btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > U-15 2015年 > 最新ニュース一覧 > U-15日本代表 00ジャパン AFC U-16選手権インド2016予選  U-15モンゴル代表に17-0で勝利

ニュース

U-15日本代表 00ジャパン AFC U-16選手権インド2016予選  U-15モンゴル代表に17-0で勝利

2015年09月17日

U-15日本代表 00ジャパン AFC U-16選手権インド2016予選  U-15モンゴル代表に17-0で勝利

U-15日本代表 vs U-15モンゴル代表
2015年9月16日(水) キックオフ 17:00 試合時間 90分(45分✕2本)
Football Centre MFF(モンゴル/ウランバートル)

U-15日本代表 17-0(前半10-0、後半7-0) U-15モンゴル代表

得点
6分 瀬古歩夢(U-15日本代表)
8分 久保建英(U-15日本代表)
16分 宮代大聖(U-15日本代表)
24分 久保建英(U-15日本代表)
33分 棚橋尭士(U-15日本代表)
34分 宮代大聖(U-15日本代表)
37分 平川怜(U-15日本代表)
42分 鈴木冬一(U-15日本代表)
44分 久保建英(U-15日本代表)
45+1分 久保建英(U-15日本代表)
49分 中村敬斗(U-15日本代表)
51分 菅原由勢(U-15日本代表)
56分 中村敬斗(U-15日本代表)
60分 久保建英(U-15日本代表)
72分 平川怜(U-15日本代表)
79分 平川怜(U-15日本代表)
82分 宮代大聖(U-15日本代表)

スターティングメンバー
GK:谷晃生
DF:小林友希、岩井龍翔司、瀬古歩夢、菅原由勢
MF:平川怜、福岡慎平、棚橋尭士、久保建英、鈴木冬一
FW:宮代大聖

サブメンバー
GK:青木心、高田侑真
DF:菊地健太、監物拓歩、野末学、作田龍太郎
MF:喜田陽、東俊希、桂陸人
FW:山田寛人、三国ケネディエブス、中村敬斗

交代
HT 棚橋尭士 → 中村敬斗
HT 鈴木冬一 → 桂陸人
61分 久保建英 → 東俊希

マッチレポート

「00JAPAN*」は16日、AFC U-16選手権インド2016予選の初戦となるU-15モンゴル代表との試合を17対0で勝利し、大会初戦を白星でスタートしました。
 
日本は序盤から積極的に仕掛けます。6分にはFW宮代大聖選手がPKを獲得し、これをDF瀬古歩夢選手が冷静に決め、幸先良く先制点を挙げます。さらに8分、MF鈴木冬一選手のクロスをMF久保建英選手が合わせ2点目をマーク。ボールを支配し、全く隙を見せない日本は16分、宮代選手が久保選手のスルーパスを受け3点目。24分には久保選手が直接フリーキックを決めて4-0とします。33分にはDF菅原由勢選手のスルーパスに抜けだしたFW棚橋尭士選手が決めて5点目。さらに攻勢を続ける日本は34分、DF岩井龍翔司選手のクロスを宮代選手が泥臭く押し込んで6点目。37分にはコーナーキックが一度クリアされたボールをMF平川怜選手がモンゴルサポーターも総立ちになる迫力のロングシュートをゴール左上に決め、7点目を挙げます。42分にはMF福岡慎平選手のクロスを鈴木選手が決め8-0とし、さらに点差を広げます。44分、45+1分には久保選手が連続して得点し、10-0で前半を終了します。

森山佳郎監督から「さらに仕掛けて何点でもゴールを奪おう」とハーフタイムの激が入った後半、日本は攻勢を続けます。49分には途中交代のMF中村敬斗選手が宮代選手のシュートのこぼれ球を押し込み11点目。リズムを相手に渡しません。51分には菅原選手がゴールを決め、直後の56分にはクロスを上げて中村選手のゴールをアシストします。60分には久保選手が本日5得点目を挙げ、14-0に。少し攻撃のパワーが落ちかけていた終盤でしたが、72分・79分と平川怜選手が連続してゴール、82分には宮代選手が得点し、17-0とします。その後も最後まで集中力を保ち、攻め続けた日本は大会初戦を勝利で飾りました。

「00JAPAN*」の次戦は9月20日、U-15香港代表戦となります。

*「00JAPAN」:2000年以降に生まれたメンバーで構成されたU-15日本代表チームの呼称

選手コメント

GK #1   谷晃生 選手(ガンバ大阪ジュニアユース)
公式戦でしか味わえない緊張感の中で、攻守ともに圧倒し大量得点で勝てたことは次の試合に繋がるので良かったです。個人としては、リスク管理のコーチングは意識していたのでできましたが、時々ボールを見すぎてしまうので、90分間常に集中して、リスク管理に努めたいと思います。次戦の香港戦は簡単な試合にはならないので、気持ち切り替えて、もう一度チーム一丸となってトレーニングから試合を意識して頑張りたいと思います。

MF #4   平川怜 選手(FC東京U-15むさし)
試合序盤から相手を圧倒し、大量得点で勝てたことは良かったです。引いた相手に対してどのように崩すか、またアジア予選独特の緊張感を肌で感じられたことは非常に良い経験となりました。個人としてもミドルシュートを決めて、引いた相手に対して効果的な攻撃ができました。明日からは皆で気持ちを切り替えて、次戦の香港戦の準備を改めてしたいと思います。

MF #5   瀬古歩夢 選手(セレッソ大阪U-15)
本日の試合では引いた相手に対して、皆が連動してさまざまなアイディアで崩しができたので良かったです。早いパス交換で相手を揺さぶり、空いたスペースにロングフィードを何度も送りチャンスを作ることができました。一方でまだチームも個人もパスの質が雑な時があるので、明日からは緊張感を持った雰囲気で、次戦の香港戦に向けたトレーニングをしていきます。サブメンバーの声や準備のサポートも大変素晴らしく、チーム全員で必ず予選を突破したいと思います。

スケジュール

AFC U-16選手権2016予選(グループK)
9月16日(水) 17-0 vs  モンゴル(Football Centre MFF)
9月17日(木) AM/PM トレーニング
9月18日(金) AM/PM トレーニング
9月19日(土) AM/PM トレーニング
9月20日(日) 17:00 vs  香港(Football Centre MFF)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

Official Partner

Official Supplier

Supporting Companies

JFA.jp SITEMAP