btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2017年 > タイ5ビーチサッカー選手権2017 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表タイ遠征 3戦全勝で決勝に進出

ニュース

ビーチサッカー日本代表タイ遠征 3戦全勝で決勝に進出

2017年02月16日

ビーチサッカー日本代表タイ遠征 3戦全勝で決勝に進出

Thailand 5 Beach Soccer Championship 2017 第3戦 vs ビーチサッカータイ代表
2017年2月15日(水) キックオフ時間16:20(現地時間) 試合時間(12分×3)
Sports authority of Thailand(タイ/バンコク)

ビーチサッカー日本代表 6-5 (第1ピリオド2-2、第2ピリオド1-1、第3ピリオド3-2) ビーチサッカータイ代表

得点
5分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
5分 失点(ビーチサッカータイ代表)
8分 失点(ビーチサッカータイ代表)
8分 赤熊卓弥(ビーチサッカー日本代表)
16分 小牧正幸(ビーチサッカー日本代表)
17分 失点(ビーチサッカータイ代表)
26分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
27分 失点(ビーチサッカータイ代表)
29分 失点(ビーチサッカータイ代表)
31分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
34分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:茂怜羅オズ、飯野智之、大場崇晃、後藤崇介

サブメンバー
GK:河合雄介
FP:磯裕章、原口翔太郎、小牧正幸、中原勇貴、鈴木将人、赤熊卓弥

マッチレポート

タイ5ビーチサッカー選手権2017に参加しているビーチサッカー日本代表は、現地時間の15日(水)15時よりビーチサッカータイ代表と第3戦を戦いました。

開催国タイの応援団が試合会場に駆けつけ、アウェイの雰囲気の中、日本ボールでキックオフ。

試合序盤はお互いにチャンスを作り、拮抗した展開になりますが、5分に茂怜羅オズ選手のミドルシュートが決まり、日本が先制に成功します。しかしその直後、相手のミドルシュートがGK照喜名辰吾選手の手前でバウンドが変わりゴールへ吸い込まれ、同点とされます。その後、赤熊卓弥選手のヘディングシュートがゴールネットを揺らしますが、レフェリーにファールと判定され、得点とならず、逆に8分に相手にオーバーヘッドシュートを決められ1-2と逆転されます。しかしその直後に赤熊選手が獲得したペナルティキックを冷静に決めて同点とし、2-2で第1ピリオドが終了します。

第2ピリオドでは、日本がボールを保持し、多くのチャンスを作り主導権を握ります。そして16分、ゴール前のコンビネーションから、最後は小牧正幸選手がボレーシュートを決め3-2と勝ち越します。日本はその後、相手にペナルティキックを取られてしまいますが、GK照喜名選手がセーブしリードを守ります。しかし17分に相手のロングシュートをゴール前でコースを変えられ3-3の同点とされてしまい、第2ピリオドを終えます。

第3ピリオドも一進一退の展開が続きます。26分に相手ボール奪った茂怜羅オズ選手がそのままドリブルで運び、GKとの1対1を冷静に決めて4-3と勝ち越しに成功。しかし直後の27分に日本のミスから失点してしまい、再び同点とされると、さらに29分にも失点し、4-5と逆転されてしまいます。これで相手のペースになるかと思われた31分に後藤崇介選手がゴール前の混戦から冷静にコースを狙ったシュートでゴールネットを揺らして5-5の同点。さらに試合終了間際の34分に茂怜羅オズ選手がフリーキックを直接決めて6-5と再度勝ち越します。試合終盤は相手の攻撃を耐えて、そのまま試合終了し、日本は3戦全勝で決勝に進みました。

決勝に進出した日本は、現地時間の本日16日(木)16:20よりハンガリーと優勝を争います。

選手コメント

FP 後藤崇介 選手(東京ヴェルディBS)
今日の試合は、一つの収穫だと思いました。今までの日本代表は、流れが悪くなると、焦ったり、いつも通り落ち着いてプレーできなくなることが多いチームでしたが、(今日の試合は)負けている時も最後まで落ち着いて自分達のビーチサッカーができて、それが最終的に逆転勝利に繋がりました。審判だったり、応援だったり、かなりアウェイの洗礼を受けましたが、次のアジア予選(AFC選手権)ではよくあることなので、良いシュミレーションになりました。ただ、今日のタイ代表は本当に素晴らしかったです。明日も必ず勝って、優勝して日本に帰ります。

FP 飯野智之 選手(ドルソーレ北九州)
今日の試合は、難しい試合になりました。自分のパス精度、受けるタイミングなどのミスを無くして、試合の流れをもっと読んで組み立てていかなければいけないと感じました。苦しい展開ながらもチーム全体で声を掛け合い、勝利出来たことは素晴らしいと思います。まずは明日の決勝に向けてしっかりと良い準備をして、チーム全員で優勝して、この遠征をより有意義なものにしたいと思います。

スケジュール

   タイ5ビーチサッカー選手権2017
2月13日(月) 5-3 第1戦 vs ビーチサッカーハンガリー代表
2月14日(火) 15-0 第2戦 vs ビーチサッカーマレーシア代表
2月15日(水) 6-5 第3戦 vs ビーチサッカータイ代表
2月16日(木) 16:20 決勝戦 vs ビーチサッカーハンガリー代表

※タイ5ビーチサッカー選手権2017の参加国は、タイ、マレーシア、ハンガリー、日本です。
※ スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP