JFA.jp

JFA.jp

EN

SAMURAIBLUE

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > SAMURAI BLUE > キリンチャレンジカップ2019 [11/19] TOP > 最新ニュース一覧 > SAMURAI BLUE、年内国内最終戦でベネズエラ代表に4失点 ~キリンチャレンジカップ2019~

ニュース

SAMURAI BLUE、年内国内最終戦でベネズエラ代表に4失点 ~キリンチャレンジカップ2019~

2019年11月20日

SAMURAI BLUE、年内国内最終戦でベネズエラ代表に4失点 ~キリンチャレンジカップ2019~

SAMURAI BLUE(日本代表)は11月19日(火)、大阪のパナソニックスタジアム吹田で行われたキリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦。前半で4失点を喫し、後半1点を返したものの1-4で敗れて、年内最後の国内での試合を勝利で終えることはできませんでした。
5日前にアウェイで戦ったキルギス代表とのFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選から選手9人を入れ替えた別チームを編成。先発メンバーもDF植田直通選手(セルクル・ブルージュKSV)、MF原口元気選手(ハノーファー96)、MF柴崎岳選手(デポルティボ・ラ・コルーニャ)以外の8人が前の試合から入れ替わる布陣で臨みました。

1年前には大分で対戦し1-1で引き分けた相手でしたが、今回は普段とは異なるメンバーによる組み合わせで、日本はプレーの間合いや選手の距離感などでうまく連係がとれず、相手の激しいプレッシャーもあって苦戦します。
試合開始8分にベネズエラの左サイドをMFジェフェルソン・ソテルド選手に崩されてクロスを上げられると、FWサロモン・ロンドン選手にヘディングで先制を許してしまいます。
その後もソテルド選手やMFダルウィン・マチス選手に日本のサイドを利用されてゴールに迫る場面を作られ、精度もスピードもある攻撃に、GK川島永嗣選手(RCストラスブール)を含めた日本の急造守備陣がゆさぶられ、相手を捕まえることができません。
FW鈴木武蔵選手(北海道コンサドーレ札幌)とMF浅野拓磨選手(FKパルチザン・ベオグラード)を2トップに置く日本は、17分、22分にはMF中島翔哉選手(FCポルト)が左サイドから仕掛けてシュート場面を作り、22分にはCKにDF佐々木翔選手(サンフレッチェ広島)が頭で合わせますが、相手GKに右足で止められてしまいます。
25分には柴崎選手のクロスを鈴木選手が胸でコントロールして浮いたボールを右足で狙いましたが、枠を捕えることはできません。
リズムに乗れないまま苦戦する日本は、30分、ビルドアップのボールを獲られてマチス選手とロンドン選手のコンビネーションで組み立てられ、最後はロンドン選手に左足で決められます。その3分後にはMFジャンヘル・エレラ選手が右ポスト付近で落したロングボールをロンドン選手が右足でゴールに流し込み、ハットトリックを決められました。
さらにベネズエラは、38分に右サイドを攻め上がったマチス選手のパスを受けたFWソテルド選手が、個人技でDFを交わしてゴールネットを揺らしました。4失点は森保一監督体制では6月のCONMEBOLコパアメリカ2019のチリ戦以来です。
日本は後半開始から鈴木選手に代えてMF古橋亨梧選手(ヴィッセル神戸)、左足を痛めた植田選手に変えてDF三浦弦太選手(ガンバ大阪)を送り出し、浅野選手を1トップにした4-2-3-1に形を変えます。
古橋選手は前線で積極的に仕掛け、交代出場直後にドリブルで持ち上がり、パスを受けた中島選手がシュート。これは相手GKにセーブされましたが攻撃が活性化します。また、三浦選手が最終ラインをまとめて押し上げ、日本はチーム全体に運動量が上がり、スピード感も生まれます。
55分にはDF室屋成選手(FC東京)のクロスに中島選手が合わせますが、相手GKが阻止。64分には浅野選手が左から中へ切れ込んでペナルティエリア外からゴールを狙いましたが、シュートはわずかに枠の外に流れました。
日本は65分にFW永井謙佑選手(FC東京)とMF山口蛍選手(ヴィッセル神戸)を投入。すると、その4分後、永井選手が左サイドから送ったマイナスのボールを受けた山口選手が右足を振り抜くと、相手DFの足をかすめてゴールに突き刺さりました。

1点を返した日本は、さらにアップテンポで攻撃を続け、82分にはMF井手口陽介選手(ガンバ大阪)を投入して、ゴール機会を伺います。
88分には中島選手の左クロスにゴール前で古橋選手が右へ流し、走り込んだ永井選手に合えば1点かという場面を作りましたが、シュートには至らず。日本は再びゴールを奪えないまま、1-4で試合を終了しました。

監督・選手コメント

SAMURAI BLUE(日本代表)森保一 監督
ホームでの試合で応援してくれた方々に勝利を届けられずに、非常に残念に思います。選手たちは最初から勝ちたいという思いをもって試合に臨んでくれましたが、攻撃のビルドアップ、シュートまでつなげるところのパスの連係連動、クオリティの部分が少し足りずに、相手に付け込まれてしまいました。守備では間合いが相手のボール保持者に対して少し遠く、プレッシャーをかけられない中で失点を重ねたところは、反省点ですし、今日の敗因だと思っています。
しかし、選手たちは前半の結果に心が折れて集中力が切れるかもしれない中で、顔を上げて自分を奮い立たせ、チームで気持ちを奮い立たせて、得点を奪い、アグレッシブに最後まで粘り強くプレーするところを示してくれました。そこは、選手たちが選手の責任を果たしてくれたと思います。結果の責任については、準備の段階から私の選手とチームに対しての働きかけだと思います。反省しなければなりません。もっとクオリティを求めることやプレッシャーの中でプレーするなど、より試合に近い形や試合よりもさらに難しい形でトレーニングすることが必要ではないかと思っています。世界の舞台で戦っていくためのインテンシティとプレーのクオリティを選手たちに働きかけて、さらに試合で選手たちが肌で感じるような経験をさせていきたいですし、代表の経験を持ち帰ってもらって自チームでさらに上げなければいけないところをトライしてほしいと思っています。

DF #4 畠中槙之輔 選手(横浜F・マリノス)
獲ったボールをしっかり運んで自分たちのボールにすることや、前からプレッシャーをかけることも、しっかり連動しなければ簡単に剥がされてしまうと今日また実感しました。もっと選手間で声をだして、しゃべってやらなくてはいけないと思いました。

MF #7 柴崎岳 選手(デポルティボ・ラ・コルーニャ)
前半は全てのゴールがクロスからの対応で、簡単に高い精度のものを上げられてしまいました。奪われ方や奪われたあとのリアクションも一歩遅くて、ゴール前まで持って行かれて、全体的な守備の距離感が遠かったと思います。そこをハーフタイムで修正して後半は安定しました。

MF #9 古橋亨梧 選手(ヴィッセル神戸)
思い切ってやることができましたが、決めることができなかったのは悔しいです。ボールは何度か引き出すことができましたし、守備でもいい形で連係してやれたと思います。

MF #15 浅野拓磨 選手(FKパルチザン・ベオグラード)
どれだけチームが乗れていなくても、1点獲れば変われますし、その役割を与えられているのは僕らFWです。それができなかったことに対して、本当に悔しいですし、チャンスもなかったわけではないので、そこのクオリティを上げていかなければいけないと感じました。

FW #11 永井謙佑 選手(FC東京)
メンバーが変わってもコミュニケーションは一人ひとりとれるので、難しい状況でも下を向かずにやらなければいけないですし、基本的な切り替えや球際に行くところからベースを上げていかないと、世界を相手にして勝てないと思います。前半はそこの部分が少し足りなかったかと思いますが、僕を含めて全員でどんどん良くしていけるように、後半の激しさやスピード感を忘れずに、ここからやっていきたいです。

ラファエル・ドゥダメル ベネズエラ代表監督
選手たちはこの試合の重要性を理解して、今後の公式戦へ向けて完璧な試合をしてくれました。素晴らしいチームワークで、戦い方に自信を持ったプレーを見せてくれて、この一週間の準備の成果が出たと思います。勝利できたのは選手のクオリティの高さのおかげです。

スケジュール

11月16日(土) 18:00 トレーニング(J-GREEN堺)※一般公開
11月17日(日) PM トレーニング
11月18日(月) PM 公式会見・公式練習
11月19日(火) 1-4 キリンチャレンジカップ2019
対 ベネズエラ代表(パナソニック スタジアム 吹田)

※スケジュールは都合により変更となる場合があります。

SAMURAI BLUE(日本代表)対 ベネズエラ代表
開催日時:2019年11月19日(火) 19:25キックオフ(予定)
会場:大阪/パナソニック スタジアム 吹田
TV放送:フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

大会情報はこちら

 

OFFICIAL PARTNER
KIRIN
OFFICIAL SUPPLIER
adidas
SUPPORTING COMPANY
  • 朝日新聞
  • SAISON CARD
  • 大東建託
  • Family Mart
  • JAPAN AIRLINES
  • au
  • Mizuho
  • MS&AD
アーカイブ
  • 2022FIFAワールドカップカタールアジア2次予選 特設ページ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー