JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > なでしこジャパン > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン(日本女子代表)2-4でアメリカ女子代表に敗れる ~2018 Tournament of Nations~

ニュース

なでしこジャパン(日本女子代表)2-4でアメリカ女子代表に敗れる ~2018 Tournament of Nations~

2018年07月27日

なでしこジャパン(日本女子代表)2-4でアメリカ女子代表に敗れる ~2018 Tournament of Nations~

7月26日(木)からアメリカで開幕したTournament of Nationsにおいて、なでしこジャパン(日本女子代表)は世界ランキング1位のアメリカ女子代表との初戦を迎えました。

会場となったChildren’s Mercy Parkは18467人の観客に埋め尽くされ、大歓声がアメリカ選手たちを後押し、まさにアウェイの洗礼を浴びながらのキックオフとなりました。

高倉麻子監督はこの一戦に驚きの布陣で臨みました。センターバックに、キャプテンマークを巻いた鮫島彩選手、三宅史織選手を、左サイドバックにはボランチが本業の阪口萌乃選手、そしてボランチに有吉佐織選手と三浦成美選手を起用。昨日合わせたばかりの布陣ではありますが、選手たちはアメリカの攻撃に怯むことなくプレッシャーをかけにいきます。

キックオフと同時にアメリカは一斉にスピードを上げ、一気に攻撃に打って出ます。この勢いに押され続けることなく最初の猛攻を防いだ日本でしたが、18分、左サイドからMegan Rapinoe選手がダイレクトで入れたクロスにピタリと合わせたのはAlex Morgan選手。

先制された日本でしたが、2分後田中選手のゴールで瞬時に奪い返します。ボランチでつないだパスを最後は長谷川唯選手が田中選手へ。田中選手が一人交わして左足で放ったシュートは相手のブロックに合いながらもゴールマウスに吸い込まれていきました。

ところが26分に再びMorgan選手に頭で決められ、勝ち越しを許してしまいます。勢いを増すアメリカに対し、なかなか攻撃に転じることができない日本は1-2で前半を折り返します。

なんとか突破口を見出したい日本でしたが、56分、66分とさらなる失点を重ねてしまいます。それでも後半に入って投入された川澄奈穂美選手、横山久美選手、増矢理花選手、菅澤優衣香選手らがコンビネーションプレーやクロス攻撃などでアメリカゴールを攻め立てますがゴールを割ることができません。

攻め続けていた日本にゴールが生まれたのは76分。増矢選手からボールを受けた阪口選手がドリブルから逆サイドの右上隅へ一矢報いるゴールを決めます。その後も日本はチャンスは作りますが、得点につなげることができず2-4で試合は終了。改めて世界女王の力を感じさせられる一戦となりました。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
失点が多いですね。点の取られ方も非常にあっさりしていました。新しく抜擢した選手を含めて何人かはいいパフォーマンスを見せてくれましたし、交代して入った選手たちにボールが収まり、試合を作れたことはいい材料です。アメリカは世界ナンバー1のチームです。こういう環境でゲームができたことをプラスに捉え、また次に向けてしっかり立て直したいと思います。

MF #15 阪口萌乃 選手(アルビレックス新潟レディース)
(アメリカとの対戦は)生まれて初めての体感でした。相手のスピードを今まで以上に実感して、対応するのが難しかったです。何度か中に入って(シュートを)打ってみようかなと思っていて、ゴールシーンはスペースもあって、振り抜いたら入っていました。3失点目は世界の上手さと強さを感じた部分でもあったので、これからもっと積み上げていく必要があると思いました。

MF #24 三浦成美 選手(日テレ・ベレーザ)
(アメリカの)スピード感などは自分が思っていた以上のものがありました。自分たちがボールを持てる時間もありましたが、結果的にまだまだだと感じました。前半はボールを受けたらすぐつなぐなど、自分の良さも出せた部分もありましたが、単純なパスミスもありました。ひとつ奪われたらピンチになる世界なので、そこは課題に感じます。

FW #11 田中美南 選手(日テレ・ベレーザ)
みんなでしっかりと守備から入ろうと言っていましたが、それでも失点してしまいました。前線でもなかなか起点を作ることが出来ず、日本らしいリズムを掴めずに終わってしまった感じです。(得点シーンは)冷静に切り返すことができました。そのあと(相手の)寄せが速かったのですが、相手にあたってのゴールでしたけど、入れることができてよかったと思います。

スケジュール

2018 Tournament of Nations
7月25日(水) PM 公式練習
7月26日(木) 2-4 vs アメリカ女子代表(Children's Mercy Park)
7月28日(土) PM 公式練習
7月29日(日) 16:20
(翌5:20)
vs ブラジル女子代表(Pratt & Whitney Stadium)
7月30日(月) AM トレーニング
7月31日(火) AM トレーニング
8月1日(水) PM 公式練習
8月2日(木) 16:50
(翌6:50)
vs オーストラリア女子代表(Toyota Park)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2018 Tournament of Nations

大会期間:2018年7月26日(木)~2018年8月2日(木)
NHK BS1で日本戦全試合を生中継予定
TV放送情報はこちら
大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー