JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > なでしこジャパン 2018年 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ニュージーランド戦に向けて紅白戦を実施

ニュース

なでしこジャパン ニュージーランド戦に向けて紅白戦を実施

2018年06月08日

なでしこジャパン ニュージーランド戦に向けて紅白戦を実施

なでしこジャパンは、ニュージーランド遠征3日目を迎えました。

午前中は相変わらず気温が低く、雨が降りしきる中でのトレーニングとなりました。パス&コントロール、5対5、4対4+2サーバーのポゼッションを行なった後にゴール前の攻防を行いました。攻撃は「時間をかけない」、守備は逆に「時間をかけさせる」ことを意識した3対2、また、攻撃は「ボールを失わない」、守備は「奪いどころを逃さない」というポイントを意識した4対3に取り組みました。そして最後は、「ファウルはしない、けれども激しく」という高倉麻子監督の指示の下で15分×2本の紅白戦で締めくくりました。

悪天候のためこの日も午後のトレーニングはキャンセルとなりましたが、選手は高い集中を保ち2時間弱のトレーニングに励むと、高倉麻子監督も「自信を持ってプレーできている選手が多い。よく声も出ていて内容も悪くない。より精度と強度を高めていきたい」とコメントしました。

午後には、ちょうど1年後の今日開幕する女子ワールドカップ2019にむけて、「世界で戦うにあたって具体的に何をレベルアップさせるべきか」というテーマでポジション別にグループディスカッションを行いました。最後にチーム全体で共有し、チームとしての方向性を一致させる貴重な時間となりました。

選手コメント

GK #1 池田咲紀子 選手(浦和レッズレディース)
チームの雰囲気は良く、練習の中でも色々話したり要求し合いながらチームとして日々高め合っていけていると思います。新しい選手もいるのでそれぞれの良いところや特徴を理解してチームにプラスにできたらと思います。チームの中では、自分らしいプレーももちろんですが、落ち着いて安心させられるような立ち居振る舞いがピッチ内外で求められていると思います。GKチーム3人のリーダーとしてまとめることを意識しながらも、気負わずポジティブに捉えてプラスの力にできたらと思います。チームとしては試合に勝つことにこだわり、更に技術や戦術など様々な場面での1プレー1プレーのレベルアップを図り、個人としては試合に出て、チームを勝たせるプレーにこだわり、無失点で勝利したいです。

MF #8 中里優 選手(日テレ・ベレーザ)
チームの雰囲気はとても良く、年齢や経験に関係なくお互いに声をかけ合いながらトレーニングができていると思います。いつどんなポジションでも与えられた状況の中で自分の力を発揮することが求められる役割だと思うので、そのための準備をしていきたいです。チームとしてはこの遠征を通してさらに積み上げをすること、個人としては練習からひとつのプレーも無駄にせずに自分の成長につなげられるように頑張りたいです。

MF #16 隅田凜 選手(日テレ・ベレーザ)
ニュージーランドはあいにくの天気で日本と違いとても寒いです。アジア予選で優勝しましたが、このままではワールドカップで戦えないと強く感じたので、まずは個人としてレベルアップしていきたいです。この遠征では1試合しかありませんが、出場できたら目の前の相手に負けない、積極的なプレーをしたいです。

スケジュール

6月5日(火) PM トレーニング
6月6日(水) AM/PM トレーニング
6月7日(木) AM/PM トレーニング
6月8日(金) AM/PM トレーニング
6月9日(土) 調整中 公式会見
PM 公式練習
6月10日(日) 15:10 国際親善試合 vs ニュージーランド女子代表(Westpack Stadium)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

国際親善試合 vs ニュージーランド女子代表

2018年6月10日(日) 現地時間15:00(日本時間12:00)
ニュージーランド/Westpac Stadium
なでしこジャパン(日本代表) vs ニュージーランド女子代表
大会特設ページはこちら

アーカイブ
なでしこジャパン 2018年
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー