JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 出場チーム紹介vol.2 JFA 第7回全日本O-40サッカー大会
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

出場チーム紹介vol.2 JFA 第7回全日本O-40サッカー大会

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技会開催事業

2019年10月09日

出場チーム紹介vol.2 JFA 第7回全日本O-40サッカー大会

10月12日(土) ~ 10月14日(月・祝)、北海道函館市の函館フットボールパークにてJFA 第7回全日本O-40サッカー大会を開催します。

1次ラウンドでは16チームを4チームずつ4グループに分けてリーグ戦を行い、各グループ1位の4チーム(計4チーム)が決勝ラウンドへ進出。決勝ラウンドは4チームによるノックアウト方式で行います。

今回はグループBの4チームをご紹介します。

広島フォーティーズ(中国第1代表/広島県)

広島フォーティーズ

3年連続の出場になります。前回、前々回の大会は1次ラウンド敗退となってしまったため、まずはチーム一丸となって1次ラウンド突破を目指します。そして、その先にある大会制覇に向けて、いろいろな人の協力で参加できていることに感謝し、中国地域代表としてのプライドを持って全国の強豪チームと戦いたいと思います。

注目選手

政信博之 選手
国泰寺高校→福岡大学→広島フジタSC(中国リーグ)でプレー。
ポジションはDF、MF。 状況判断に優れポジショニングと指示でピンチを未然に防ぎ、最終ラインを統率するDFリーダー。
その他DF,MFのポジションは何処でもこなし安定感のあるプレーができるユーティリティープレーヤー。
チームメイトの信頼も厚い。

山口孔三 選手
延岡西高校→ルネス学園大竹→日新製鋼呉(中国リーグ)でプレー。
ポジションはFW。
ポストプレーもドリブル突破もできる万能プレーヤー。
中国予選では直前の怪我で悔しい思いをした選手。
全国大会にかける思いは人一倍強い。
彼のゴールで勝利しエースストライカーとしての期待に応えてほしいプレーヤー。

所賀貴之 選手
静岡東高校→慶應義塾大学→東京海上FCでプレー。
高校時代にはインターハイ優勝している。
ポジションはMF。
常に冷静で安定したプレーはチームに安心をもたらし、汗かき役でピッチを縦横無尽に走るプレーでチームメイトからの信頼も厚い。

藤枝フットボールクラブ(東海第2代表/静岡県)

藤枝フットボールクラブ

藤枝FCは、静岡県中西部を拠点に活動しているチームです。一昨年の準優勝、昨年の予選敗退の悔しさを晴らすべく、東海予選を勝ち抜いてきました。今年は悲願の優勝を目指します。大会では、皆さまとの再会と全国の強豪チームとの真剣勝負を楽しみにしています。

注目選手

蒔田大 選手
グラウンド狭しと多くの局面に顔を出すチームのダイナモ。
最近ではチームが劣勢な場面での得点も増えており、今大会でも期待が大きい

松尾昌則 選手
堅守が自慢のセンターバック。
キャプテンとして、時には熱く、時には冷静に最終ラインからゲームをコントロールします。

飯塚俊晴 選手
代表兼選手として、チームのまとめ役
GK以外のDF・MF・FW・ベンチまで、何でもこなすユーティリティープレーヤー!

KYOTO MAYUMARO FC(関西第2代表/京都府)

KYOTO MAYUMARO FC

サッカーが大好きで、歳を重ねても熱くなれる瞬間が忘れられないメンバーが集まって、時にはシビアに、そして楽しくサッカーを続けています。昨年は念願の日本一になることができました。今年は連覇を目指して頑張ります。

注目選手

舘康太 選手
大阪府立阿武野高校出身で、社会人では三菱自工、紫光クラブ(関西リーグ)で活躍し、国体優勝や関西リーグベストイレブンの経歴あり。センターバックとして、守備における的確なコーチングと打点の高いヘディングが武器。キャプテンとしてチームの精神的支柱。

森田真司 選手
京都府立山城高校(インターハイ、選手権出場)、大阪経済大学出身で、京都伏見蹴友会(京都リーグ1部)の中心選手として活躍。ミッドフィールダーとして正確な技術と広い視野で攻撃の要。得点力も高く、安定したプレーでチームメートからの信頼も厚い。

佐藤幸樹 選手
京都府立城陽高校出身で、社会人では三菱自工、紫光クラブ(関西リーグ)で活躍し、国体の京都代表の経歴あり。ゴールキーパーとして広い視野で守備範囲が広く、安定したプレーで守備の要。後ろから声を出してチームを盛り上げる存在。

図南サッカークラブ グランデ(関東第2代表/群馬県)

図南サッカークラブ グランデ

2年連続で関東予選に挑み、念願の全国大会出場を果たすことができました。堅守強攻を武器に、サッカーが大好きな仲間たちと北海道を満喫したいと思います。関東サッカーリーグで活躍するトップチームに負けないよう、ここらで一花咲かせます。

注目選手

川田正二 選手
チームの代表を務める絶対的ムードメーカー。球際に強く、最終ラインから攻守の基点となる選手。
チーム1の運動量を誇る。

麻生浩志 選手
チームを鼓舞する絶対的エースストライカー。ポストプレーやスペースへの抜け出しに優れた選手。
自らを犠牲にして味方を生かすプレーに重きを置く。男気溢れた点取(らせ)屋。

中村楽 選手
チームの絶対的守護神。関東予選では予選リーグを無失点で抑えた全国大会初出場の立役者。
正確無比なロングフィードを武器に最終ラインから得点機を演出する。
キックは正確だが、性格に難があり、先輩を敬うことを全く知らない強心臓の持ち主。

大会日程:2019年10月12日(土)~10月14日(月・祝)
大会会場:北海道/函館フットボールパーク
大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • アイリスオーヤマ株式会社
  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development
Technical Partner

  • キリンビバレッジ株式会社

JFA Youth & Development
Greenproject Partner

  • 東亜道路工業株式会社
  • 株式会社フジタ

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー