JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、アメリカにドローで勝点1 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

ニュース

U-17日本代表、アメリカにドローで勝点1 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

2019年10月31日

U-17日本代表、アメリカにドローで勝点1 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

U-17日本代表は10月30日(水)、FIFA U-17ワールドカップブラジル2019のグループステージ第2戦でU-17アメリカ代表と対戦しました。序盤から日本をよく研究した粘り強い守りに苦戦を強いられ、結果は0-0のスコアレスドロー。勝点1を積み上げ、ノックアウトステージ進出へ一歩前進となりました。

大勝を収めたオランダとの初戦から、日本は先発2名を入れ替えました。GKに鈴木彩艶選手(浦和レッズユース)、DFが右から畑大雅選手(市立船橋高)、鈴木海音選手(ジュビロ磐田U-18)、半田陸選手(モンテディオ山形ユース)、中野伸哉選手(サガン鳥栖U-18)、中盤の中央に成岡輝瑠選手(清水エスパルスユース)と藤田譲瑠チマ選手(東京ヴェルディユース)、右に田村蒼生選手(柏レイソルU-18)が入り、左に三戸舜介選手(JFAアカデミー福島U18)。前線には唐山翔自選手(ガンバ大阪ユース)と若月大和選手(桐生第一高)が入りました。田村選手と唐山選手が大会初先発となります。

日本は序盤から藤田選手と成岡選手を中心にボールを動かして試合の主導権を握ろうとしますが、なかなか相手の守りを崩せません。森山佳郎監督が「日本をリスペクトし、アメリカはやり方を守備的に変えてきた」と振り返ったように、アメリカは徹底して日本の良さを消しに来ました。特に初戦で活躍を見せた若月選手に対する警戒は厳重で、思うような攻撃ができません。

後半に入った57分、日本はFW西川潤選手(桐光学園高)を投入して攻勢を強め、相手ゴールへ迫るシーンを増やします。しかし73分に畑選手のクロスに若月選手が頭で合わせる「完璧に崩せた」(森山監督)形からのシュートも相手GKの好守に阻まれ、ゴールは奪えません。結局、90分を終えて双方に得点が生まれることなく、0-0で試合終了のホイッスルを迎えることとなりました。

森山監督は「選手たちはガッカリしていたが、ワールドカップの戦いは甘くないということ。2試合で勝点4という結果は決して悪いものではないので、ポジティブに考えたい」と総括しました。「気持ちを引き締め直し、練習から100%を出し切ってセネガルとの第3戦に向かいたい」(若月選手)と、選手たちはあらためてグループステージ突破の懸かる第3戦へと準備を進めていきます。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
選手たちは「うまくいかないな」という感じだったと思いますが、ワールドカップに出ているのですから、そんなことは当たり前です。オランダ戦の後に浮ついた雰囲気もあり、その点は注意しましたが、彼らも学ぶ部分があったのではないかと思います。そのオランダ戦にしても、最初に失点していたらどういう試合になっていたか分かりません。ただ、2試合で勝点4という結果はまったく悪くないので、ポジティブに考えられればと思います。

DF #2 鈴木海音 選手(ジュビロ磐田U-18)
前半は押し込まれる時間もありましたが、(失点を)ゼロで抑えられたのは良かったと思います。ただ、もっと全員が連動してボールを奪いに行く守備をしないといけなかったですし、クロスボールも簡単に上げられ過ぎていたのも問題でした。次の試合に向けて、もっと良くしたいことがたくさん出た試合。相手のサッカーは想定と少し違った部分もありましたが、そういう場面にも対応しないといけなかったと思います。

DF #5 畑大雅 選手(市立船橋高)
勝点3を取りこぼした試合でした。自分たちにもチャンスがあった中で、最後の質や決め切るところが良くなかったです。守備陣も何回も決定機を作られてしまったので、そこをしっかりと守れていれば、もっと攻撃の時間を長くできたと思います。

FW #10 西川潤 選手(桐光学園高)
相手は前半から激しくアグレッシブに来ていて、自分が出場していた時間帯には疲弊していました。それでも点を取れなかった理由は、まずシュートの精度がなかったこと。あとはサイドからの崩し、クロスに対してどう飛び込んでいくかをもっと工夫しないといけませんでした。ただ、最低限の勝点1は取ることができて、それは最悪ではなかったと思います。

スケジュール

FIFA U-17ワールドカップブラジル2019(10/26~11/17)
10月26日(土) AM トレーニング
10月27日(日) 3-0 グループステージ第1戦 vs U-17オランダ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月28日(月) AM トレーニング
10月29日(火) PM トレーニング
10月30日(水) 0-0 グループステージ第2戦 vs U-17アメリカ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月31日(木) AM トレーニング
11月1日(金) PM トレーニング
11月2日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-17セネガル代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
11月3日(日)
~4日(月)
TBC トレーニング
11月5日(火)、
6日(水)
16:30/20:00 ラウンド16(ブラジリア あるいはゴイアニア)
11月10日(日)、
11日(月)
16:30/20:00 準々決勝(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade
あるいはゴイアニア/Estadio Olimpico)
11月14日(木) 16:30/20:00 準決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月17日(日) 15:00
19:00
3位決定戦(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)

※関塚隆技術委員長は10月26日(土)から11月3日(日)までチームに帯同します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

大会期間:2019/10/26(土)~2019/11/17(日)

グループステージ:
2019/10/28(月) 8:00キックオフ(日本時間)
vs オランダ代表

2019/10/31(木) 8:00キックオフ(日本時間)
vs アメリカ代表

2019/11/3(日) 8:00キックオフ(日本時間)
vs セネガル代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー