JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > JFA Youth & Development Programme(JYD) > 最新ニュース一覧 > 浦和と尚志による折返しの一戦はドロー ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第9節~
トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

ニュース

浦和と尚志による折返しの一戦はドロー ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第9節~

トヨタ
ニチバン
明治
モルテン
国内競技開催事業

2019年07月08日

浦和と尚志による折返しの一戦はドロー ~高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ第9節~

高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2019 EASTの第9節が7月6日(土)と7日(日)に開催され、各地で熱戦が繰り広げられました。浦和駒場スタジアムでは浦和レッドダイヤモンズユース(埼玉)と尚志高校(福島)の試合が行われ、両者が勝点1を分け合う結果となりました。

ピックアップマッチ

浦和レッドダイヤモンズユース 1-1(前半1-1、後半0-0)尚志高校

全18節の折り返し地点となるこの試合は浦和の先制ゴールを皮切りに熱戦の火蓋が切って落とされます。開始わずか2分、コーナーキックの流れから最後はMF與那覇航和選手(#7)が得点を奪うと、そこから浦和が攻勢を強めていく展開となります。

しかし、尚志・仲村浩二監督が「安定感が増してきた」と語るセンターバックコンビを軸にこの後の時間帯を乗り切ります。

すると36分、「相手のパスを引っ掛けてボールを取ってから攻めたいと思っていた」(仲村監督)という尚志の狙いがはまる形から、裏へ抜け出そうとした尚志FW染野唯月選手(#9)がPKを獲得。これを守るのは先のFIFA U-20ワールドカップポーランド2019の日本代表選手であるGK鈴木彩艶選手(#25)。「絶対に止めてやろうと思っていた」という気合十分の守りだったものの、染野選手のシュートは伸ばした手をかすめてゴールイン。尚志が同点に追い付きます。

同点で迎えた後半は攻める浦和、守る尚志の構図がより鮮明になっていく流れとなりますが、DF瀬齊駿登選手(#18)が「攻められている場面は結構あったけれど、しっかり集中して守れていた」と胸を張ったように、体を張った守りでゴールは許しません。後半は相手のシュートを1本に抑えて攻め立てた浦和ですが、決定機でのシュートがゴールポストをたたく場面があるなど運にも恵まれずに最後までゴールを揺らせず。結局、1-1のまま試合終了となりました。

試合後、浦和の池田伸康監督は「『勝てた試合だった』と言うつもりはなくて、勝点1を取ることのできた試合だと考えている」とした上で、「選手たちのシュートに行く意識が非常に高まってきたということはポジティブに考えている」と総括。対する仲村監督も「浦和さんは本当にうまかった」と相手チームを称えつつ、「うちの選手たちもよく我慢してくれました」とアウェイでの勝点1を前向きに捉えました。

監督・選手コメント

池田伸康 監督(浦和レッドダイヤモンズユース)
シーズン途中からの監督就任なのでもちろん難しい部分もありましたけれど、プロを育てるんだという部分に関してはぶれることがないので問題はありませんでした。まず個人の特長をしっかり把握して、その特長が発揮できるような組み合わせを考えながら起用しています。また、戦う姿勢はレッズの選手として最低限の部分であり、持っていない選手はピッチに立つ資格がないと思って指導しています。

GK #25 鈴木彩艶 選手(浦和レッドダイヤモンズユース)
PKの練習はしていたので、止められなかったのは本当に悔しいです。GKである自分がボールを取ってからのカウンターは意識していて、前半は良い形で出せたのですが、後半はミスが出てしまっていたのが反省点です。後半は向かい風だったので、ロングキックも難しかったです。10月にFIFA U-17ワールドカップブラジル2019があるので、そこに選ばれるだけでなく試合に出られるようにもっと頑張っていきたいと思います。

仲村浩二 監督(尚志高校)
17時キックオフのアウェイゲームというのは経験がなく、前泊せずに福島から当日移動して試合という形になりましたが、肉体的にはしんどかったと思います。その意味では勝点1を取れたのは良かったです。やはり厳しいリーグなので「ワクワク楽しくやろう」と選手たちに言いつつ私が折れそうになりますが、8年前の初参戦時が為す術なしだったことを思うと進歩も感じています。

DF #18 瀬齊駿登 選手(尚志高校)
クロスボールに対してや相手がシュートしてくる最後の場面では絶対に体を張ることを意識していました。浦和は足の速い選手が多かったです。プレミアリーグは年代別日本代表のFWとも試合で対戦できるので、すごく成長するチャンスがあると思います。自分はヘディングが武器なのですが、まだセットプレーから点が取れていないので、リーグの後半戦は絶対に取りたいと思っています。

その他の試合結果

大宮アルディージャU18 0-0(前半0-0、後半0-0)清水エスパルスユース
流通経済大学付属柏高校 2-2(前半0-0、後半2-2)柏レイソルU-18
青森山田高校 3-0(前半2-0、後半1-0)市立船橋高校
鹿島アントラーズユース 1-1(前半0-0、後半1-1)ジュビロ磐田U-18

上位進出を目指して激突した大宮アルディージャU18(埼玉)と清水エスパルスユース(静岡)の一戦は、互いに決定機をものにできず勝点1を分け合う結果となりました。流通経済大学付属柏高校(千葉)と柏レイソルU-18(千葉)の千葉対決は、後半に点の取り合いになりますが、互いに譲らず引き分けに終わりました。EAST首位を走る青森山田高校(青森)は8分にMF金賢祐選手(#14)のゴールで先制すると、MF後藤健太選手(#11)が2点を追加し、市立船橋高校(千葉)を撃破。無敗で前半戦を終えました。鹿島アントラーズユース(茨城)と対戦したジュビロ磐田U-18(静岡)は、後半立ち上がりに先制点を許しましたが、後半アディショナルタイムにMF藤原健介選手(#26)にゴールが生まれ、土壇場でドローに持ち込みました。

EAST 第9節 ダイジェスト

大会期間:2019年4月6日(土)~2019年12月8日(日)

EAST 第10節
2019年7月13日()
13:00 青森山田高校 vs 流通経済大学付属柏高校(青森山田高校グラウンド(人工芝))
16:00 清水エスパルスユース vs 浦和レッドダイヤモンズユース(清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP))
2019年7月14日(日)
11:00 鹿島アントラーズユース vs 大宮アルディージャU18(茨城県立カシマサッカースタジアム)
11:00 尚志高校 vs 柏レイソルU-18(郡山市営西部サッカー場)
16:00 ジュビロ磐田U-18 vs 市立船橋高校(磐田スポーツ交流の里ゆめりあ球技場サッカーグラウンド)

WEST 第10節
2019年7月13日()
11:00 サンフレッチェ広島F.Cユース vs ヴィッセル神戸U-18(吉田サッカー公園 人工芝グラウンド)
17:00 東福岡高校 vs セレッソ大阪U-18(東福岡高校グラウンド)
18:00 アビスパ福岡 U-18 vs 京都サンガF.C. U-18(福岡フットボールセンター 人工芝A)
2019年7月14日(日)
18:00 愛媛FC U-18 vs 名古屋グランパスU-18(愛フィールド梅津寺 人工芝グラウンド)
2019年7月15日(月)
10:00 大津高校 vs ガンバ大阪ユース(大津町運動公園球技場)

大会情報はこちら

アーカイブ

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社 明治
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー