JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2019 [11/19] TOP > 最新ニュース一覧 > JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2019 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ベネズエラ代表

ニュース

JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2019 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ベネズエラ代表

2019年11月20日

JFAユースプログラムを実施 ~キリンチャレンジカップ2019 SAMURAI BLUE(日本代表) 対 ベネズエラ代表

11月19日(火)に大阪/パナソニック スタジアム 吹田で開催されたキリンチャレンジカップ2019 SAMURAI BLUE 対 ベネズエラ代表において、JFAユースプログラムとして、「プレーヤーズエスコートキッズ」、「レフェリーエスコートキッズ」、「ナショナルフラッグベアラー」、「プレスキッズ」、「ウェルカムキッズ」、「ハイタッチキッズ」、「キリンキッズサポーター」の7つのプログラムを実施しました。

JFAは、日本代表戦において「次世代育成」というテーマのもと、「JFAユースプログラム」を実施しています。次の世代を担う子ども達が試合会場に足を運び、日本代表選手が勝利に向かって懸命に努力する姿を直に見ることができる機会を作りたいという考えのもと、日本代表スポンサー各社と共同で、子ども達の一生の思い出となるような複数のプログラムを企画しています。

今回は、両国の代表選手と手をつないでピッチに入場する「プレーヤーズエスコートキッズ」をご紹介します。

試合会場に集合した子どもたちがまず向かったのは、試合後に監督が登壇する記者会見場でした。メディアから取材を受けている気持ちになって会見台で写真撮影を行いました。そこからピッチに移動して、選手が座るチームベンチに座って、選手と同じ目線でピッチを眺めました。

普段は見ることができないスタジアム内部の見学が終わると、いよいよ本番を迎えます。

入場前に選手が集まるスペースに先にスタンバイを完了させた子どもたちは、憧れの選手を目の前に迎える興奮からか、あるいは緊張からか、スタジアム見学時に見せていた楽しげな表情を一変させます。ロッカーから”出陣”してきた選手たちに、ハイタッチを受けたり、頭をなでられたり、話しかけられたりするなど、子どもたちにとって夢のような瞬間が訪れ、そんな選手たちの顔を遠慮がちに見上げる子どももいれば、感激を隠さない子どももいました。

スタジアムの照明が消え、観客のライトで照らされた幻想的な雰囲気に仕上がったスタジアムに再びライトが灯ると、スタジアムの興奮は最高潮に達します。子どもたちは、入場曲が大音量で流れ、満員の観客が見守るピッチへとSAMURAI BLUEとベネズエラ代表の選手たちを堂々とエスコートしました。両国の国歌演奏が終了するまで、キックオフ直前の試合の緊張感を味わい、大役を無事に終えました。

JFAは、12月28日(土)に長崎/トランスコスモススタジアム長崎で行われるキリンチャレンジカップ2019 U-22日本代表 対 U-22ジャマイカ代表のJFAユースプログラム参加者を11/26(火)まで募集しています。詳しくはJFA.jpをご確認ください。

長崎のJFAユースプログラム詳細はこちら

参加者コメント

北澤颯大 さん(キリンキッズサポーター/小3)
大好きな中島選手と手をつないで入場できてとても嬉しかった。中島選手が急にポケモンの話をしだしてびっくりした。ピッチに入った瞬間はとても緊張したけど、エスコートはうまくできました。

水谷謙斗 さん(レフェリーエスコートキッズ/小5)
寒かったのに選手は半袖ですごいと思いました。ピッチから見た景色はイルミネーションみたいで綺麗でした。生で見る選手はテレビで見るより大きくてびっくりしました。スタジアムツアーでは一回も行ったことがないところに足を踏み入れることができて楽しかったです。

清水ひまり さん(プレスキッズ/小6)
以前に弟がハイタッチキッズに当選して羨ましかったので、お父さんにお願いして応募してもらいました。記者の方のお話も聞いたことのない話で、広報の方のお話もすごく楽しかったです。今日聞いてメモした話は友達に自慢したいです。

SAMURAI BLUE(日本代表)対 ベネズエラ代表
開催日時:2019年11月19日(火) 19:25キックオフ(予定)
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田
TV放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ
  • 2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 特設ページ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー