JFA.jp

JFA.jp

EN

NADESHIKO JAPAN

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > イングランド戦前日、全員で同じ方向を向いて戦う ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

ニュース

イングランド戦前日、全員で同じ方向を向いて戦う ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

2019年06月19日

イングランド戦前日、全員で同じ方向を向いて戦う ~FIFA女子ワールドカップフランス2019

FIFA女子ワールドカップフランス2019グループステージ第3戦を翌日に控えた18日(火)、なでしこジャパンは午前中にトレーニングを行い、午後は高倉麻子監督と中島依美選手が公式会見に登壇しました。

会見動画はこちら(FIFATV)

冒頭15分のみ報道陣に公開されたトレーニングでは、イングランド戦に向けた確認に時間を割きました。約1時間強と短い時間でしたが、集中してトレーニングに臨み、グループ内順位が決まる大事なイングランド戦に備えます。

ここまで2試合を終えて1勝1分の勝点4でグループ2位につける日本は、勝点6で1位のイングランドに勝つと勝点を7に伸ばしてグループ首位突破が決まります。その場合、ラウンド16でグループB、E、Fいずれかの3位チームとヴァランシエンヌで23日(日)に戦うこととなります。引き分けた場合は順位は変わらず、2位突破が確定。その場合はレンヌに戻り、グループEの1位を懸けて戦うオランダ対カナダの勝者と25日(火)に試合が行われます。イングランドに敗れた場合は勝点が伸びずに4のまま、最終順位は同時刻キックオフのスコットランド対アルゼンチンの結果を待つことになります。スコットランドが勝つか引き分けで2位が確定、アルゼンチンが勝つと得失点差の勝負となります。アルゼンチンに上回られて3位での突破となった場合は22日(土)にグルノーブルでグループB1位のドイツとの対戦になります。

午後に試合会場のStade Nice(スタッド・ニース)で行われた公式会見には高倉監督と中島選手が登壇しました。高倉監督は「どのポジションにも穴がなく、私達が力を出し切らないと簡単には勝たせてくれない」とイングランドを評すると、中島選手は「3試合目も全員が同じ方向を向いて、勝って終わるという考えで臨むことが大切」と大事な一戦を前にチームがひとつになることの重要性を語りました。

FIFA女子ワールドカップフランス2019グループDの順位を決める大一番のイングランド戦は、19日(木)21:00(日本時間翌20日午前4時)キックオフ予定です。

選手コメント

DF #4  熊谷紗希 選手(オリンピック・リヨン)
ひとつひとつステップをクリアしていくという中で、最初に目標にしていたグループステージ突破が決まり、素直にホッとしています。スコットランド戦に臨むにあたり、選手間でかなり話し合いましたし、アルゼンチン戦のあの結果の後、自分たちで立て直して、スコットランド戦で勝利を収められたことは自分たちの自信にもなりました。チームが試合を重ねるごとにどんどん良くなっていけばいいなと思っています。イングランドはスコットランドに比べてパワー、スピード、テクニックともに少し上のレベルだと思うので、自分たちのサッカーをして、スコットランド戦の立ち上がりのような、前から自信を持っていって、そこで出てきたエラーをピッチの上で修正できるような試合にしたいです。

MF #15  籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ
ノックアウトステージ進出は自分たちの力で決めたわけではなく、他会場の結果だったのであまり実感がなかったのですが、自分たちが目指しているものはもっと先ですし、次のイングランドに勝ってノックアウトステージに進むということはとても重要だと思います。スコットランド戦の2得点は本当に心から喜べましたし、それがこのチームのいいところだと思うので、自分がピッチに立って得点することはもちろんですけど、チームとして優勝することに意味があると思うのでそこは目指していきたいです。いろいろな世代の選手がいる中で、やはり気持ちを一つにするということは簡単ではないんだなと改めて感じましたが、それが一つになった時のパワーというのは今まで以上のものが出るなと感じました。

FW #9  菅澤優衣香 選手(浦和レッズレディース)
まずはノックアウトステージ進出ということですが、グループステージをしっかり1位通過することが今のチームの目標なので、まずは明日のイングランド戦に勝てるように頑張ります。イングランドの守備は高さもある、1対1の強さもあるので、1人ではなく、2人、3人と人数をかけて崩せばゴールに向かうことができると思います。単調にならずに焦れずにじっくりポゼッションできればシュートまで行けると思うのでういったプレーを出していきたいです。苦しい試合展開になると思いますが、我慢するところは我慢して、必ずチャンスは来ると思うので、その少ないチャンスを決めきることができれば勝利は見えてくると思うので、そういったことがチーム全体でできればいいと思います。

スケジュール

なでしこジャパン(日本女子代表)のスケジュールはこちら

FIFA女子ワールドカップフランス 2019

大会期間:2019年6月7日(金)~2019年7月7日(日)

グループステージ:
2019/6/11(火) 01:00キックオフ(日本時間)
vs アルゼンチン代表

2019/6/14(金) 22:00キックオフ(日本時間)
vs スコットランド代表

2019/6/20(木) 04:00キックオフ(日本時間)
vs イングランド代表

TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー