JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > 世界的な選手が数多く生まれるFIFA U-20ワールドカップ。今大会もスター選手の誕生に注目!

ニュース

世界的な選手が数多く生まれるFIFA U-20ワールドカップ。今大会もスター選手の誕生に注目!

2017年05月17日

世界的な選手が数多く生まれるFIFA U-20ワールドカップ。今大会もスター選手の誕生に注目!

21回目を数えるFIFA U-20ワールドカップが5月20日(土)に開幕する。各大陸予選を勝ち抜いた23チームに開催国・韓国を加えた24チームが出場する今大会は、4グループに分かれてグループステージを戦い、各グループ上位2チームがノックアウト方式のセカンドステージに進出。6月11日(日)に行われる決勝でU-20年代最強チームが決まる。

FIFAによるU-20年代の世界大会は1977年にスタート。チュニジアで開催された第1回大会は、ソビエト連邦がメキシコとのPK戦を制し、記念すべき初代王者に輝いた。

日本が初出場したのは、自国開催となった1979年の第2回大会。松本育夫監督の下、尾崎加寿夫、水沼貴史、柱谷幸一、風間八宏、柳下正明、鈴木淳らが出場するも2分1敗でグループステージ敗退。世界の壁の高さを痛感させられる結果となった。この大会で頂点に立ったのは、若き日のディエゴ・マラドーナ、ラモン・ディアスを擁したアルゼンチン。試合会場は連日大入り状態で、多くのサッカーファンがワールドクラスのプレーに酔いしれた。

世界との差を痛感した日本は、以後、アジア予選を勝ち上がれず、2度目の出場は1995年カタール大会となった。16年ぶりの大舞台ながら、中田英寿や松田直樹ら10代からJリーグで試合経験を積んだ選手が原動力となり、1勝1分1敗でグループステージを突破。準々決勝ではブラジルに1-2で敗れるもベスト8に進出した。

出場枠が24に拡大された1997年マレーシア大会も中村俊輔、柳沢敦を中心に2大会連続で8強。日本は世界大会の常連となり、FIFAワールドユースからFIFA U-20ワールドカップに大会名が改称された2007年カナダ大会まで7大会連続出場を果たした。

日本の最高成績は、1999年ナイジェリア大会での準優勝。前年のFIFAワールドカップに出場した小野伸二をはじめ、稲本潤一、小笠原満男、高原直泰、本山雅志、遠藤保仁、中田浩二、加地亮ら後の日本代表を支える“ゴールデンエイジ”が躍動した。

初戦でカメルーンに1-2で敗れたが、アメリカとイングランドに連勝してグループステージを突破すると、ラウンド16でポルトガルとのPK戦までもつれる激戦を制し、3大会連続のベスト8に進出する。メキシコとの準々決勝では、本山と小野がゴールを挙げ、ついに8強の壁を破る。準決勝では、前回大会準優勝のウルグアイを2-1で撃破。決勝ではシャビ擁するスペインに0-4で敗れるも、世界2位の座を手にした。

最多優勝はアルゼンチンの6回。FIFAワールドカップと同様にヨーロッパ勢と南米勢が上位を占めることが多かったが、近年ではガーナ(2009年大会)が優勝を果たすなど、世界の勢力図の変化を表している。

過去20回の大会MVPにはマラドーナ、リオネル・メッシ、ポール・ポグバらが名を連ね、数多の若き才能がピッチ上でまばゆい光を放ってきた。この大会をきっかけに、ビッグクラブへ移籍する選手や、後のオリンピックやFIFAワールドカップでの活躍に結びつけた選手も少なくなく、いわばスター選手への登竜門だと言える。

日本は厳しいアジア予選を勝ち抜き、5大会ぶりに世界の舞台に立つ。世界中から熱視線が注がれる大会で選手たちはどのようなプレーを見せるのか――。5月21日(日)、南アフリカ戦から始まるU-20日本代表の戦いを見逃すな。

U-20ワールドカップ 過去大会の主な出場選手はこちら
U-20ワールドカップ 過去大会のU-20日本代表選手はこちら

スケジュール

FIFA U-20ワールドカップ韓国2017
5月20日(土) PM トレーニング
5月21日(日) 17:00 グループステージ第1戦 vs U-20南アフリカ代表
(Suwon World Cup Stadium/Suwon)
5月22日(月) AM トレーニング
5月23日(火) PM トレーニング
5月24日(水) 20:00  グループステージ第2戦 vs U-20ウルグアイ代表
(Suwon World Cup Stadium/Suwon)
5月25日(木) TBC トレーニング
5月26日(金) PM トレーニング
5月27日(土) 20:00 グループステージ第3戦 vs U-20イタリア代表
(Cheonan Sports Complex/Cheonan)
5/30(火),31(水) or 6/1(木)   Round of 16
6/4(日) or 6/5(月) 15:00/18:00
17:00/20:00
準々決勝(Jeonju/Daejeon/Suwon/Cheonan)
6月8日(木) 17:00/20:00 準決勝(Daejeon/Jeonju)
6月11日(日) 15:30/19:00 3位決定戦/決勝(Suwon World Cup Stadium)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※時間は全て現地時間です。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー