JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表、グループ首位でラウンド16へ ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

ニュース

U-17日本代表、グループ首位でラウンド16へ ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

2019年11月03日

U-17日本代表、グループ首位でラウンド16へ ~FIFA U-17ワールドカップブラジル2019

U-17日本代表は11月2日(土)、FIFA U-17ワールドカップブラジル2019の第3戦でU-17セネガル代表と対戦しました。日本は後半の西川潤選手の得点により1-0の勝利を収め、グループD首位でラウンド16進出を決めました。

試合前に他グループの結果によりグループステージ突破が確定したなか、日本は第2戦から先発5名を入れ替えました。GKに鈴木彩艶選手(浦和レッズユース)、DFが右から半田陸選手(モンテディオ山形ユース)、鈴木海音選手(ジュビロ磐田U-18)、村上陽介選手(大宮アルディージャU18)、中野伸哉選手(サガン鳥栖U-18)、中盤の中央に山内翔選手(ヴィッセル神戸U-18)と田中聡選手(湘南ベルマーレU-18)、右に角昂志郎選手(FC東京U-18)、左に田村蒼生選手(柏レイソルU-18)が入り、前線には中野桂太選手(京都サンガF.C.U-18)と唐山翔自選手(ガンバ大阪ユース)が並びました。村上選手、山内選手、角選手、中野桂選手の4名が今大会初先発となります。

序盤は「日本国内では決して経験できないようなスピードと迫力」と森山佳郎監督が形容するセネガルの高い個人能力に苦戦を強いられます。素早いカウンターアタックは特に脅威で、負傷した田中選手に代わって途中出場となった藤田譲瑠チマ選手(東京ヴェルディユース)は「こちらは全力疾走でダッシュしているのに、追い付くどころかドンドン離されていく」と舌を巻きました。

ただ、そうした強力な攻撃陣に対しても守備陣は連係しながら粘り強く対応します。ハイボールに対しても村上選手を中心に安定した対応を見せ、隙を作りません。後半に入ると徐々に相手に疲れが見えてきたこともあり、試合のペースは日本へ傾いていきます。

「100%勝ちにいくつもりだった」という森山監督は65分に西川潤選手(桐光学園高校)、81分に若月大和選手(桐生第一高校)を相次いで投入して攻勢を強めると、迎えた83分でした。中盤の藤田選手が「西川選手か若月選手のどちらかが受けてくれると思った」と信じて出したスルーパス。これを西川選手が巧みなファーストタッチからの左足シュートで冷静に突き刺し、ついに日本が先制点を奪い取ります。

このあとの時間帯でしっかりリードを保った日本は1-0と快勝。2勝1分でグループ1位とし、2大会連続となるラウンド16進出を果たしました。ノックアウトステージ初戦、日本は11月6日(水)16:30(日本時間7日4:30)よりグループB、EあるいはFの3位チームと対戦します。

試合詳細はこちら

監督・選手コメント

森山佳郎 監督
今日は選手たちが本当に素晴らしい試合をしてくれました。持っている力の100%を出してくれた試合でしたし、すごいゲームを見せてくれたと思います。セネガルは日本国内の試合では決して経験できないようなレベルの個々のスピード、迫力を持っているチームでした。ただ、その相手に対しても引き分けで2位通過を狙うのではなく、勝ちにいくつもりで戦いました。選手たちは本当によく戦ってくれたと思います。

DF #3 半田陸 選手(モンテディオ山形ユース)
セネガルはやはり個の能力が非常に高く、難しい試合でした。自分自身も何回か裏を取られてしまい、ピンチになるシーンを作ってしまいました。個の能力はまだまだだなと思わされました。ただ、グループステージを通じて失点ゼロを続けられたのはよかったです。今日もゼロで、最後は藤田選手と西川選手の関係で相手を崩し、西川選手が決めてくれて、勝てたのは本当によかったです。

DF #15 村上陽介 選手(大宮アルディージャU18)
序盤は緊張したというかアフリカの選手が相手ということでその対策を意識し過ぎてしまい、自分のプレーができませんでした。ただ、その後は問題なかったですし、自分の武器であるヘディングの競り合いで持ち味も出せたと思います。空中戦は絶対に負けられないと思っていたし、練習の成果を出せました。世界大会のピッチに立てたのは自分一人の力ではなく、多くの人に感謝したいです。

FW #10 西川潤 選手(桐光学園高)
最初から出るつもりで準備していました。自分が出た時点では、相手はだいぶ疲れていたと思います。ゴールの場面はファーストタッチもうまくいって、落ち着いて決めることができました。(アシストの)藤田選手とは普段の生活から一緒にいることが多くてよく話をしますし、練習をしていても感覚が合います。

スケジュール

FIFA U-17ワールドカップブラジル2019(10/26~11/17)
10月26日(土) AM トレーニング
10月27日(日) 3-0 グループステージ第1戦 vs U-17オランダ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月28日(月) AM トレーニング
10月29日(火) PM トレーニング
10月30日(水) 0-0 グループステージ第2戦 vs U-17アメリカ代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
10月31日(木) AM トレーニング
11月1日(金) PM トレーニング
11月2日(土) 1-0 グループステージ第3戦 vs U-17セネガル代表
(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade)
11月3日(日)
~4日(月)
TBC トレーニング
11月6日(水) 16:30 ラウンド16 vs グループB/E/Fの3位
(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月10日(日)、
11日(月)
16:30/20:00 準々決勝(ヴィトーリア/Estadio Klever Andrade
あるいはゴイアニア/Estadio Olimpico)
11月14日(木) 16:30/20:00 準決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
11月17日(日) 15:00
19:00
3位決定戦(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)
決勝(ゴイアニア/Estadio Bezerrao)

※関塚隆技術委員長は10月26日(土)から11月3日(日)までチームに帯同します。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

FIFA U-17 ワールドカップ ブラジル 2019

大会期間:2019/10/26(土)~2019/11/17(日)

グループステージ:
2019/10/28(月) 8:00キックオフ(日本時間)
vs オランダ代表

2019/10/31(木) 8:00キックオフ(日本時間)
vs アメリカ代表

2019/11/3(日) 8:00キックオフ(日本時間)
vs セネガル代表

決勝トーナメント:
ラウンド16
2019/11/7(木) 4:30キックオフ(日本時間)
vs グループB/E/Fの3位

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー