JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > サッカーファミリー > 障がい者サッカー > 最新ニュース一覧 > ろう者サッカーの祭典「第17回USFデフリーグ大会」を開催

ニュース

ろう者サッカーの祭典「第17回USFデフリーグ大会」を開催

2018年04月05日

ろう者サッカーの祭典「第17回USFデフリーグ大会」を開催

4月14日(土)と15日(日)の2日間、日本ろう者サッカー協会主催の「第17回USFデフリーグ大会」が富士通スタジアム川崎(神奈川県・川崎市)で開催されます。

昨年まではEDFA(東日本ろう者サッカー協会)デフリーグ、という大会名称でしたが、今年からは、NPO法人ユニバーサルスポーツ協会(USF)に支援いただき、USFデフサッカーリーグと改称して行われることになりました。17回目を迎える今年も募集開始してすぐにエントリー枠が定数に達しています。

初日14日(土)は参加チームをU-34クラスとO-35クラスに分けて行われ、翌15日(日)は、順位決定戦と例年行っているデフキッズサッカー教室に加え、今年はウォーキングフットボールの体験会も行われます。キッズサッカー教室の小学生の部は、聴こえる聴こえないを問わず一緒に行いますので、小学生であればどなたでも申し込みいただけます。ウォーキングフットボールの体験会は、さらに年齢・性別も問わず行う予定ですので、気軽に参加できます。

参加申し込みの詳細は、東日本ろう者サッカー協会のホームページからご確認ください。

全国から約160名の選手と40名のスタッフ、デフキッズ60名が参加を予定しており、子どもから大人まで男女一緒に聴こえても聴こえにくくても楽しめるイベントになります。

大会概要

日程:
2018年4月14日(土)〜15日(日)

会場:
富士通スタジアム川崎

共催:
川崎市、(一社)日本ろう者サッカー協会

主管:
東日本ろう者サッカー協会、第17回USFデフリーグ実行委員会

後援:
(公財)日本サッカー協会、(一社)日本障がい者サッカー連盟、川崎市障害者スポーツ協会

日時:
4月14日(土)
10時30分~15時00分
35歳以上クラス(5チーム)、34歳以下クラス(6チーム)による8人制サッカー大会

4月15日(日)
10時00分~15時10分 順位決定戦(優勝決定戦は、14時30分から)
12時40分~14時10分 キッズサッカー教室、ウォーキングフットボール体験会
15時25分~16時00分 表彰式・閉会式・全体写真

主催コメント

鈴木猛仁 日本ろう者サッカー協会 会長
第17回USFデフリーグ大会開催にあたって、今年も多くのチームに申し込みいただき、それだけ1年に1回のイベントを楽しみに待っていただけているんだなと感じています。今大会のテーマは「みんなの色でサッカーをカラフルに」です。皆一つ一つの色を持っている。誰もが一番。色とりどりのプレーで新しい色を作ってみようではないか!今年は「川崎」で皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

主管コメント

渡辺一 東日本ろう者サッカー協会 会長
第17回USFデフリーグが川崎市において盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます。皆様をご歓迎申し上げますとともに、運営に尽力いただいているスタッフ、ボランティアの皆さまに深く敬意を表します。このデフリーグはデフサッカーの認知度向上を目的としてここ東日本より始まり、17回を数えるところまできました。まだまだ認知度が高いとは言えない状況ですが、選手の皆様には、自らの技と心を磨き、多くの友情の輪を広げていただくとともに、デフサッカーのさらなる夢と希望を育み、ひいてはデフサッカー、障がい者サッカーのさらなる認知度向上に寄与いただけるものと期待しています。

祝辞コメント

大久保浩明 NPO法人ユニバーサルスポーツ財団 理事長
第17回USFデフリーグ大会の開催を心よりお祝い申し上げます。今回、特別協賛という形で、協力できますことは、大変喜ばしいことです。この大会のテーマである「みんなの色でサッカーをカラフルに」は、ユニバーサルスポーツ財団の理念「すべての人が楽しめる環境をつくる」に通ずるものがあります。すべての人がサッカーを楽しむ、このような素晴らしい大会がさらなる発展、成功を収められますようにお祈りいたします。

アーカイブ
サッカーファミリー
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー