JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.1 JFAバーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会

ニュース

出場チーム紹介vol.1 JFAバーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会

2018年08月10日

出場チーム紹介vol.1 JFAバーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会

2018年8月17日(金)~19日(日)、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館・屋内球技場にて「JFAバーモントカップ 第28回全日本U-12フットサル選手権大会」を開催します。都道府県予選を勝ち抜いた47チームと前年度の予選参加チーム数が最も多かった北海道から1チームを加えた計48チームが参加。4チームずつ12グループに分かれリーグ戦(1次ラウンド)を行い、各グループ1位のチームと2位のうち成績上位4チームの合計16チームがノックアウト方式の決勝ラウンドに進出し、小学生年代のフットサル日本一の栄冠を目指します。

今回は下記8チームをご紹介します。

釧路コンバット (北海道第1代表)

谷風俊之 監督
共栄光陽サッカー少年団釧路コンバットは昭和57年創部(創設時は釧路共栄コンバット)し、過去に全国大会3回の出場経験があります。北海道の強豪チームを破り26年ぶりに全道優勝し、全国の代表チームと試合ができることを嬉しく思います。道予選ではパスワークや攻守の切り替えが遅く、思わぬ失点をする場面が多かったので、個々のレベルアップやチームワークを高める中で、第2回大会での全国準優勝以上の成績を残せるよう「走れ・燃えろ釧路コンバット」を合言葉に頑張ります。

金田日翔 選手
最高の仲間と最高の結果を出すため、全国大会でも勝てるように一生懸命頑張ります。

エスピーダ旭川 (北海道第2代表)

中川鉄平 監督
選手の「勝ちたい」「負けたくない」という気持ちが全国大会の道へとつながりました。ひとつひとつのプレーを大事にした、悔いの残らない試合にしたい。

菅谷脩人 選手
全国大会では、チームみんなでひとつでも多く勝ち進めるように頑張ります。

青森FC U-12 (青森県代表)

伊藤豪 監督
青森県青森市で活動している、幼児からJrユースまでの一貫指導が特徴のチームです。幼稚園を母体とし、スタッフも幼稚園で働きながらサッカーの指導をしています。チームは全日本少年サッカー大会に5回、バーモントカップ全国大会に今回の出場で7回目の出場となり、どちらも最高成績はベスト16。一昨年チーム初のプロ選手(現レノファ山口・高橋壱晟)も誕生し、第二のプロ選手輩出に向けて日々努力しています。

山崎悠生 選手
4年連続で掴みとった全国大会の切符、その道のりはとても厳しいものでした。練習試合でもチームの状態が上がらない中で、厳しい練習にも声をかけあい、努力してきました。頑張れた原動力は昨年のバーモントカップ全国大会での試合です。チーム初の全国ベスト8が残り時間あと少しまで見えていました。そこから逆転負けで勝利がこぼれ落ち悔しい思いをした人は多いです。悔しさを原動力に頑張ってきました。もう一つ上に進むためにも、みんなで声をかけ合い、泥臭く走り抜きたいです。

レノヴェンスオガサFCジュニア (岩手県代表)

中村司 監督
鹿島アントラーズの小笠原満男選手が総合アドバイザーをつとめる、盛岡で活動するキッズからジュニアユースまでの育成クラブです。『楽しむ』『協力』『感謝』をスローガンに日々活動しています。バーモントカップフットサル選手権大会は初出場となりますが、闘将 小笠原満男選手のように攻守においてアグレッシブなプレーで強豪チームに『挑戦』したいと思います。

舘澤幸希 選手
初出場の大会ですが岩手県の代表として一生懸命頑張りたいと思います。悔いの残らないように戦い優勝を目指したいです。『夢に向かって全力で!』

アバンツァーレ仙台SC (宮城県代表)

中里真志 監督
宮城県仙台市を中心に活動しているチームです。2年ぶり3回目の出場をすることができました。「アバンツァーレ」とは、イタリア語で「前進」という意味です。1戦1戦を大切にし、どんな状況でも前を向いてやり切りたいと思います。

佐々木流空 選手
宮城県代表という気持ちをもってプレーし、応援してくれる方々の気持ちを力に変えて優勝目指します!

FC角館セレジェスタJr. (秋田県代表)

柴田和哉 監督
秋田県仙北市角館を中心に活動しているチームです。チーム創設は1987年、角館サッカースポーツ少年団が母体であり、創設31年目にして初の全国出場となります。セレジェスタは、ポルトガル語でセレジェイラ(桜)とフェスタ(祭)の意で、角館の象徴とも言える二つの観光資源の意を合わせた造語です。サッカーを通じて地域の子供達の、より良い成長と人間形成、サッカーにおけるスキルの向上を目的に日々活動しております。

山形一世 選手
自分達の持っている力を100%出しきり、一つでも多く勝てるよう頑張ります!!

山形FCジュニア (山形県代表)

横山彰 監督
NPO法人のクラブチームです。山形県山形市近郊を中心に活動しています。今回の出場は昨年に引き続き2年連続4回目の出場になります。今回の大会では全国のチームを相手にどれだけやれるのか楽しみにしています。チームでの活動では、良い判断をする為に必要な事やそれを実現する為の技術を身に付け、より楽しいサッカーそしてクリエイティブな選手になる事を目的としトレーニングしています。宜しくお願いします。

今野聡一郎 選手
チーム一丸となって、どんな相手でも全力でぶつかっていき決勝ラウンドまで進みたいです。

三澤幹大 選手
無失点で1次ラウンドを突破して決勝ラウンドに行き優勝したいです。

会津サントスFCジュニア (福島県代表)

須藤裕貴 監督
福島県の会津地区で幼児、ジュニア、ジュニアユースまで活動している会津サントスFCです。2001年12月に創立し、今年で17年目になります。今回のバーモントカップは、チームとして、フットサルでは初めての全国大会への参加となるので、選手、スタッフ一致団結して、日頃トレーニングしてきた事を全国大会の舞台でも、しっかり出し切り、選手達が、沢山成長を実感出来る良い大会にしたいです。

宇南山咲太朗 選手
僕たち会津サントスは、フットサルでは初めての全国大会出場となります。福島県の代表として、フェアプレーで一戦一戦を大切にし勝ち進めるよう、チーム一丸となって頑張りたいと思います。

大会日程:2018年8月17日(金)~2018年8月19日(日)
大会会場:東京/駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館・屋内球技場
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

特別協賛

  • ハウス食品グループ本社株式会社

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー