JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 日本代表 > U-19女子 2017年 > 最新ニュース一覧 > U-19日本女子代表 U-19オーストラリア女子代表に5-1で勝利 ~AFC U-19女子選手権~

ニュース

U-19日本女子代表 U-19オーストラリア女子代表に5-1で勝利 ~AFC U-19女子選手権~

2017年10月20日

U-19日本女子代表 U-19オーストラリア女子代表に5-1で勝利 ~AFC U-19女子選手権~

AFC U-19女子選手権中国2017 第2戦 vs U-19オーストラリア女子代表
2017年10月19日(木) キックオフ時間19:00(現地時間) 試合時間90分(45分×2)
Jiangning Sports Centre Stadium(中国/南京)

U-19日本女子代表 5-1(前半0-1、後半5-0)U-19オーストラリア女子代表

得点
13分 失点(U-19オーストラリア女子代表)
51分 宮川麻都(U-19日本女子代表)
58分 林穂之香(U-19日本女子代表)
66分 宮澤ひなた(U-19日本女子代表)
72分 宝田沙織(U-19日本女子代表)
90+3分 宝田沙織(U-19日本女子代表)

スターティングメンバー
GK:鈴木あぐり
DF:小野奈菜、牛島理子、長嶋玲奈、宮川麻都、北村菜々美
MF:林穂之香、宮澤ひなた、長野風花
FW:児野楓香、植木理子

サブメンバー
GK:スタンボー華、福田まい
DF:高平美憂、南萌華、高橋はな、宝田沙織
MF:福田ゆい、佐藤瑞夏
FW:村岡真実、目原莉奈、遠藤純

交代
54分 児野楓香 → 宝田沙織
74分 長野風花 → 福田ゆい
79分 植木理子 → 村岡真実

マッチレポート

U-19日本女子代表は19日(木)、Jiangning Sports Centre Stadiumでオーストラリア女子代表とのグループステージ第2戦に臨みました。

前節、韓国との試合に2-0で勝利し勢いに乗るオーストラリアは、立ち上がりからスピードを活かした攻撃を展開し、日本ゴールを攻め立てます。「相手のスピードに慣れるまで苦戦した」と選手が口々にするように、日本は13分に、自陣でボールを失うとそのままドリブルで持ち込まれ、先制点を許します。30分が経過する頃から、ようやく相手のスピードにも慣れた日本のペースで試合が進み、36分、右サイドのDF牛島理子選手からFW植木理子選手に大きく展開すると、植木選手がゴール前までドリブルで運び、MF宮澤ひなた選手がシュート。これは惜しくも相手GKに阻まれ、結局前半は0-1のビハインドで試合を折り返します。

同点に追いつきたい日本は51分、右で得たスローインから植木選手がドリブルで持ち込みシュート、こぼれ球を拾ったMF宮川麻都選手のシュートが決まり、1-1の同点に追いつきます。攻撃の手を緩めない日本は58分、宮川選手からパスを受けた植木選手がゴール前で溜めると、MF林穂之香選手のミドルシュートがゴールに突き刺さり、2-1と逆転します。その後日本は66分に宮澤選手が、72分と90+3分に途中交代で入ったFW宝田沙織選手が追加点を決め、5-1で試合は終了。日本は2連勝を飾りました。

次節は、グループステージ突破をかけ、10月22日(日)15:00(現地時間)より、U-19韓国女子代表と対戦します。

監督・選手コメント

池田太 監督
相手のプレスに慣れる時間がかかり、前半に自分たちのミスから先制点を奪われましたが、慌てずに後半プレーし逆転できました。交代して入った選手を含め、責任を持って自分の役割を責任持ってプレーしたところは成長が見られました。次の韓国戦に向けて準備をしていきます。

MF #7 林穂之香 選手(セレッソ大阪堺レディース)
オーストラリアは、前線から積極的にプレッシャーをかけてくるイメージでした。試合の入りでは、イメージ通りでしたが、そのプレッシャーに押され、相手の流れになってしまった中で、先制を許してしまいました。しかし、徐々にスピードにも慣れてチャンスを多く作れていたので、前半のうちにしっかりと決めて、同点にもっていきたかったです。(ゴールは)植木選手が落としてくれた時に、シュートコースが見えたので、思いっきり足を振りました。イメージ通りのゴールとなったので良かったです。次の韓国戦でも、みんなでしっかりと戦い、ノックアウトステージ進出を決めたいです。

FW #19 植木理子 選手(日テレ・メニーナ)
前半は、自分たちのリズムがうまく作れず、苦しい展開が続きました。後半に入ると、だんだんと自分たちで攻撃のリズムを作り、たくさん点を取れたことは、チームの成長に繋がる試合だったと思います。私は、チームで一番前線にいて、点を取ることが自分の役割です。この試合で自分自身が得点することは出来ませんでしたが、多くの得点に絡むことが出来たのは、成果だと思います。グループステージで2勝しましたが、まだ何も得ていないので、グループステージを全勝してノックアウトステージに進み、ワールドカップの出場権を獲得したいです。

スケジュール

AFC U-19女子選手権中国2017
10月15日(日) AM/PM トレーニング
10月16日(月) 8-0 vs ベトナム(Jiangning Sports Centre)
10月17日(火) AM/PM トレーニング
10月18日(水) AM/PM トレーニング
10月19日(木) 5-1 vs オーストラリア(Jiangning Sports Centre)
10月20日(金) AM/PM トレーニング
10月21日(土) AM/PM トレーニング
10月22日(日) 15:00 vs 韓国(Jiangning Sports Centre)
10月23日(月) AM/PM トレーニング
10月24日(火) AM/PM トレーニング
10月25日(水) 15:00/19:00 準決勝(Jiangning Sports Centre)
10月26日(木) AM/PM トレーニング
10月27日(金) AM/PM トレーニング
10月28日(土) 15:00/19:00 3位決定戦/決勝戦(Jiangning Sports Centre)

※時間はすべて現地時間
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFA.jp SITEMAP

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー