JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > JFA 第13回全日本ビーチサッカー大会 > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.1 JFA 第13回全日本ビーチサッカー大会
NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

出場チーム紹介vol.1 JFA 第13回全日本ビーチサッカー大会

NIKE
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2018年10月06日

出場チーム紹介vol.1 JFA 第13回全日本ビーチサッカー大会

ビーチサッカー日本一を決する大会「JFA 第13回全日本ビーチサッカー大会」が、沖縄県宜野湾市で10月12日(金)に開幕し、3日間に渡る熱戦が繰り広げられます。
1次ラウンドでは、16チームを4チームずつ4グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ上位2チームの8チームが決勝ラウンドへ進出します。決勝ラウンドはノックアウト方式によりビーチサッカー日本一のチームを決定します。

今回はグループAの4チームを紹介します。

琉球エリスリナ(開催地代表/沖縄県)

當間正人 監督
今年は自然災害も多く、例年よりも多くの台風が日本列島に襲来しているように思います。被害を受けた方々には心よりお見舞い申し上げます。沖縄では昔からデイゴ(エリスリナ)の花が満開の年は台風の当たり年になるといわれております。地元沖縄で開催出来る喜びと、開催地代表としての誇りを胸に、そしてたくさんの方への感謝の想いをプレーで表現して、この大会で琉球エリスリナの花を満開に出来るように頑張ります。

照喜名辰吾 選手
設立2年目で、今年から加入した新人も多くいますが、新人選手とベテラン選手の融合で目の前の1試合1試合をしっかり勝ち抜いて、ビーチサッカー界にエリスリナ旋風を巻き起こしたいと思います。地元沖縄の代表としての自覚と責任、誇りを胸にチーム一丸となり、日本一目指して頑張ります。

ヴィアティン三重BS(東海地域代表/三重県)

田畑輝樹 監督
ヴィアティン三重BSは「子どもたちを笑顔に、地域と共に夢と感動を」をクラブ理念として、活動を続ける総合型スポーツクラブのビーチサッカーチームです。チーム名の由来『ヴィアティン』とはオランダ語で14。クラブ設立前に視察をしたオランダのような三世代が集まるスポーツコミュニティを実現するためにオランダ語で名付けて頂きました。 そのオランダを象徴する世界的なサッカー選手であるヨハン・クライフ氏の背番号14の意味も込められています。そして、今年は結果にこだわったチーム作りをしてきました。去年の悔しさを晴らすため全力でプレーし、観ていてワクワクする、楽しいビーチサッカーを魅せながら勝ちたいと思います。 ヴィアティン三重BSの応援宜しくお願いします。

鈴木将人 選手
今大会、ヴィアティン三重BSは2度目となる全国大会、チームとして2年目となる年です。 前大会の成績は3位、優勝チームとの差を痛感させられた大会でした。この1年、チーム力の向上、個人のスキルアップ、限られた時間の中でトレーニングに励んできました。観ている方々が面白いと感じるビーチサッカー、子供たちがやってみたい!と思わせるプレー、相手が驚くようなコンビネーション、ヴィアティン三重らしさを全面に出し優勝を目指します。そしてこの大会に出場するにあたり、多くの方々のサポートをいただきました。感謝の気持ちを忘れず、責任を持ってプレーします。

ノヴァントゥーノBS(北海道地域代表)

阿部雅 監督
北海道地域代表のノヴァントゥーノBSです。ノヴァントゥーノBSは普段、フットサルの北海道リーグで活躍する選手たちが集まっているチームとなります。まだビーチサッカーの文化が根付いていない北海道ですが、今年度からリーグ戦も開催されることとなりました。それでもまだまだ経験値は全国レベルのチームの足元にも及ばないですが、これからの北海道のビーチサッカーの発展のため、そしてなにより北海道の代表として、まずは1勝を目指して、精一杯戦い抜きたいと思いますのでよろしくお願いします。

横川翔太 選手
個人としてはビーチサッカーの全国大会はこれで3度目の出場となります。得点はあるもののまだ全国大会での勝利がないため、今回の沖縄大会では勝利のために全力で頑張りたいと思います。そして北海道地域は毎年予選で敗退していると思いますが、北海道のチームとして今年こそ台風の目となれるように頑張りたいと思います。

高知大学体育会サッカー部(四国地域第2代表/高知県)

藤原寛仁 監督
チームとしては7度目の全国大会出場になります。普段は高知大学体育会サッカー部の一員として活動しており、毎年夏になると有志を募りサッカーと並行してビーチサッカーに取り組んでいます。昨年は全国大会出場が叶わず、悔しい思いをしました。しかし、今年は運にも味方され全国大会に出場することができたのでこれまでの先輩方の雪辱を果たしたいと思います。全員がビーチサッカーを思い切り楽しみ、応援してくれている方々に感謝しながら全力で戦います。

瀧晃太郎 選手
個人的には、今年でビーチサッカー2年目になりました。サッカーに何か活かせるかもという軽い気持ちで始めましたが、やればやるほどビーチサッカーに魅了されています。前回大会は四国予選で敗退し、1年目の僕に期待して試合に出してくださった前主将を全国の舞台に立たせることができませんでした。その悔しさを胸に挑んだ今大会はなんとか全国大会に出場することが出来ました。全国では勝利には勿論こだわり、大学生らしく楽しくがむしゃらにプレーしていきたいと思います。

グループA 対戦スケジュール

日付時間対戦カード
1 10/12
(金)
9:00 琉球エリスリナ vs 高知大学体育会サッカー部 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチA
9:00 ヴィアティン三重BS vs ノヴァントゥーノBS 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチB
2 10/12
(金)
13:00 高知大学体育会サッカー部 vs ヴィアティン三重BS 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチA
13:00 ノヴァントゥーノBS vs 琉球エリスリナ 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチB
3 10/13
(土)
08:30 琉球エリスリナ vs ヴィアティン三重BS 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチA
08:30 ノヴァントゥーノBS vs 高知大学体育会サッカー部 宜野湾市トロピカルビーチ ピッチB

その他日程・結果はこちら

JFA-TVにてインターネットライブ配信!(予定)
1次ラウンドの全24試合、決勝ラウンドの全7試合のインターネットライブ配信を行います。
※回線の状況や閲覧環境により、一部ご覧いただけない場合がございます。予めご了承ください。

視聴はこちら

大会日程:2018年10月12日(金)~14日(日)
大会会場:沖縄県/宜野湾市トロピカルビーチ
大会情報はこちら

アーカイブ
大会・試合
NEWS メニュー

JFA Youth & Development
Official Partner

  • 株式会社ナイキジャパン

JFA Youth & Development
Official Supporter

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治

JFA Youth & Development
Official Provider

  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
  • 独立行政法人日本スポーツ振興センター

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー