btn_page_top sp_btn_page_top
ホーム > 日本代表 > ビーチサッカー 2017年 > 最新ニュース一覧 > ビーチサッカー日本代表タイ遠征 タイ5ビーチサッカー選手権2017に優勝

ニュース

ビーチサッカー日本代表タイ遠征 タイ5ビーチサッカー選手権2017に優勝

2017年02月17日

ビーチサッカー日本代表タイ遠征 タイ5ビーチサッカー選手権2017に優勝

Thailand 5 Beach Soccer Championship 2017 決勝戦 vs ビーチサッカーハンガリー代表
2017年2月16日(木) キックオフ時間16:20(現地時間) 試合時間(12分×3)
Sports authority of Thailand(タイ/バンコク)

ビーチサッカー日本代表 6-3 (第1ピリオド2-0、第2ピリオド0-2、第3ピリオド4-1) ビーチサッカーハンガリー代表

得点
7分 赤熊卓弥(ビーチサッカー日本代表)
10分 後藤崇介(ビーチサッカー日本代表)
13分 失点(ビーチサッカーハンガリー代表)
14分 失点(ビーチサッカーハンガリー代表)
28分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)
29分 小牧正幸(ビーチサッカー日本代表)
34分 原口翔太郎(ビーチサッカー日本代表)
35分 失点(ビーチサッカーハンガリー代表)
35分 茂怜羅オズ(ビーチサッカー日本代表)

スターティングメンバー
GK:照喜名辰吾
FP:茂怜羅オズ、飯野智之、大場崇晃、後藤崇介

サブメンバー
GK:河合雄介
FP:磯裕章、原口翔太郎、小牧正幸、中原勇貴、鈴木将人、赤熊卓弥

マッチレポート

タイ5ビーチサッカー選手権2017に参加しているビーチサッカー日本代表は、現地時間の16日(木)16時20分よりビーチサッカーハンガリー代表と決勝を戦いました。

対戦するハンガリーとは第1戦に5-3で勝利し、今大会を全勝で優勝を狙う日本に対し、一方で敗れたハンガリーにとってはそのリベンジを果たす格好の機会となるという、決勝の顔合わせとなりました。

第1ピリオドの序盤は、日本が落ち着いてボールをまわしてリズムを作り、相手のゴール前までボールを運びますが、なかなか決定的なシュートを打つことが出来ません。しかし7分に茂怜羅オズ選手のシュートをゴール前にいた赤熊卓弥選手がコントロールし、相手GKをかわして冷静にゴールに流し込み日本が先制に成功。そして10分には後藤崇介選手のオーバーヘッドシュートが決まり2-0とリードします。

第2ピリオドに入り14分、一瞬の隙を突かれ失点してしまい、ハンガリーに1点差に詰め寄られると、さらにその直後のコーナーキックから失点し、2-2の同点とされてしまいます。その後は相手のペースになりかけるも、落ち着いて相手の攻撃をしのぎ、徐々に日本のペースに持ち込みます。お互い積極的にシュートを打ち合う展開になりますが、両チームGKの好セーブにより、第2ピリオドは2-2の同点で終了します。

第3ピリオドではスコアが大きく動きます。28分に相手のハンドで得たペナルティキックを茂怜羅オズ選手が決め勝ち越すと、29分には照喜名辰吾選手のスローを受けた小牧正幸選手が相手GKをかわしゴールを決め4-2とします。さらに34分には原口翔太郎選手がペナルティキックを決めて5-2と点差を広げますが、35分に相手にペナルティキックを与えてしまい、5-3とされます。しかしその直後の日本のキックオフから茂怜羅オズ選手の技ありのループシュートが決まり6-3で試合が終了しました。

日本は、グループステージ含め本大会の4試合を全勝で優勝しました。なお、得点王には日本の茂怜羅オズ選手が獲得しました。

選手コメント

FP 茂怜羅オズ 選手(東京ヴェルディBS)
この大会初戦から最後の決勝戦まで良い内容の試合が続き、監督の要求していたこともクリアすることが出来たと思います。試合の流れが悪い時にも、一人一人の選手が慌てることなく落ち着いてプレーしたことでこういった結果に繋がったと思います。これからもこういった難しい試合が続きますが、ワールドカップ予選(AFC選手権)に向けて、このタイでの大会で私たちはとても良い準備が出来たと思います。必ずワールドカップに出場出来るように、チーム一丸となって、この調子で残り少ない時間しっかりと調整して、頑張っていきたいと思います。

GK 照喜名辰吾 選手(琉球エリスリナ)
ワールドカップ予選(AFC選手権)の準備としての今大会で、しっかりと優勝することができました。決勝の相手はハンガリーで、初戦にも戦っていて、こちらのリズムや相手のリズムもわかり、戦いにくくなることもわかっていたので、前日は個人的に映像でシミュレーションしました。その甲斐もあり、第2ピリオドに入って追いつかれても、自分たちのやらないといけないことを意識して焦らずやることができたので、第3ピリオドで突き放すことができました。今大会の最後2試合は、予選でもありそうな難しい試合になりました。それを予選の前に体感できたことはすごく良かったと思います。

スケジュール

   タイ5ビーチサッカー選手権2017
2月13日(月) 5-3 第1戦 vs ビーチサッカーハンガリー代表
2月14日(火) 15-0 第2戦 vs ビーチサッカーマレーシア代表
2月15日(水) 6-5 第3戦 vs ビーチサッカータイ代表
2月16日(木) 6-3 決勝戦 vs ビーチサッカーハンガリー代表

※タイ5ビーチサッカー選手権2017の参加国は、タイ、マレーシア、ハンガリー、日本です。
※ スケジュールは、チームのコンディション等により急きょ変更となる場合があります。

 

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP