JFA.jp

JFA.jp

EN

U-16日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-16 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-16日本代表、U-16ナイジェリア代表に4-1で勝利! ~U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞~

ニュース

U-16日本代表、U-16ナイジェリア代表に4-1で勝利! ~U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞~

2019年06月15日

U-16日本代表、U-16ナイジェリア代表に4-1で勝利! ~U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞~

U-16 インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞 vs. U-16ナイジェリア代表
2019年6月14日(金) キックオフ時間18:00 試合時間90分(45分×2本)
ユアテックスタジアム仙台(仙台市)

U-16日本代表 4-1(前半1-1、後半3-0)U-16ナイジェリア代表

得点
17分 勝島新之助(U-16日本代表)
27分 ダミロラ・アデイェイェ(U-16ナイジェリア代表)
50分 勝島新之助(U-16日本代表)
53分 諏訪間幸成(U-16日本代表)
85分 勝島新之助(U-16日本代表)

スターティングメンバー
GK:田中春希
DF:波本頼、大迫蒼人、森田翔、工藤孝太
MF:東廉、三木仁太、山崎太新
FW:勝島新之助、千葉寛汰、原直生

サブメンバー
GK:高橋一平
DF:諏訪間幸成、松木玖生
MF:豊田晃大、山根陸、中村仁郎
FW:河野孝汰

交代
42分 波本頼 → 諏訪間幸成
HT 原直生 → 山根陸
67分 東廉 → 中村仁郎
67分 山崎太新 → 豊田晃大
75分 千葉寛汰 → 河野孝汰
86分 三木仁太 → 松木玖生

マッチレポート

U-16日本代表は「U-16 インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」の第2戦、U-16ナイジェリア代表との試合に臨みました。優勝をするためには絶対に負けられない戦いとなります。
試合前、山橋貴史監督は「ナイジェリアは個々の感覚的な察知能力がある。それに対して、我々はチームとして組織的に戦うことを忘れないようにしよう」と選手たちに声を掛けました。
試合は開始早々、ナイジェリアの左サイドからのクロスを中で合わされピンチを迎えますが、相手のヘディングシュートはゴール左に外れます。対する日本は、7分に左サイドを崩し、最後は勝島新之助選手がシュートに持ち込みますが、枠を捉えることができません。
その後も日本がボールを保持し、ゴールに迫ります。すると17分、山崎太新選手が中央にいた勝島新之助選手にパスを送ると、勝島選手がダイレクトで左足を振り抜き、日本が先制に成功します。しかし27分、一瞬の隙を突かれ、相手にシュートを打たれると、GK田中春希選手が一度はセーブするも、こぼれたボールを押し込まれて同点に追いつかれます。
その後は両チーム得点を奪うことができず、1-1のまま前半が終了します。

後半も日本がボールを保持しながらチャンスを伺います。50分、再び勝島新之助選手がアタッキングゾーンでボールを受けると、相手を一人交わし、最後はGKの位置を見て冷静にゴールを決め、再び日本がリードします。直後の53分、日本は諏訪間幸成選手がコーナーキックをヘディングで合わせて3-1とリードを広げます。85分には、勝島新之助選手が相手ペナルティエリア内でボールを受け、相手選手を右に交わしてシュート、ボールは相手GKの手に当たりますが、そのままゴールネットを揺らし、4-1とします。この得点で勝島新之助選手はハットトリックを達成しました。
試合はそのまま4-1で終了し、U-16日本代表が勝利しました。

U-16日本代表は16日(日)に優勝をかけ、U-16メキシコ代表と対戦します。

選手コメント

DF #2 諏訪間幸成 選手(横浜F・マリノスユース)
ルーマニア戦ではなかなかゴールを決めることができなかったのに対して、今日の試合はゴールをたくさん奪えたところは良かったと思います。しかし今回もカウンターから失点をしてしまいました。また、後半の最後の方はピンチをたくさん作られてしまい、チームとして課題の残る内容でしたので、改善しなければなりません。3戦目のメキシコとの試合に勝てば優勝することができるので、結果を求めてやっていきたいと思います。

DF #5 大迫蒼人 選手(FC東京U-18)
自分は左サイドバックでスタメン起用されました。前半から左サイドで何度かオーバーラップしたり、崩したりしてクロスを上げることまではできたものの、最後のクロスの質が悪くて、アシストをすることが出来ませんでした。そこは課題です。一方で左サイドバックでしたが、攻撃に積極的に参加することが出来たのが収穫となりました。ディフェンスの選手として1失点したのはチーム全体の課題となりましたが、攻撃陣がしっかりと点を決めてくれ、勝利できたことは良いことだと思います。また、応援してくださっているサポーターやファンの皆さんにもしっかり感謝し、残りの1試合に臨みたいと思います。

FW #9 勝島新之助 選手(京都サンガF.C.U-18)
1戦目のルーマニア戦では1点ビハインドから追いつき、PK戦で勝利できたのは良かったのですが、勝点3が取れなかったことと個人的には得点できなかったことが悔しかったです。
そんな中で迎えた今日のナイジェリア戦では、試合前の雰囲気も1試合目より良くなり、チームとして一体感がありました。スタメン起用に応えるために必ず得点してチームに貢献しようと思ってピッチに立ち、個人としてはハットトリックを達成できて、結果的に4対1で勝利し、勝点3を取れたことはすごく大きかったと思います。日本人とはまた違った特徴をもつナイジェリアとの対戦は、貴重な経験になったので、成長につなげたいです。
次のメキシコ戦もチーム一丸となって戦い、今までで一番良い試合をして勝利し、タイトルを獲りたいと思います。

スケジュール

U-16 インターナショナルドリームカップ2019JAPAN presented by 朝日新聞
6月12日(水) 1-1
(PK:4-2)
第1戦 vs. U-16ルーマニア代表(ユアテックスタジアム仙台)
6月13日(木) AM トレーニング 
6月14日(金) 4-1 第2戦 vs. U-16ナイジェリア代表(ユアテックスタジアム仙台)
6月15日(土) AM トレーニング
PM 震災遺構見学、和文化交流等
6月16日(日) 14:30 第3戦 vs. U-16メキシコ代表(ユアテックスタジアム仙台)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-16 INTERNATIONAL DREAM CUP 2019 JAPAN presented by 朝日新聞

大会期間:2019/06/12(水)~2019/06/16(日)
会場:宮城/ユアテックスタジアム仙台

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー