JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 最新ニュース一覧 > 選手の全力プレーをテーピングで支える ニチバンのメディカルサポート ~JFA Youth & Development Programme(JYD)~
ニチバン
国内競技会開催事業

ニュース

選手の全力プレーをテーピングで支える ニチバンのメディカルサポート ~JFA Youth & Development Programme(JYD)~

ニチバン
国内競技会開催事業

2018年07月11日

選手の全力プレーをテーピングで支える ニチバンのメディカルサポート ~JFA Youth & Development Programme(JYD)~<br>

7月7日(土)から9日(月)にかけてJFA 第17回全日本O-50サッカー大会が静岡県藤枝市で開催され、JFA Youth & Development Programme(JYD)オフィシャルサポーターであるニチバン株式会社がテーピングサポートを実施しました。

ブースでは、国際大会への帯同実績もある経験豊富なトレーナーによるテーピングサポートが行われ、延べ150名を越える選手がブースを訪れました。日々のトレーングで感じる痛みを緩和するための利用だけでなく、日頃のトレーニングで気になる箇所のケガ予防のためにテーピングを希望する選手も多く、少しでも安心して全力でプレーできるようサポートが行われました。

前回大会で受けたメディカルサポートの効果を実感している選手も多く、大会を通じてのパフォーマンス維持のために活用されている様子がうかがえました。

選手コメント

岩瀬忠行 選手(室蘭シニア50サッカークラブ)
試合中は気にせずプレーに集中できました。昨日テーピングを巻いてもらい、午前中の試合は真似して自分で巻いたのですが、巻く強さや角度が違うのか、やはりトレーナーに処置をしてもらうのは非常に良いと思いました。

渡邊詔史 選手(福岡とびうめシニアサッカークラブ)
昨年もテーピングを巻いてもらいました。決勝には出れないと思っていましたが、パフォーマンスを保つことができました(昨年度大会優勝)。テーピングの効果を実感したので、いまは自分でテーピングをして予防しています。今年もテーピングを巻いてもらって頑張ることができました。

パートナー企業コメント

山浦息吹 トレーナー(ニチバン株式会社契約トレーナー)
大会三日間で約150名と多くの方にブースを利用いただき、テーピングの効果を実感していただきました。そうした中で「痛みなくプレーできました。ありがとう」など労いの言葉をいただく機会もあり、大変嬉しく思います。昨今、テーピングは一般的にも広まり、目新しいものではなくなっています。こうした活動を通して多くの方に正しいテーピングの知識を知っていただき、末長くサッカーをしていただくサポートができればと思います。

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー