JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-21日本代表、大学選抜を相手に1-1の引き分け~AFC U-23選手権中国2018

ニュース

U-21日本代表、大学選抜を相手に1-1の引き分け~AFC U-23選手権中国2018

2018年01月06日

U-21日本代表、大学選抜を相手に1-1の引き分け~AFC U-23選手権中国2018

練習試合(45分×2本)
U-21日本代表 1-1(1-1) 全日本大学選抜

得点
36分 失点(全日本大学選抜)
42分 神谷優太(U-21日本代表)

1本目
GK:小島亨介
DF:古賀太陽、立田悠悟、板倉滉
MF:藤谷壮、森島司、神谷優太、浦田樹、三好康児、前田大然
FW:田川亨介

2本目
GK:阿部航斗(→波多野豪)
DF:柳貴博、庄司朋乃也、原輝綺
MF:藤谷壮(→立田悠悟)、井上潮音、伊藤洋輝(→板倉滉)、浦田樹(→古賀太陽)、岩崎悠人、髙木彰人
FW:小松蓮

マッチレポート

1月9日(火)に開幕するAFC U-23選手権中国2018を前に、U-21日本代表は5日(金)、全日本大学選抜と練習試合を行いました。この日チームに合流した遠藤渓太選手、コンディションを考慮してベンチ入りを見送られた初瀬亮選手を除く全選手が出場しました。

キックオフは14:00。試合序盤から勢いよく向かってくる大学選抜に対し、U-21日本代表はボールの奪いどころを探します。16分にはMF浦田樹選手からのパスを中央で受けたMF三好康児選手がシュートを放ちますがバーの上。18分にも三好選手が前線のMF前田大然選手へスルーパスを送るも、これは合いません。その後もボールを動かしながらチャンスを伺っていきますが、なかなか決定機に結び付けることはできません。34分には中盤でボールを受けたFW田川亨介選手が前線へロングパス、走りこんだ前田選手がシュートを放ちますがゴールならず。すると36分、U-21日本代表は左サイドから中央にボールを入れられると、大学選抜の小柏剛選手がシュート。GK小島亨介選手が弾いたところを、ゴール前に詰めていた三笘薫選手に冷静に決められ、0-1とします。対するU-21日本代表も42分、ペナルティーエリア外からの神谷優太選手のシュートがゴール右隅に決まり同点に。前半を1-1で折り返します。

後半は両サイドの藤谷壮選手、浦田樹選手をのぞく9選手を入れ替えて臨みました。前線からプレッシャーをかけてボールを奪い、奪ってはパスをつなぎながら前へ。また隙を見て相手DFの背後を狙い、サイドの選手も攻め上がる姿勢を見せます。74分には後半途中から左サイドに入ったMF古賀太陽選手からボールを受けたMF伊藤洋輝選手がスルーパスを送り、FW小松蓮選手が反応するも、これはオフサイド。最後まで得点を狙うU-21でしたが、1-1のまま試合終了。3日間のトレーニングを経て迎えた練習試合に対し、森保監督のもとで取り組んできたことにトライしつつも「合わないところや課題が数多く出た。大会までの短い期間のなかで合わせていきたい」と、GK小島亨介選手をはじめ数多くの選手が口を揃えました。

U-21日本代表は6日(土)にAFC U-23選手権の開催地・中国に向けて出発します。

監督・選手コメント

森保一 監督
まだまだ攻撃も守備もクオリティを上げていかなければいけないですし、お互いに意思疎通を図って連携・連動できなくてはいけません。自分たちはまだまだやらなくてはいけない、と感じさせてくれた試合になりました。この世代の選手たちが上を目指してやる姿勢を見せてくれていることは良かったですが、(オフ明けの選手が多いなか)中国での本戦に向けてまだまだコンディションを上げていかなければいけません。大会では、選手個々としてもチームとしても成長していきたいと思います。

MF #16 井上潮音 選手(東京ヴェルディ)
(後半からの出場でしたが)チームとして、森保監督が求めていることを表現できたとは思いますが、引き分けという結果に終わり残念です。ビルドアップから、ボランチより前にボールが入ることはあっても、そこからのコンビネーションや(攻撃の)アイディアが足りなかったと思います。トレーニングで合わせていくことで他の選手の特徴をさらに理解し、大会初戦までに改善して得点につなげていきたいです。個人的には、ボールを受ける回数は多かったですし、前につなぐことはできましたが、ゴール前に顔を出す回数や運動量は上げていかなければいけないと感じています。技術力やゲームを作るところは他の選手にない部分だと思いますし、その良さを出していきたいです。AFC U-23選手権はチーム一丸となって、一試合一試合に立ち向かっていきたいです。

MF #17 神谷優太 選手(愛媛FC)
シュートが少なかったので、どんどん振っていこうと思っていました。ボランチがもっと前を向ける状況、また前線とのコンビネーションがもっとあればよかったですし、前田選手の足の速さなど前線の選手の特徴をもっともっと引き出せればよかったと思います。一日一日の練習から、もっと活気を持って、球際を意識しコンビネーションを合わせていきたいです。

JFA-TV

  • 森保一 監督 インタビュー

  • 神谷優太 選手 (愛媛FC) インタビュー

  • 小島亨介 選手 (早稲田大) インタビュー

スケジュール

1月2日(火) PM トレーニング
1月3日(水) AM/PM トレーニング
1月4日(木) AM/PM トレーニング
1月5日(金) 1-1 練習試合 vs 全日本大学選抜
1月6日(土) AM トレーニング
1月7日(日) 未定 トレーニング
1月8日(月) 未定 トレーニング
AFC U-23選手権中国2018
1月9日(火) 未定 トレーニング
1月10日(水) 19:30 vs パレスチナ(Jiangyin Sports Center)
1月11日(木) 未定 トレーニング
1月12日(金) 未定 トレーニング
1月13日(土) 19:30 vs タイ(Jiangyin Sports Center)
1月14日(日) 未定 トレーニング
1月15日(月) 未定 トレーニング
1月16日(火) 16:00 vs 朝鮮民主主義人民共和国(Jiangyin Sports Center)
1月17日(水) 未定 トレーニング
1月18日(木) 未定 トレーニング
1月19日(金) 16:00/19:30 準々決勝(Jiangyin/Changzhou)
1月20日(土) 未定 トレーニング
1月21日(日) 未定 トレーニング
1月22日(月) 未定 トレーニング
1月23日(火) 16:00/19:30 準決勝(Changzhou/Kunshan)
1月24日(水) 未定 トレーニング
1月25日(木) 未定 トレーニング
1月26日(金) 16:00 3位決定戦(Kunshan Sports Center)
1月27日(土) 16:00 決勝戦(Changzhou Olympic Sports Center)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

AFC U-23選手権 中国2018

大会期間:2018年1月10日(水)~1月27日(土)

日本代表戦:
第1戦 1月10日(水) vs パレスチナ代表
第2戦 1月13日(土) vs タイ代表
第3戦 1月16日(火) vs 朝鮮民主主義人民共和国代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー