JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン ベトナム戦に向け最終調整 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

なでしこジャパン ベトナム戦に向け最終調整 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月21日

なでしこジャパン ベトナム戦に向け最終調整 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

8月20日(月)、翌日にベトナム女子代表との試合を控えたなでしこジャパンは午後にトレーニングを行いました。

チームはトレーニングに先駆けてまずビデオミーティングを行いました。4月のAFC女子アジアカップのグループステージで対戦した際の映像と、今大会のベトナム対タイの試合映像を用いて、ベトナムの戦術的特徴や、キーとなる選手の分析がフィードバックされ、その対応についてもチームで確認、共有しました。

外に出るとこの日は普段より少し雲が厚く、風もあったことで多少暑さが和らいだ中行われたトレーニングは、冒頭15分のみメディアに公開され、その後約1時間、ベトナム戦に向けて戦術やセットプレーの確認に時間を割きました。

ここパレンバンは各種競技の会場がアスリートヴィレッジに隣接しており、徒歩あるいは敷地内を巡っているシャトルバスを利用して試合を観戦しに行くことができます。選手の中には空いた時間を活用して他競技の会場に足を運ぶ選手もおり、この日は籾木結花選手と長谷川唯選手がテニス競技を観戦、新たな刺激をうけていました。アスリートヴィレッジ内でも毎日歓迎のパフォーマンスが行われ、開会後、日に日に盛り上がりを感じることができます。

アジア競技大会のなでしこジャパン第2戦ベトナム女子代表戦は、21日(火)日本時間17:00キックオフ(予定)です。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
近年力をつけてきているタイに3-2で勝利したベトナムは決して侮ることはできません。前線にはスピードを持った選手もいて、難しい試合になることは間違いありません。しかし、相手がどうということよりは、私達はなでしこジャパンらしく戦うことに集中して試合に臨むだけです。

MF #10 籾木結花 選手(日テレ・ベレーザ)
中4日空いて2戦目のベトナム戦を迎えますが、この4日間、自分の体、体調と向き合い、コンディションを整えることに気を付けました。ベトナム戦、チームとしては、まず勝利すること。そして、前の試合で出た課題を修正すること、より良い判断をして、より良いポジショニングが大事になります。また個人としては、チームの攻撃のリズムの起点となり、ゴールという形でチームに貢献したいです。いよいよアジア大会が開幕して、今日は女子テニスシングルスの穂積絵莉選手、男子テニスダブルスの上杉海斗選手・島袋将選手ペアの試合を観戦しました。どちらも勝利して刺激を受けたのと同時に、私たちも負けていられないなと思いました。今までは女子サッカーのみという環境でしたが、日本全体で戦いに来てるという環境は新しく、毎日が楽しいです。

MF #13 中里優 選手(日テレ・ベレーザ)
タイ戦後のこの4日間は、2戦目となるベトナム戦でチャンスをもらえるように、そしてチャンスが来たときに自分がどんなプレーをすべきかをイメージしながらトレーニングに取り組んできました。チームとしてはすでに決勝トーナメント進出は決まっていますが、結果・内容ともにこだわって次に繋がる試合をすること、個人としては自分の特徴を活かしながらチームの勝利に貢献することを目標に頑張ります。この大会を通して、様々な国の選手たちがそれぞれの競技に向き合う姿を見て、とても良い刺激を受けています。そんな環境にいられることに感謝しつつ、日本選手団の一員として良い結果を残せるように頑張りたいです。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月16日(木) 2-0 vs.タイ女子代表(BUMI SRIWIJAYA)
8月17日(金) AM/PM トレーニング
8月18日(土) - オフ
8月19日(日) AM トレーニング
8月20日(月) PM トレーニング
8月21日(火) 15:00
(17:00)
vs.ベトナム女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月22日(水) TBC トレーニング
8月23日(木) TBC トレーニング
8月24日(金) 16:00/19:30 準々決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月25日(土) 16:00/19:30 準々決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月26日(日) TBC トレーニング
8月27日(月) TBC トレーニング
8月28日(火) 16:00/19:30 準決勝(GELORA SRIWIJAYA)
8月29日(水) TBC トレーニング
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) 16:00/19:30 3位決定戦 / 決勝(GELORA SRIWIJAYA)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【女子】グループステージ
第1戦 8月16日(木) 20:30[日本時間] vs タイ女子代表
第2戦 8月21日(火) 17:00[日本時間] vs ベトナム女子代表

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー