JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 指導者 > 最新ニュース一覧 > 日本で2回目となるAFC Futsal GK Coaching Course Level 1を茨城にて開催

ニュース

日本で2回目となるAFC Futsal GK Coaching Course Level 1を茨城にて開催

2018年04月03日

日本で2回目となるAFC Futsal GK Coaching Course Level 1を茨城にて開催

3月26日(月)から30日(金)の5日間、AFC Futsal GK Coaching Certificate Course Level 1を茨城県日立市の久慈サンピア日立スポーツセンターで開催しました。

本コースはフットサルにおけるGKの基礎的な指導知識・スキルの獲得と、その普及を担う人材養成を目的としています。また、昨年よりAFC大会に出場するチームのGKコーチはこの資格を保持していなければならず、それに対応するため、2017年7月のコースに引き続き国内で2回目の開催となりました。

AFCフットサルGKインストラクターである山田マルコス勇慈氏(府中アスレティックFC)が講師となり、FリーグやJリーグクラブの指導者から4種の指導者まで、普段GKコーチを務めていないフィールドの指導者も含め、全国から13人の受講生が本コースに参加しました。

講義ではGKに関する指導法、フィジカルとメンタル面、プランニング、競技規則などのレクチャーがあり、実技では受講生自らが選手役、指導者役となりながら基礎的な技術トレーニングを行いました。また、ディスカッションの時間も多く取られ、受講生同士が積極的に意見を出し合い、その場にいた全員が学びを得られる時間になりました。

インストラクターコメント

山田マルコス勇慈 インストラクター
日本全国から指導者が集いフットサルのGKへの情熱を共有することができた素晴らしい機会となりました。JFAフットサルテクニカルダイレクターの小西鉄平氏が「日本のフットサルのGKにとってより明るい未来を期待することができる」と語ってくれたように、このコースは日本におけるGKの指導の基礎を拡げ、そして確立するための絶好の機会であり、フットサルGK指導者ライセンスの構築にも大きく寄与しました。参加者の皆さん、そしてコースをサポートしてくれた皆さん、本当にありがとうございました。

受講者コメント

フットサル指導者
あらためてフットサルのGKについて学ぶことができ、フットサルの全体像の中でのGKの役割、GK育成のために必要なことを整理することができました。自分の関わる子供達の中から、日本を背負うGKを育てることを目指して活動していきます。

フットサル指導者
基礎の部分を整理することができ次のステップにつなげられました。マルコスインストラクターからはGKコーチをしっかり育てたいという情熱が伝わってきたし、細部を噛み砕いて伝えてもらえて分かりやすかったです。

関連情報
アーカイブ
指導者
NEWS メニュー

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー