JFA.jp

JFA.jp

EN

U-22日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-22 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 コロンビアに2失点、勝利を掴み取れず ~キリンチャレンジカップ2019

ニュース

U-22日本代表 コロンビアに2失点、勝利を掴み取れず ~キリンチャレンジカップ2019

2019年11月18日

U-22日本代表 コロンビアに2失点、勝利を掴み取れず ~キリンチャレンジカップ2019

U-22日本代表は11月17日(日)、東京オリンピックに出場するチームとしては初となる国内での試合として、広島のエディオンスタジアム広島でキリンチャレンジカップ2019を戦い、U-22コロンビア代表と対戦しました。前半こそスコアレスで折り返しましたが、後半に2失点を献上してしまうと、終盤の猛攻も実らずに0-2で敗戦を喫しました。

スターティングメンバーには、GKに大迫敬介選手(サンフレッチェ広島)、DFには右から岩田智輝選手(大分トリニータ)、立田悠悟選手(清水エスパルス)、板倉滉選手(FCフローニンゲン)を配置。中盤の底に田中駿汰選手(大阪体育大)と中山雄太選手(PECズヴォレ)、サイドには右に菅原由勢選手(AZアルクマール)、左に菅大輝選手(北海道コンサドーレ札幌)、シャドーに堂安律選手(PSVアイントホーフェン)、久保建英選手(RCDマジョルカ)、最前線には上田綺世選手(鹿島アントラーズ)が入りました。

試合は序盤から難しい戦いを強いられます。「勝たなければいけないというところが逆にプレッシャーになったのか、硬い入りをしてしまい、相手にペースを握られる難しい試合になってしまった」と森保一監督が語る通り、立ち上がりは後方からスムーズにボールを動かすことができず、自分たちのミスから相手にチャンスを許す場面が増えてしまいます。

それでも日本はシャドーに入った久保選手、堂安選手が力強いボール運びで敵陣に侵入すれば、20分には中山選手がペナルティーエリア外からシュートを狙うなど、徐々にチャンスを作り出しながら前半をスコアレスで折り返しました。

得点が欲しい日本は、後半のスタートから前線に小川航基選手(水戸ホーリーホック)を投入して状況の打開を図ります。しかし、47分に左サイドから攻撃を許してしまうと、クロスボールのこぼれ玉を先に奪われ、一瞬の隙を突かれて失点を許しました。またこれで一気に流れを持って行かれてしまうと、59分にも再び得点を与え、2点のビハインドを背負います。

苦しい展開に持ち込まれた日本は、62分に三好康児選手(ロイヤル・アントワープFC)と原輝綺選手(サガン鳥栖)をピッチに入れて「4-2-3-1」のシステムに変更し、攻勢を強めていきます。また83分に食野亮太郎選手(ハート・オブ・ミドロシアンFC)、87分には前田大然選手(CSマリティモ)を投入してゴールを目指しました。しかし、終盤に迎えた小川選手のチャンスは左のポストに阻まれ、果敢に狙った食野選手のシュートも枠外に外れ、最後までゴールを奪うことができず。あと一歩ゴールが遠かった日本は、0-2でコロンビアに敗戦を喫しました。

試合詳細はこちら

森保監督はまず「平和の祭典である東京五輪に向けての国内での初めての親善試合を、ここ平和都市の広島で試合ができたこと。そして平和の発信、平和を考えていくことについて、意義のある試合をさせていただいた」と感謝の意を述べました。また「今日のような素晴らしい雰囲気を作っていただいたなか、東京五輪の本大会でも非常に難しくなる入りのところで、もっとメンタルを強くして、我々がアグレッシブに戦えるようにならなければいけないということを学ぶ場になった」と総括し、今後の活動に向けてチームとしてのさらなる成長を誓いました。

U-22日本代表はこれで一度解散となり、次戦は12月28日(土)に長崎でキリンチャレンジカップ2019 U-22ジャマイカ代表戦に挑むことになります。

監督・選手コメント

森保一 監督
今日の試合、選手たちは国内での初の試合ということで、絶対に勝って東京五輪への期待を持っていただこうと、非常にモチベーション高く、良い準備をしてくれて試合に臨んでくれました。しかしながら、素晴らしい雰囲気を作っていただいた中、勝たなければいけないというところが逆にプレッシャーになったのか、硬い入りをしてしまい、相手にペースを握られて難しい試合になったと思っています。
試合が終わってから、我々が持っている目標が、私だけのものなのか、チームで共有しているのかということを選手たちに話しました。東京五輪で金メダルを獲得するためにやっていくということ、力をつけていくということは共有してきました。

DF #4 板倉滉 選手(FCフローニンゲン)
初めてのホーム試合ということもありましたし、絶対に勝たなければいけないゲームだったので悔しいです。本当に勝たなければいけなかったし、もっともっとやらなければいけなかった。初めて日本でこれだけのお客さんが見ている中で試合をしましたが、もっと自分たちのサッカーを見せていかないといけなかったなと思います。『僕たちは東京五輪の金メダルを目指しているんだぞ』というのをもっとプレーで表現していかないといけなかったと思います。

MF #3 中山雄太 選手(PECズヴォレ)
少なからず僕自身も日本でやれるプラス面を感じていますけど、それに伴うプレッシャーはおのずと掛かるものですし、それを感じつつ勝たないといけないのが代表選手だと思います。今回はそれを学べた、ではないですけど、これを次に生かせるかどうか。結果が出なかったことを重く捉えつつ、それを次に生かせるかどうかは個人の部分にもなってくると思っています。

MF #11 食野亮太郎 選手(ハート・オブ・ミドロシアンFC)
試合に出るときは、チームが負けていましたし、見ていてドリブルで仕掛けるシーンがなかなかなかったので、アクセントを加える上でもしっかり仕掛けることを意識して入りました。その中でゴールを決められなかったのは、自分の技術ミスやシュートの下手さが出たと思います。やはり少ないチャンスで決める力は必要になってきますし、それは今後のサッカー人生でも重要になってくると思うので、ワンチャンスを決められるように意識して取り組んでいきたいと思います。

MF #17 久保建英 選手(RCDマジョルカ)
結果を見ても分かる通り0-2で負けましたし、内容もキレイに崩そうとしすぎた場面もあってもうちょっと簡単にシュートを打っても良かったかなと思います。強いて良かったことを挙げるとすれば、負けたことでみんなに危機感が生まれたことだと思います。ただ、すぐにまた活動があるわけではないので、各々が次の招集までにチームでもっと成長するしかないと思います。

スケジュール

日付時間内容一般公開(予定)
11月11日(月) 16:00 トレーニング(広島広域公園第一球技場)
11月12日(火)  9:30 トレーニング(広島広域公園第一球技場)
16:00 トレーニング(広島広域公園第一球技場)
11月13日(水) 16:00 トレーニング(広島広域公園第一球技場)
11月14日(木) 0-1 練習試合 vs サンフレッチェ広島 ×
11月15日(金) 9:30 トレーニング(広島広域公園第一球技場)
11月16日(土) PM 公式会見・公式練習 
11月17日(日) 0-2 キリンチャレンジカップ2019
U-22日本代表 対 U-22コロンビア代表(エディオンスタジアム広島) 

※スケジュールは都合により変更となる場合があります。 

U-22日本代表 対 U-22コロンビア代表
開催日時:2019年11月17日(日) 12:50キックオフ(予定)
会場:広島/エディオンスタジアム広島

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー