JFA.jp

JFA.jp

EN

U-24日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > U-24 2021年 > 最新ニュース一覧 > U-24日本代表 最後の強化試合となるスペイン戦を前に最終調整~キリンチャレンジカップ2021~

ニュース

U-24日本代表 最後の強化試合となるスペイン戦を前に最終調整~キリンチャレンジカップ2021~

2021年07月17日

U-24日本代表 最後の強化試合となるスペイン戦を前に最終調整~キリンチャレンジカップ2021~

東京オリンピックに向けた最後の強化試合となるキリンチャレンジカップ2021・U-24スペイン代表戦に向け、U-24日本代表の森保一監督は16日(金)、オンラインでの前日会見に出席。「世界トップレベルの相手と戦うことで良い刺激を受け、東京オリンピックに向けて自信となる試合にしたい」と話しました。

U-24日本代表は、12日(月)のU-24ホンジュラス戦の翌日に神戸市内に移動。16日(金)には試合会場となるノエビアスタジアム神戸で前日練習を行いました。公開された15分間ではジョギングやダッシュ、ボール回しなどで体を温め、ゲーム形式でのトレーニングに向けて気持ちを整えていました。

17日(土)に対戦するスペインは、2019年のU-21欧州選手権で優勝。欧州No.1の肩書きを提げ、今回の東京オリンピックに臨んできます。本大会にはU-21欧州選手権で中核を担ったダニ・セバージョス選手や先日まで開催されていたEURO2020で活躍した選手が多くメンバー入りを果たし、優勝候補として日本のライバルとなるチームです。

スペインに対して森保監督は「攻守ともに非常にアグレッシブに戦ってくるチーム」と印象を語りつつ、「選手たちの持っている力をしっかり出し、個々の力を最大限発揮しながら我々が持っている組織力を確認しながら戦いたい」と口にしています。

対するスペインのルイス・デ・ラ・フエンテ監督は「日本とスペインという素晴らしいチーム同士が、ここで対戦できることは歴史的な出来事。本当に重要な試合になる」と主張。日本の気候や時差、環境への適応を語りながら、「難しい状況ではありますが、明日はいい状態で試合に臨めると思いますし、全力で戦いたい」と意気込んでいます。

東京オリンピックへ弾みをつけたいキリンチャレンジカップ2021・スペイン戦は17日(土)、ノエビアスタジアム神戸で19:20キックオフです。

監督・選手コメント

森保一 U-24日本代表監督
今回の試合に向けて、選手たちには「我々も東京オリンピックの金メダルを目指しているので同じ目線で戦ってほしい」と伝えました。日本の選手たちが持っている力をしっかり出し切れれば、世界の強豪とも対等に戦えると思ってこれまでもやってきています。選手たちには、試合に勝つために自信を持って臨んでほしいと思います。東京オリンピックに向けても良い対戦相手との親善試合。スピード感やテクニックといったところで、世界のトップレベルとの戦いで良い刺激を受けて欲しいですし、東京オリンピックに向けて自信となる試合にしてほしいと思います。

DF #2 酒井宏樹 選手(浦和レッズ)
スペイン戦は、特別に相手のことをスカウティングすることはないですし、僕らもコンディション調整の位置付けの試合になると思います。90分出る選手がいるかいないかは分からないですし、スペインも90分フルで出てくる選手はあまりいないと思うので、チーム全体のコンディションアップにつながればいいと思います。東京オリンピックは自国開催ですし、特別なものになると思います。ただ、一大会としては全ての大会が大事なので、一試合一試合、どこであろうが変わらず、サッカー選手として全力を賭けていきたいです。

DF #5 吉田麻也 選手(サンプドリア/イタリア)
スペインはヨーロッパチャンピオンであり、今回の優勝候補です。もちろん来日して間もないためコンディションのところは不安があるかもしれないですけど、間違いなく実力があるチームですし、自分たちの立ち位置を確認することができると思います。泣いても笑ってもオリンピック前、最後の1試合なので、引き続き良い準備をして本大会に挑めるようにしたいです。各々、個々の実力差や立ち位置を把握できるという意味では、良い試合になると思います。

DF #13 旗手怜央 選手(川崎フロンターレ)
コンディションのところでは、自分としては全く問題なくできています。スペイン戦はすごく楽しみです。対戦相手がどこであろうと僕自身は試合ができることが毎回楽しみですが、今回は優勝候補のスペイン代表。ましてやマッチアップする選手が世界トップレベルの選手と考えると、ワクワクします。東京オリンピック前に自分たちの力を試せる場でもあります。それにオリンピックが終わった後の人生を考えてもすごく大事な一戦になると思っています。僕の持っている力を全て出して挑みたいです。

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)

サッカー競技日程:2021年7月21日(水)~2021年8月7日(土)

大会情報はこちら

2021年7月17日(土) 19:20 キックオフ(予定)vs U-24スペイン代表
会場:兵庫/ノエビアスタジアム神戸

大会情報はこちら

アーカイブ
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー