JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 社会貢献活動 > 最新ニュース一覧 > U-15シンガポール代表が大阪でトレーニングキャンプを実施

ニュース

U-15シンガポール代表が大阪でトレーニングキャンプを実施

2015年03月26日

U-15シンガポール代表が大阪でトレーニングキャンプを実施

U-15シンガポール代表が、J-GREEN堺で6日間に及ぶトレーニングキャンプを行いました。チームを率いるシルヴァ監督は、昨年U-16シンガポール代表チームと来日し、選手としてもU-14代表時代に来日した経験を持っています。

期間中に3チームとの練習試合を行い、ディフェンスに重きをおいた戦術の実践でチーム強化を図りました。

練習試合結果

各試合 45分×2
3月18日(水) vs ガンバ大阪U-15 (H) ● 1-2(0-1)
3月20日(金) vs 京都サンガU-15 (A) ● 4-0(2-0)
3月21日(土) vs セレッソ大阪 西U-15 (A) △ 1-1(1-0)

ガンバ大阪U-15戦は大雨に見舞われましたが、スタンドにはシンガポールから応援に来た家族が声援を送り、熱のこもった様子がみられました。短い滞在期間ながらも、チームは空き時間に買い物や観光も楽しみ、充実した6日間になったと口々に話していました。

監督・選手コメント

シルヴァ 監督
キャンプ全体を通して、しっかり準備がなされていて、スムーズに進めることができました。合宿の目的にふさわしい内容になりました。なにより、けが人がなく終えられたのが良かったです。残念ながらガンバ大阪U-15戦は天気に恵まれませんでしたが、ほかのニ試合は良い環境で試合もでき、満足しています。またJ-GREEN堺は食事や設備も申し分なく、スタッフの皆さんも親切で満足のいく合宿施設でした。シンガポールサッカー協会を代表し、今回このような素晴らしい合宿をアレンジしてくださった日本サッカー協会の皆様に感謝申し上げます。今後もいい関係を築けていければと思います。

アクマル 選手
今回の合宿は、チームの一体感を高め、お互いを理解するために大切なものとなりました。この数日間で学び取ったものを、しっかり反映させていきたいです。いずれの対戦相手もいいチームでしたし、試合自体も楽しむことができました。この経験をパフォーマンスに活かせればと思います。J-GREEN堺の皆さんは非常に協力的で親切でした。またの機会も楽しい合宿になればと思います。

チーム総務コメント

リディア チーム総務
初めてとなったJ-GREEN堺の滞在でしたが、非常に清潔な宿泊施設で素晴らしかったです。料理も美味しく、充実していました。様々なリクエストにも対応していただき助かりました。今回の対戦相手はいずれも強く、しっかり組織されていた印象です。選手たちが、今回の経験をどのような形で吸収してくれるかが楽しみです。また、日本のチームの試合前後のマナーの素晴らしさにも驚きました。しっかりした教育の姿勢が見られ、いずれも参考にしていきたいと思います。

アーカイブ
社会貢献活動
NEWS メニュー
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー