JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > JYDパートナー企業:ニチバン株式会社 > 最新ニュース一覧 > JFAエリートプログラム 女子U-14トレーニングキャンプ 4日間の活動を終える
トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

ニュース

JFAエリートプログラム 女子U-14トレーニングキャンプ 4日間の活動を終える

トヨタ
ニチバン
明治
トレセン関連事業

2019年03月29日

JFAエリートプログラム 女子U-14トレーニングキャンプ 4日間の活動を終える

岡山県美作市で3月25日(月)にスタートしたJFAエリートプログラム女子U-14トレーニングキャンプは28日(木)に最終日を迎えました。活動3日目の27日(水)には山陽高校とトレーニングマッチを行いました。
高校生との試合となりましたが、トレーニングで行った内容を活かし、自分たちのペースで試合を進めることができました。

また、オフザピッチでは、事前に与えられた「岡山県の歴史」「岡山県の食文化」など岡山県に関する課題をグループでまとめ、発表を行いました。

4日間の活動を終え、選手たちは充実した表情で解散しました。

監督・選手コメント

狩野倫久 監督
2年間で6回目、最後となるエリートプログラム女子としての活動は、今まで継続して参加し積み上げてきた選手、初めてエリートプログラムの活動に参加する選手が9名とフレッシュなメンバーが入り23名の活動を岡山県美作市にて行いました。初参加の選手には活動に対し戸惑いや気後れする姿が見られましたが、日を追うごとに共有するものが増えグループとしてのまとまりが出て、最終日の紅白戦においては非常に白熱したものとなりました。
2年間の活動として「自立・自発・自得・創造」と主体的な取り組み、「素早い攻守の切り替え」を大きなテーマとして自分のストロングポイントを最大限に活かし、攻守にアグレッシブに関わりハードワークすることにトライしてきました。お互いを高め合う姿がとても印象的で、積み上げに対し成果が見られました。
今までのエリートプログラムの活動での様々な取り組みや国際試合などで感じた「世界基準」を、日常に持ち帰り、技術・判断の質や精度を高め、攻守における個人戦術のベースを上げ更なるレベルアップに期待しています。
今後も選手たちには個々の特長を発揮し、それをチームで生かし大きく成長して欲しいと願っています。今回のキャンプをサポートいただきました岡山県美作市、ならびに2年間のエリート活動に対し選手を派遣いただきました学校・チーム関係者の方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。

GK 田島伊織 選手(INAC神戸U-15)
この4日間、エリートプログラムに参加して自分で意識したことは、「リスク管理」と「ビルドアップ」です。2つとも日ごろからチームで意識している部分で、「リスク管理」に関しては、相手陣内にボールがあるときにセンターバックとコミュニケーションを取ったり、マークの確認をすることができたので良かったです。「ビルドアップ」の部分では相手と味方の位置を把握して良い準備ができたので、落ち着いてプレーできました。トレーニングマッチでも、意識していたことができたので良かったです。このエリートプログラムで学べたことを生かし、チームの監督、コーチ、家族に感謝してこれからのチームの活動に取り組んでいきたいです。

FP 首藤優里 選手(FC今治ひうちレディース/JFAアカデミー今治)
私は今回初めてエリートプログラムU-14に参加しました。初めはなかなか他のメンバーに声をかけられず、うまくコミュニケーションが取れませんでしたが、たくさんの仲間が話かけてくれ、緊張がほぐれました。初日のフィジカルテストでは、自分の短所を見つけることができ、その大切さを学ぶことができました。2日目のトレーニングは攻撃をテーマに行い、相手の状況をぎりぎりまで見て判断することを意識することができました。午後からの実戦形式のトレーニングではうまくボールがまわせなかったり、球際のアプローチに厳しくいけていない部分があり、課題が見つかりました。3日目に行ったトレーニングマッチでは1日目に学んだことや、2日目に見つけた課題を意識してプレーすることができました。

FP 中村晏実 選手(益城ルネサンス熊本FCフェニックス)
初日に行ったフィジカルトレーニングでは、普段のプレーに必要な動きを正しい姿勢ですることを意識して行いました。フィジカル測定では自分の弱点を知ることができたので、今後の課題として取り組んで行きたいと思います。2日目の実戦形式のトレーニングと3日目のトレーニングマッチでは、チャレンジ&カバーとビルドアップを意識して行いました。チャレンジ&カバーの部分では、マークの受け渡しをはっきりして、相手のトップにしっかりと対応することができました。今後の課題として細かいディフェンスラインの設定、声掛けによって常にディフェンスラインをそろえておくことが課題だと思います。この4日間で経験したことをチームに帰っても継続していきたいと思います。

スケジュール

3月25日(月) PM トレーニング
3月26日(火) AM/PM トレーニング
3月27日(水) AM/PM トレーニング
3月28日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー