JFA.jp

JFA.jp

EN

U-24日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-24 2021年 > 最新ニュース一覧 > U-24日本代表 優勝候補のスペインと引き分け。課題と収穫を得る試合に~キリンチャレンジカップ2021~

ニュース

U-24日本代表 優勝候補のスペインと引き分け。課題と収穫を得る試合に~キリンチャレンジカップ2021~

2021年07月18日

U-24日本代表 優勝候補のスペインと引き分け。課題と収穫を得る試合に~キリンチャレンジカップ2021~

東京オリンピックの初戦を5日後に控えるU-24日本代表は7月17日(土)、キリンチャレンジカップ2021でU-24スペイン代表と対戦。神戸のノエビアスタジアム神戸で開催された試合は、先手を奪う中で追いつかれ、引き分けに終わりました。

U-24ホンジュラス代表戦から中4日で試合を迎えた日本は、GKに谷晃生選手(湘南ベルマーレ)を起用。最終ラインには右から酒井宏樹選手(浦和レッズ)、吉田麻也選手(サンプドリア)、冨安健洋選手(ボローニャFC)、旗手怜央選手(川崎フロンターレ)を並べ、中盤の底には板倉滉選手(マンチェスター・シティ)と遠藤航選手(VfBシュツットガルト)を配置しました。また、2列目には右に堂安律選手(PSVアイントホーフェン)、中央に久保建英選手(レアル・マドリード)、左に相馬勇紀選手(名古屋グランパス)がメンバー入り。最前線には林大地選手(サガン鳥栖)を据え、大会前の最後の強化試合に臨みました。
試合序盤は、東京オリンピックの優勝候補の一角であるスペインに攻守に劣勢を強いられました。それでも日本は最終ラインからコンパクトな守備を形成。ボールを保持されながらも最後のところでは体を張り、ゴールを許しません。

すると、迎えた42分でした。左サイドで久保選手がドリブル突破を狙うと、ペナルティーエリア内に進入したところでマイナスにパス。これを右サイドから中央へと走ってきた堂安選手が左足で合わせ、素晴らしいシュートをゴール左に沈めて先制点を奪いました。
前半を1-0で折り返した日本は、後半のスタートから7人の選手を変更します。しかし、同点に追いつくために前に重心をかけてきたスペインに対し、押し込まれる時間が続きます。78分には左サイドを崩されたところから失点を献上。試合を振り出しに戻されてしまいました。
この失点を機にさらに相手の攻勢が強まりましたが、日本は最後まで粘り強い戦いを続けて試合はそのまま終了。試合後、森保監督が「多くの選手がレベルの高い戦いを経験できたことを考えると、東京オリンピックに向けて非常にいい試合をさせてもらった」と語ったように、本大会に向けていいシミュレーションとなる試合をすることができました。

試合後には森保一監督がチームを代表して挨拶を。これからオリンピックに向かうU-24日本代表に対してスタンドから大きな拍手が送られました。U-24日本代表は18日(日)に移動し、東京オリンピック初戦となる22日(木)のU-24南アフリカ代表戦に向けて調整を続けていきます。

監督・選手コメント

森保一 U-24日本代表監督
サポーターのみなさんの応援の中で戦うことができ、素晴らしい試合ができたことを幸せに思います。今日も良い準備をチーム全体で出来たと思うので、残りの東京オリンピックに向けての期間でさらに上げていけるようにしていきたいです。試合内容としてはスペインに押し込まれる時間も長くありましたが、守備だけでなく攻撃でもトライしてゴールを目指していこうと、選手たちは粘り強く戦いながら得点チャンスを伺うような戦いをしっかりやってくれたと思います。多くの選手がレベルの高い戦いを経験できたことを考えると、東京オリンピックに向けて非常にいい試合をさせてもらったと思っています。

DF #4 板倉滉 選手(マンチェスター・シティ/イングランド)
スペインのクオリティは非常に高かったですし、1人1人のポジショニングの取り方が賢いなと感じました。ただ、結果1-1で終えたことに関しては、本戦も間違いなくこういう試合があると思うので、それをここで経験できたのはすごくポジティブだと思っています。個人としてもコンディションが徐々に上がってきています。ここで90分プレーできたことによって、本大会はベストな状態で行けると思います。

DF #5 吉田麻也 選手(サンプドリア/イタリア)
前半は良い時間帯と苦しい時間帯がありましたけど、総じてうまく守れたと思います。相手のストロングポイントをうまく消しながらやれました。一方で、相手のプレスのかいくぐり方は非常に巧みだと思いました。相手のコンディションがさらに良くなったら、もっと難しい試合になったのではないかと思っています。後半を含めてどういうところに改善点があるかは理解できました。この結果に一喜一憂せず、これからの4日間で課題を詰めていかなければいけないと思います。

DF #13 旗手怜央 選手(川崎フロンターレ)
世界トップレベルの選手たちだけあって、ボールを動かすときにすごく怖さがありました。結果は引き分けましたけど、崩される場面もすごく多くて難しい試合だったと思います。後半の失点した時間帯を振り返ると、押し込まれている時間帯にチームがどうまとまって、どう戦うかをピッチ上で選手たちが話すべき場面がたくさんありました。そこができないと勝点3が勝点1になったりしてしまうので、しっかり全員で意見を出し合えばよかったと思います。

MF #10 堂安律 選手(PSVアイントホーフェン/オランダ)
今日の試合は、ボールを持たれる時間帯が多くなるかもしれないとチーム内でも話していました。その中で、前半に決定機らしい決定機を相手に作らせなかったことは、僕たちのポジティブな材料だったと思います。ただ、ああいう相手にでもボールを保持したいと、試合が終わった後の選手たちのミーティングの中では出ていました。そこは僕もキープしないといけないところで失うシーンが多かったですし、反省しなくてはいけないと思っています。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

2021年7月17日(土) 19:20 キックオフ(予定)vs U-24スペイン代表
会場:兵庫/ノエビアスタジアム神戸

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー