JFA.jp

JFA.jp

日本代表:ワールドカップ予選激闘の歴史 History

2016.11.1

【1994アメリカ大会のアジア最終予選をプレイバック!♯1】わずか2枚の切符をかけ、アジアの列強たちが熾烈な戦いを繰り広げる

それまでに本大会に出場したことがなかった日本代表が最もワールドカップに近づいたのが、1994年のアメリカ大会。今とは異なり24か国しか出場できず、アジアに与えられた出場枠もわずかに2つに過ぎなかった。1993年にJリーグの開幕を控えており、日本サッカー界の機運が高まるなか、悲願のワールドカップ出場へ向け、日本代表は入念に準備を進めていった。

初の外国人指揮官となったハンス・オフト監督が就任したのは1992年のこと。同年のダイナスティカップを制すると、同じ年に行われたアジアカップでも優勝を成し遂げるなど、日本は一躍アジアの強豪国の仲間入りを果たしていった。

1993年の4月から始まったアジア1次予選では、タイ代表、バングラデシュ代表、スリランカ代表、UAE代表と同居したグループFを、7勝1分けの成績で首位通過。10月から始まるアジア最終予選へと駒を進めた。

カタール・ドーハでのセントラル開催となったアジア最終予選に出場したのは、日本のほか、サウジアラビア代表、イラン代表、朝鮮民主主義人民共和国代表、韓国代表、イラク代表の計6チーム。わずか2枚の切符をかけて、アジアの列強たちが熾烈な戦いを繰り広げた。

初戦のサウジアラビア戦をスコアレスドローで終えた日本は、続く第2戦でイランと対戦。しかし前半終了間際に先制されると、86分にも相手のエース、アリ・ダエイ選手にゴールを許してしまう。終了間際に途中出場の中山雅史選手が一矢を報いたものの1-2で敗れ、2戦を終えて6チーム中最下位に転落した。

後のない状況で迎えた第3戦の朝鮮民主主義人民共和国戦では、日本のエース三浦知良選手が意地を見せる。28分に先制点を叩き込むと、69分にも追加点を奪い、3-0の快勝劇を演出して見せたのだ。

第3戦を終えて1勝1分1敗で勝点3(当時は勝利=勝点2だった)を確保した日本は、残り2試合にワールドカップ出場をかけることとなった。

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANIES
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
  • MS&AD
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。