JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 3日ぶりのチーム全体トレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

なでしこジャパン 3日ぶりのチーム全体トレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月20日

なでしこジャパン 3日ぶりのチーム全体トレーニング ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

 8月19日(日)、なでしこジャパンは16日(木)のタイ戦後3日ぶりに全員が集まってトレーニングを行いました。

ウォーミングアップに続いて2人、3人が関わり合いながら崩す攻撃の連携の確認を行い、フリーマン2人を置いた7対7、ゴール前の3対3の攻防、そして8対8のスモールサイドゲームと段階的に強度を高めていく90分のトレーニングを終えました。

この日特にコーチ陣から言われていたのは、「自分が使われなかったときの判断の切り替えと動き直し」でした。相手に的を絞らせない選択肢を複数持ったなでしこジャパンらしい攻撃のためには、多くの選手がボールに関わり続けることが生命線となります。一度関わろうとした選手が、自分が使われなかった時にそこでプレーを止めるのではなく、すぐに判断を替えて動き直し、さらに次のプレーに関わることで厚みのある攻撃を繰り出すことが可能となります。そのための予測や周囲状況の認知、そしてそれを90分間続けるための集中力や持続力がなでしこらしいサッカーを支える要因です。

アジア競技大会も開幕して各種競技が始まっています。午前中にトレーニングを終えた選手は、午後の空いた時間を活用して女子セパタクローの試合にチームジャパンの一員として応援に行きました。普段見ることのない他競技の盛り上がりや選手の活躍から新たな刺激をもらったことでしょう。

アジア競技大会のなでしこジャパン第2戦ベトナム女子代表戦は、21日(火)日本時間17:00キックオフ(予定)です。

選手コメント

GK #18 山下杏也加 選手(日テレ・ベレーザ)
先日のタイ戦ですが、チームとしてはもっとできると思いました。ピッチの状態が悪いにせよ、もう少しポジショニングを良くすることで、ボールを奪われないようにすることができたと思います。次のベトナム戦に向けては、守備面では高い位置でボールを奪うこと、また速い選手が前に出てくる時のディフェンスの対応に注意して、攻撃面では手数をかけずに狙いを持って戦っていく必要があります。選手村内では他の競技の選手が周りにいて、その体格の良さを見ていると、やはり体作りが大事だなと思いました。今日初めてセパタクローの試合を見る機会がありましたが、女子サッカーは競技人口数や知名度を考えると恵まれているとあらためて思いました。将来の女子サッカー選手がもっといい環境でサッカーができるように、自分たちが結果を残していきたいと思います。

DF #17 國武愛美 選手(ノジマステラ神奈川相模原)
タイ戦では出場機会はありませんでしたが、ベンチから見ていて、自分が出たならどんなプレーをしなければいけないかなど出ている選手を見て考えていました。、アメリカ遠征で戦ったブラジルとはまた違い、最後まで粘り強いところなどまた違ったアジアの国の強さを感じました。次のベトナム戦、出場機会があれば、周りとのコミュニケーションをしっかりとることや、1対1の対応、相手に強く行くこと、当たり負けしない、最後をいかに守るか、そうしたことを徹底したいと思います。その上で、チームとしてしっかり点を取り、無失点で試合を終えられるようにしたいです。私は今回始めてアジア競技大会に参加していますが、色々な国の選手、様々な競技の選手を見て、体格の差を感じました。今日はセパタクローの試合を初めて観戦しましたが、アジア競技大会に参加出来ていなければ見る機会もなかったので、サッカーだけではなく、たくさんの競技を観戦することが出来、すごくいい経験が出来ていると思っています。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月16日(木) 2-0 vs.タイ女子代表(BUMI SRIWIJAYA)
8月17日(金) AM/PM トレーニング
8月18日(土) TBC トレーニング
8月19日(日) TBC トレーニング
8月20日(月) TBC トレーニング
8月21日(火) 15:00
(17:00)
vs.ベトナム女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月22日(水) TBC トレーニング
8月23日(木) TBC トレーニング
8月24日(金) 16:00/19:30 準々決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月25日(土) 16:00/19:30 準々決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月26日(日) TBC トレーニング
8月27日(月) TBC トレーニング
8月28日(火) 16:00/19:30 準決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月29日(水) TBC トレーニング
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) 16:00/19:30 3位決定戦 / 決勝(GELORA SRIWIJAYA)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【女子】グループステージ
第1戦 8月16日(木) 20:30[日本時間] vs タイ女子代表
第2戦 8月21日(火) 17:00[日本時間] vs ベトナム女子代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー