JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-20フットサル日本代表 大阪成蹊大学フットサル部に快勝 AFCU-20フットサル選手権に向けて最終調整を終える

ニュース

U-20フットサル日本代表 大阪成蹊大学フットサル部に快勝 AFCU-20フットサル選手権に向けて最終調整を終える

2017年05月12日

U-20フットサル日本代表 大阪成蹊大学フットサル部に快勝 AFCU-20フットサル選手権に向けて最終調整を終える

トレーニングマッチ vs 大阪成蹊大学フットサル部
2017年5月11日(木) 15:15キックオフ 試合時間40分(前後半各20分)
テバオーシャンアリーナ

U-20フットサル日本代表  4-1(前半2-0、後半2-1)大阪成蹊大学フットサル部

得点
2分 オウンゴール(U-20フットサル日本代表)
5分 #10 植松晃都(U-20フットサル日本代表)
27分 失点(大阪成蹊大学フットサル部)
33分 #5 石田健太郎(U-20フットサル日本代表)
35分 #14 仁井貴仁(U-20フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:岩永汰紀
FP:伊藤圭汰、内田隼太、樋口岳志、植松晃都

サブメンバー
GK:山田正剛、坂桂輔
FP:中村充、石田健太郎、清水和也、松原友博、岡部直樹、山田慈英、岡田祥慶、新田駿、仁井貴仁

マッチレポート

AFC U-20フットサル選手権に向けて、名古屋で合宿を実施しているU-20フットサル日本代表は5月11日(木)、大阪成蹊大学フットサル部とトレーニングマッチを行いました。

チームは昨日の名古屋オーシャンズとの試合で出た課題を修正し、チーム一丸となって勝利を目指します。

試合は前半早々から動きます。日本は2分に相手オウンゴールで先制すると、その勢いのまま、今度は植松晃都選手(PSTCロンドリーナ)が左サイドから相手守備を崩し、追加点を奪います。

これでリズムを掴み、このまま日本ペースが試合が進むと思われましたが、大阪成蹊大学も徐々に連携を取れ始め、日本ゴールに迫り、27分には相手の勢いに押されて失点を許し、1点差に迫られます。

しかし、日本は33分に石田健太郎選手(多摩大体育会フットサル部)、35分には仁井貴仁選手(シュライカー大阪サテライト)が立て続けに得点を奪い、試合を決定づけます。その後幾度となく迎えたピンチは相手のミスにも助けられ、失点を許さず4-1で日本が勝利しました。

これで国内での調整を終えたU-20フットサル日本代表は、この後いよいよ本大会が行われるタイに移動。この日の試合で出た課題は本大会までに修正し、チームワークを上げて、16日(火)のチャイニーズ・タイペイとの初戦に臨みます。

選手コメント

FP #5 石田健太郎 選手(多摩大/体育会フットサル部)
今日は国内最後の練習試合でした。また相手が大学のチームということで自分は絶対に負けられないという気持ちで挑みました。トレーニングで積み上げてきたものが出せてきていますが、もっと個性を大事にしていけたらなと思いました。本大会では必ず優勝したいと思います。

FP #9 岡田祥慶 選手(名古屋オーシャンズサテライト)
今日は国内最後のトレーニングマッチでした。4-1で勝ちましたが、決して簡単な試合ではありませんでした。苦しい時間帯の中でも我慢して、追加点を挙げることができたので、この勝利に繋がったと思います。トレーニングマッチでなかなか勝てない中、国内最後のトレーニングマッチを勝利で飾れて、良いイメージを持ってタイでの大会に挑めると思います。これからが本番なので、しっかり初戦勝てるように皆んなで準備をして勝ちにいきます。

GK #12 岩永汰紀 選手(シュライカー大阪)
国内最後の調整は大阪成蹊大学とのトレーニングマッチでした。結果は4-1で勝ちましたが、まだまだ満足できる内容ではなかったと思います。相手がどこでも自分たちの力を落とさずに戦わなければいけないと思います。これからはミスが許されない試合になるので、これまでトレーニングマッチでできたことは継続しつつ、残り少ないトレーニングで課題に取り組んでいきたいです。

スケジュール

5月1日(月) AM/PM トレーニング 
5月2日(火) AM/PM トレーニング
5月3日(水) AM
9-2
トレーニング
トレーニングマッチ vs U-23静岡県選抜 ※注
5月4日(木) AM トレーニング
5月5日(金) 3-7 トレーニングマッチ vs 名古屋オーシャンズサテライト ※注
※キックオフ予定時間が14:00→13:30に変更になりました。
5月8日(月) AM/PM トレーニング
5月9日(火) AM トレーニング
5月10日(水) AM
0-2
トレーニング
トレーニングマッチ vs 名古屋オーシャンズ ※注
5月11日(木) AM
4-1
トレーニング
トレーニングマッチ vs 大阪成蹊大学フットサル部 ※注
5月13日(土) TBC トレーニング
5月14日(日) TBC トレーニング
5月15日(月) TBC トレーニング
AFC U-20フットサル選手権タイ2017
5月16日(火) 15:00 グループステージ第1戦 vs チャイニーズ・タイペイ
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月17日(水) TBC トレーニング
5月18日(木) 17:00  グループステージ第2戦 vs タジキスタン
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月19日(金) 15:00 グループステージ第3戦 vs インドネシア
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月20日(土) 17:00  グループステージ第4戦 vs ベトナム
(Hua Mark Indoor Stadium)
5月21日(日) TBC トレーニング
5月22日(月) 16:00/19:00 準々決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月23日(火) TBC トレーニング
5月24日(水) 16:00/19:00 準決勝(Bangkok Futsal Arena)
5月25日(木) 19:30 3/4位決定戦(Bangkok Futsal Arena)
5月26日(金) 19:30 決勝(Bangkok Futsal Arena)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。
※注 試合会場には、一般の方の駐車場はありません。
※注 試合の動画撮影はできません。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー