JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、コロンビア戦へ2日連続での非公開練習

ニュース

SAMURAI BLUE、コロンビア戦へ2日連続での非公開練習

2018年06月17日

SAMURAI BLUE、コロンビア戦へ2日連続での非公開練習

2018 FIFAワールドカップロシアに出場しているSAMURAI BLUE(日本代表)は6月16日(土)、グループステージ初戦のコロンビア戦へ向けてベースキャンプ地のカザンで練習。2日続けての非公開での調整で、戦術の確認に取り組みました。

カザンでの練習も3日目を迎えて、ようやく肌寒さを感じさせない暖かな晴天に恵まれました。

初夏の風物詩でもあるポプラの綿毛がフワフワと飛ぶ中、チームは前日に引き続いてコロンビア戦のキックオフ時間に合わせて練習を開始。報道陣に公開した冒頭15分の練習では、ゴムチューブを使った歩行などで筋力強化を図り、さらに2人一組でパス交換を行いました。

その後、非公開とした部分では、セットプレーでの攻撃の確認や紅白戦などに取り組み、練習後にはチームでアイスランド対アルゼンチンの試合中継を見ました。

前日まで腰部の打撲や足の張りで別メニュー練習をしていた大島僚太選手(川崎フロンターレ)と昌子源選手(鹿島アントラーズ)もチームに合流して、チームメイトと一緒に汗を流しましたが、岡崎慎司選手(レスター・シティ)はこの日も別メニューとなり、室内で調整を続けました。

2日続けて、午前のミーティングで対戦相手の映像をチェックして、午後の練習で実際にプレーを確認するという流れで、コロンビア戦への準備を行ってきています。選手たちはプレーのイメージを膨らませているようです。

槙野智章選手(浦和レッズ)はコロンビアのFWファルカオ選手について、「ペナルティボックスの中で仕事ができる選手。どこで止めるか、どこで遅らせるかというプレー判断はしっかりしないといけない」と語り、長友佑都選手(ガラタサライSK)も、「セットプレーでは相手も中が強いので、どういう形で入れていくか。みんなで話し合って、良い形で練習できている」と話しています。

一方で練習場を含めて、試合中継で目にする各競技場の長めの芝生が気になるようで、長友選手は「パスやドリブルが引っかかっているので、気を付けてやらないと」と話し、GK東口順昭選手(ガンバ大阪)も「バックパスもボールがどう変化するのかわからない」として、いつもと勝手が違うボールの変化に注意が必要だとしています。

6大会連続6度目の出場の日本は、今大会グループステージではコロンビア戦の後、セネガル、ポーランドと対戦します。

チームは17日(日)にカザンで練習後、コロンビア戦の試合会場のあるサランスクへ移動。19日(火)の初戦へ備えます。

選手コメント

GK #12 東口順昭 選手(ガンバ大阪)
GKのポジションは1つしかないので、それを奪うためにトレーニングからしっかりやりますが、試合に出られないのであれば出られないで役割はあると思っています。GKとしてもチームとしてもやるべきことをやりたい。ワールドカップで日本代表として戦っているので、試合に出た人をサポートすることは、こういう代表の試合では特に必要かと思っています。

FP #5 長友佑都 選手(ガラタサライSK)
コロンビアは身体能力が高くて身長もあるので、なかなか簡単ではないなという印象です。穴がなくてマークもしっかりついてきますし、攻撃になるとうまくブロックを使いながら入ってきます。そこも受け渡しを含めて、相手も試合の中で変えてくるかもしれないので、そこはみんなで話し合って集中してやりたいです。4年前の大会ではコロンビアに負けて試合後にピッチに座っていたら、コロンビアの選手が来て励ましてくれたんですけど、それも自分のなかでは悔しい思い出です。ああいう場面はもう作りたくないという強い思いがありますし、逆の立場になれるようなプレーと結果を求めていきたいです。

FP #8 原口元気 選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)
チームのために走って、相手のサイドバックに走り勝って、そういうことを何本も何本もやって、それで1本合わせられるか、そういう勝負だと思います。1回もいけないということがないようにしないといけないですし、僕らにはC・ロナウドがいるわけではないので、一人一人の頑張りで相手に優らないと勝てません。芝は、どの試合を見ても選手がやりにくそうにしています。逆に言えば、裏に出たボールは止まるので、そういうのを頭に入れてやっていきたいと思います。でも、裏一辺倒になっても良くないので、バランスよく、メリハリが大事だと思います。

FP #15 大迫勇也 選手(ベルダー・ブレーメン)
ワールドカップは独自の雰囲気があって、改めて大きな大会だと感じます。自分自身は2度目の大会で、雰囲気などは分かるので、少なからずプラスの部分はあると思います。シンプルに試合へ向けていい準備をして、覚悟を持って戦うだけです。

FP #18 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)
怪我は少し良くなってきていて、今日はチームと同じメニューを全部やりました。ここ1週間を休んでしまったので、もったいないという気持ちです。初戦で勝点を獲れればその次へつながってきます。プレーイメージを持って、チームとしてうまくいくように貢献したいです。オリンピックでは両チームの良いプレーに観客が盛り上がる、お祭りのような印象がありました。ワールドカップもそういう感じであるなら、強気でプレーして、スタジアムの雰囲気にも乗れればといいと思います。

FP #20 槙野智章 選手(浦和レッズ)
初戦はより泥臭く、難しい試合になると思いますが、そこでしっかりと勝点を取るゲームをすることが2戦目、3戦目にも影響してくると思います。初戦の重要性はいろいろな試合を見ても分かるので、試合までの時間を有効に使って、自分たちができることを最大限に引き出せればいいと思います。FKやCKでは、自分たちがボールを握ったところでいかに危険な攻撃をしかけられるか、危険なところでファウルをもらえるかが大事になってくると思います。

  • 長友佑都 選手(ガラタサライSK/トルコ)インタビュー

  • 大島僚太 選手(川崎フロンターレ)インタビュー

スケジュール

6月3日(日) PM トレーニング
6月4日(月) PM トレーニング
6月5日(火) PM トレーニング
6月6日(水) PM トレーニング
6月7日(木) PM 公式練習
6月8日(金) 0-2 国際親善試合 vs スイス代表(Stadium Cornaredo)
6月9日(土) PM トレーニング
6月10日(日) PM トレーニング
6月11日(月) PM 公式練習
6月12日(火) 4-2 国際親善試合 vs パラグアイ代表(Tivoli Stadion)
6月13日(水) AM トレーニング
6月14日(木) PM トレーニング
6月15日(金) PM トレーニング
6月16日(土) PM トレーニング
6月17日(日) AM トレーニング
6月18日(月) PM 公式会見・公式練習
2018 FIFA World Cup Russia
6月19日(火) 15:00 第1戦 vs コロンビア代表(Mordovia Arena)
6月20日(水) PM トレーニング
6月21日(木) PM トレーニング
6月22日(金) AM トレーニング
6月23日(土) PM 公式会見・公式練習
6月24日(日) 20:00 第2戦 vs セネガル代表(Ekaterinburg Arena)
6月25日(月) PM トレーニング
6月26日(火) AM トレーニング
6月27日(水) PM 公式会見・公式練習
6月28日(木) 17:00 第3戦 vs ポーランド代表(Volgograd Arena)

※時間はすべて現地時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

2018FIFAワールドカップロシア

大会期間:2018年6月14日(木)~2018年7月15日(日)
グループステージ
第1戦 6月19日(火) 21:00[日本時間] vs コロンビア代表
第2戦 6月25日(月) 0:00[日本時間] vs セネガル代表
第3戦 6月28日(木) 23:00[日本時間] vs ポーランド代表

大会情報はこちら

 

夢を力に2018

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー