込まれるシーンが続きますが、決定的な場面には至りません。そして徐々に日本のパスが繋がりだし、主導権を握り始めた17分、先制点はコーナーキックから生まれます。MF大堀亮之介選手(サンフレッチェ広島ユース)がファーサイドに上げたボールをDF西尾隆矢選手(セレッソ大阪U-18)がヘディングで叩き込みます。その後も幾度となくチャンスを作りますが、フィニッシュの精度が低く得点できません。そして、前半終了間際の42分、MF小林夏生選手(横浜F・マリノスユース)が中盤でワンツーからバイタルエリアに侵入しミドルシュートを打ちます。一度はGKに弾かれるもFW藤尾翔太選手(セレッソ大阪U-18)が押し込み追加点。続く45分、右サイドの西尾選手のアーリークロスにFW和田彩起選手(四日市中央工業高)が頭で合わせ、3-0で前半を折り返します。

後半、59分に一瞬の隙をつかれ失点し、相手を勢いづかせてしまいます。その後は互いに攻防が続き、拮抗した時間帯が続きますが、73分、ゴール前でこぼれたボールに反応したMF鮎川峻選手(サンフレッチェ広島ユース)が押し込み、4-1と再び突き放します。このまま試合終了のホイッスルとなり、U-17日本代表は3連勝で決勝進出を決めました。

選手コメント 

DF #2 橋本柊哉 選手(船橋市立船橋高校)
初めてキャプテンとして試合に出場しました。個人としては、チームの雰囲気を良くする声かけや、コーチングをもっと増やさなければいけないと感じました。プレー面では、トラップの質やパススピードが自分だけ遅く感じたので、もっとこだわっていけるようにしたいです。そして、自分の強みであるインターセプトや攻撃参加の回数をもっと増やし、チームとして充実した遠征にできるよう最終日も頑張ります。

MF #7 松村優太 選手(静岡学園高校)
勝った方が1位通過の可能性があり、またベトナムも勢いのあるチームだったので、慌てず試合に入ることを意識しました。中央やサイドからのクロスなどで崩し、試合を通して4点取れたことや前からの守備を意識してみんなでボールを奪えたことは明日の決勝につながります。自分が起点となった得点シーンもあったので、悪くなかったと思います。ただ自分たちのミスで押し込まれるシーンがあったので、そこは修正したいです。自分自身でも得点を決めて、離脱したメンバーの分まで頑張って優勝を勝ち取ります。

MF #10 大堀亮之介 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
1位通過がかかった試合で、立ち上がりから硬い雰囲気で入ってしまいましたが、しっかり声を出してみんなでコミュニケーションを取り、少しずつ落ち着いた雰囲気でプレーできました。今日の試合で特に心がけたことは、切り替えのところです。相手ボールになった時間に、守備に切り替えて、何回かボールを奪取できたのは良かったです。ずっと主導権を握りつつも、1点目が入らなくて苦しい時間もありましたが、コーナーキックでアシストができ、先制点を取ることができました。明日も得点に絡んで、優勝できるように頑張ります。

スケジュール

JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会
10月5日(金) 5-0 vs. U-17カンボジア代表
10月6日(土) 3-1 vs. U-17ミャンマー代表
10月7日(日) 4-1 vs. U-17ベトナム代表
10月8日(月・祝) 9:00 決勝 vs. U-17尚志高等学校

※時間はすべて現地時間です。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会
JENESYS2018日メコン U-17サッカー交流大会

大会期間:2018/10/5(金)~2018/10/8(月・祝)
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー