JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、ラウンド16進出をかけてセネガル戦 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

ニュース

U-17日本代表、ラウンド16進出をかけてセネガル戦 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

2019年11月02日

U-17日本代表、ラウンド16進出をかけてセネガル戦 ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

U-17日本代表は1日(金)、グループステージ第3戦・対U-17セネガル代表戦に向けて午後からトレーニングを行いました。

雨がぱらつくなか、小粥智浩コンディショニングコーチとともにウォーミングアップを開始。その後、パス回し、ボールフィーリングへと進み、コンビネーションからのシュートや11対11、セットプレーの確認を行いました。 

勝点6でグループD首位のセネガルは、アメリカを4-1、続くオランダを3-1と、いずれも逆転で破ってきました。日本とは、昨年のインターナショナルドリームカップで対戦し、こちらも2-0で勝利。「速くて、いつもだったらシュートを打てる場面でも足が伸びてきて、何もさせてもらえなかった」とMF中野桂太選手は振り返ります。DF鈴木海音選手は「ここまで全員が連動して守備ができている。日本らしく組織で戦って守りたい」としたうえで、「チームとしては攻撃のバリエーションを増やしていきたい。後ろからも起点になってもっとチャンスを作りたい」と話していました。

独特のリズム、スピードを持つアフリカ勢に対応するため、チームは直前キャンプでナイジェリアと練習試合を行っています。「やった意義があると言えるような試合にしたい」と森山監督も意気込みます。

試合はKlever Andrade スタジアムで、2日(土)20:00(日本時間3日8:00)キックオフです。中2日でのグループステージ3戦目。ラウンド16進出をかけて、総力戦で挑みます。

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
セネガルは、ちょっとした隙を見せた瞬間に、一瞬の速さでカウンターを仕掛け、あっという間にゴールを取られます。普段味わえないスピードで、びっくりする場面は明日の試合でも10回くらいはあると思います。この、相手が本気になったときのスピードというのは、この場に来てみないと、体感しないとわからないものです。

DF #18 角昂志郎 選手(FC東京U-18)
(第2戦での)ワールドカップ出場は、短い時間でしたが出られたことは大きいと思います。観客の声も独特でしたし、その声で監督の指示が聞こえず、自分たちで考えなければいけない場面がありました。次はもっと長い時間出場して、チャンスを作りたいです。FC東京で久保(建英)選手や平川(怜)選手の姿を見ていて、計り知れない力がワールドカップにあると思ってきました。レギュラー争いをしつつ、チーム一丸となって上に進んでいきたいですし、どんなことがあってもチームをサポートしたいです。

MF #14 中野桂太 選手(京都サンガF.C.U-18)
セネガルとは昨年のインターナショナルドリームカップで対戦していますが、速さがあって、いつもだったらシュートが打てる場面でも相手の足が伸びてきて、個人としては何もさせてもらえませんでした。右のふりをして左、など工夫が必要だと思いますし、次は勝とうという気持ちでいます。ワールドカップのピッチに立った瞬間は、親善試合とは違う雰囲気でわくわくしましたし、自分がなんとかしてやろうと思って入りました。まだ自分の武器は見せられていません。仲間とのコンビネーション、シュートの感覚は良くなっていますので、まずはチームのために走って、戦う。そのうえでゴールを狙いたいです。

MF #16 山内翔 選手(ヴィッセル神戸U-18)
2戦終わって出場はありませんが、早く試合に出たいですし、それに向かっていい準備をするだけです。セネガルはカウンターがとにかく速くて、粘り強い戦い方をしてくる印象があります。相手にボールを持たれても粘り強く守り、守備の安定度を続けたいです。ここまで試合に出ていない選手は、みんないいプレーをして立ち位置を変えようと思っています。出場の機会があれば、まずはチームのためにやるのが一番。日本人のテクニック、緻密さを出して、チームのためにゴールにつながるようなプレーをしたいです。

スケジュール

FIFA U-17ワールドカップブラジル2019(10/26~11/17)
10月26日(土) AM トレーニング
10月27日(日) 3-0 グループステージ第1戦 vs U-17オランダ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月28日(月) AM トレーニング
10月29日(火) PM トレーニング
10月30日(水) 0-0 グループステージ第2戦 vs U-17アメリカ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月31日(木) AM トレーニング
11月1日(金) PM トレーニング
11月2日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-17セネガル代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
11月3日(日)
~4日(月)
TBC トレーニング
11月5日(火)、
6日(水)
16:30/20:00 ラウンド16(ブラジリア あるいはゴイアニア)
11月10日(日)、
11日(月)
16:30/20:00 準々決勝(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade
あるいはゴイアニア/Estadio Olimpico)
11月14日(木) 16:30/20:00 準決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月17日(日) 15:00
19:00
3位決定戦(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)

※関塚隆技術委員長は10月26日(土)から11月3日(日)までチームに帯同します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

大会期間:2019/10/26(土)~2019/11/17(日)

グループステージ:
2019/10/28(月) 8:00キックオフ(日本時間)
vs オランダ代表

2019/10/31(木) 8:00キックオフ(日本時間)
vs アメリカ代表

2019/11/3(日) 8:00キックオフ(日本時間)
vs セネガル代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー