JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ゴールを奪って勝つ、シュートを意識してトレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

なでしこジャパン ゴールを奪って勝つ、シュートを意識してトレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月24日

なでしこジャパン ゴールを奪って勝つ、シュートを意識してトレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

インドネシア・パレンバンでアジア競技大会に出場しているなでしこジャパンは8月23日(木)、前夜に準々決勝の対戦チームも決まり、明確な狙いを持ってトレーニングに臨みました。

対戦チームは今大会グループAで中国に続き2位となった朝鮮民主主義人民共和国。近年常にFIFAランキング上位につけるアジア女子サッカー界のリーダーでもあり、なでしこジャパンも幾度と苦杯をなめさせられてきた相手です。今大会ここまでの2試合とはまったく異なる試合になることは間違いありません。昨年12月に日本で開催されたE-1サッカー選手権2017決勝大会でも0-2で敗れ、優勝を逃した経験をしているチームは雪辱を果たすべく集中力を高めています。

初戦のタイ戦で2ゴール、続くベトナム戦で7ゴールと点が取れているなでしこジャパンですが、「多くのチャンスを作りながらもそれを活かしきれていない。もっと精度を高めたい」という高倉麻子監督の試合後のコメントと同様に、選手も試合内容に対してまだまだ得点が足りないという意識を持っており、この日のトレーニングはシュートを意識したメニューとなりました。

ゴールを4つ置いた7対7+2フリーマン、ゴール前の守備陣の間で受けて2人、3人で崩してシュート、ゴール前でのシンプルな2対1、4対3、クロスからの攻防など、常にゴールを置いたメニューを約90分間に渡って行いました。

「手強い相手」と選手も口を揃える対戦相手ですが、「自分たちのサッカーを実践できれば勝てない相手はいない」という高倉監督の言葉にもある通り、なでしこらしいサッカーに集中して準々決勝に臨みます。

またこの日、鈴木大地スポーツ庁長官、今大会日本選手団の山下泰裕団長がパレンバンのアスリートヴィレッジを訪れ、なでしこジャパンは「今大会の健闘を祈るとともに、2年後の東京五輪に向けて引き続き強化に励んで下さい」との激励の言葉を受け取りました。

アジア競技大会の準々決勝 朝鮮民主主義人民共和国女子代表戦は、25日(土)日本時間18:00キックオフ(予定)です。

選手コメント

DF #5 高木ひかり 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
朝鮮民主主義人民共和国対中国の試合を観ましたが、両チームとも球際に激しく、どちらと対戦することになっても、難しい試合になるなとは思いました。ノックアウトステージに入り、より一層負けられないという状況で、相手はE-1で敗れた朝鮮民主主義人民共和国ですが、今大会で優勝を目標に掲げて挑戦していく上ではどこで当たっても勝たなくてはいけない相手です。手強いチームであることは全員が分かっていますので、一丸となって頑張ります。自身としても、運動量を増やし、守備でも攻撃でも1対1で上回れるように準備します。

FW #8 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
準々決勝の相手が朝鮮民主主義人民共和国に決まりましたが、とてもいいチームなので、準々決勝で当たってしまうのかという感じです。厳しい戦いになることは間違いないですが、優勝するためには倒さなければいけない相手なので、ここでしっかり倒して次に進みたいと思います。次からは負けたら終わりのノックアウトステージなので、失点を少なく、得点を多くできるように、一人一人がチームのためにしっかり戦えればいい結果がついてくると思います。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月16日(木) 2-0 vs.タイ女子代表(BUMI SRIWIJAYA)
8月17日(金) AM/PM トレーニング
8月18日(土) - オフ
8月19日(日) AM トレーニング
8月20日(月) PM トレーニング
8月21日(火) 7-0 vs.ベトナム女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月22日(水) AM/PM トレーニング
8月23日(木) AM/PM トレーニング
8月24日(金) TBC トレーニング
8月25日(土) 16:00
(18:00)
準々決勝 
vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月26日(日) TBC トレーニング
8月27日(月) TBC トレーニング
8月28日(火) 16:00/19:30 準決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月29日(水) TBC トレーニング
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) 16:00/19:30 3位決定戦 / 決勝(GELORA SRIWIJAYA)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【女子】準々決勝
8月25日(土) 18:00 [日本時間] vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表

大会情報はこちら

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー