JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-16 2018年 > 最新ニュース一覧 > U-17キルギス代表に勝利して2連勝 U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament

ニュース

U-17キルギス代表に勝利して2連勝 U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament

2018年05月19日

U-17キルギス代表に勝利して2連勝 U-16日本代表 CFA Jiangyin International Youth Football Tournament

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
第2戦 vs U-17キルギス代表
2018年5月18日(金) キックオフ時間 19:35 試合時間 90分(45分ハーフ)
Jiangyin Sports Centre Stadium(中国)

U-16日本代表 2-1(前半2-0、後半0-1)U-17キルギス代表

得点
14分 唐山翔自(U-16日本代表)
17分 唐山翔自(U-16日本代表)
82分 失点(U-17キルギス代表)

スターティングメンバー
GK:野澤大志ブランドン
DF:鈴木海音、岩崎真波、長田悠里、中野伸哉
MF:須藤直輝、山根陸、横川旦陽、佐伯清之助
FW:唐山翔自、下川陽輝

サブメンバー
GK:佐々木雅士
DF:角昂志郎、佐古真礼、半田陸、揖斐俊斗
MF:山内翔、三戸舜介、青島健大、成岡輝瑠
FW:西川潤、中野桂太

交代
HT 山根陸 → 成岡輝瑠
HT 唐山翔自 → 揖斐俊斗
65分 中野伸哉 → 角昂志郎
65分 横川旦陽 → 山内翔
70分 鈴木海音 → 青島健大
77分 須藤直輝 → 中野桂太

マッチレポート

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018に出場しているU-16日本代表は18日(金)にU-17キルギス代表との第2戦を迎え、2-1で勝利することが出来ました。

直前のミーテングでは森山監督から遠征メンバー22人全員で戦うこと、機動力やラストプレーの質にこだわることを確認して試合に送り出されました。前半は日本は引き気味の相手に対して押し込む形でゲームをスタートさせました。何度かゴール前までボールを運びチャンスを作っていく日本ですが、最後の1歩が届かず得点に至りません。また、ロングボールのこぼれ球を拾われシュートを打たれてしまうシーンもありました。しかし、14分にFW唐山翔自選手が抜け出した所でファウルをもらいPKのチャンスを得ます。そのPKを自身で決めて日本が先制に成功します。また、17分にはMF山根陸選手のスルーパスにまたもFW唐山翔自選手が抜け出すとキーパーもかわし冷静にゴールに流し込みます。幸先よく2点を先制した日本はその後も立て続けに決定機を作り出しますがシュートがゴールマウスを捉えられません。守備ではDF陣を中心にしっかりとブロックして2-0のまま前半を終了します。

後半に入りフォーメーションを変更した日本は更なる追加点を狙いに行きます。しかし、なかなかボールが落ち着かず決定機を作り出せません。硬直状態になると段々とキルギスにもチャンスを作られてしまい、82分に失点してしまいます。ペナルティーエリア内でファウルを取られた日本は相手にPKを決められて1点差とされます。1点差になり相手の勢いが増す中、日本も途中交代のMF成岡輝瑠選手やMF山内翔選手がシュートまで持っていきますが相手のGKのセーブもあり得点できません。しかし、そのまま逃げ切った日本は2-1で勝利しました。

今大会2連勝を飾った日本ですが内容面では多くの課題が残る試合となりました。今大会は明後日のU-17中国戦が最後になりますが、夏のAFC U-16選手権に向けて更なる向上を目指していくことになります。

選手コメント

DF #2 岩崎真波 選手(横浜F・マリノスユース)
今回の中国遠征では、第2戦のキルギス戦が自分にとって最初の試合でした。第1戦の良い点と反省点をチームメイトと確認して、モチベーションやチームの雰囲気、コンディションも良い状態で試合に臨めました。そのため前半は2点のリードを奪うことが出来ました。しかし、簡単ミスが多く、後半は攻め込まれるシーンが多くなり1失点してしまいました。結果としては勝ったものの、多くの課題があった試合だったので、チームメイトとまたコミュニケーションを取り、修正して相手を圧倒できる試合をしたいです。

DF #13 中野伸哉 選手(サガン鳥栖U-15)
今日のキルギス戦では試合の入りが良く集中できていました。個人では、相手が背後に蹴ってくるボールにしっかりと対応できていたと思います。チームでは試合の序盤に得点を決められていたので良かったです。残り1試合の中国戦をしっかり勝って日本に帰りたいと思います。

MF #6 横川旦陽 選手(湘南ベルマーレU-18)
今日のキルギス戦は勝つことができたので良かったです。しかし内容の面ではまだまだで、決定力不足で決めきれないことや、ビルドアップ時に簡単なミスをしてしまい自分たちでピンチを作ってしまいました。また、コミュニケーション不足で相手に先を取られることが目立ったので、次の中国戦では改善して今日の試合より結果も内容も上回る試合をしたいです。3戦全勝で優勝して日本に帰れるように全員の力を合わせて頑張ります。

スケジュール

CFA International Youth Football Tournament Jiangyin 2018
5月16日(水) 1-0 第1戦 vs.U-17イラン代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月17日(木) PM トレーニング
5月18日(金) 2-1 第2戦 vs.U-17キルギス代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)
5月19日(土) TBC トレーニング
5月20日(日) 19:35 第3戦 vs.U-17中国代表(Jiangyin Sports Centre Stadium)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー