JFA.jp

JFA.jp

EN

U-17日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
ホーム > 日本代表 > U-17 2019年 > 最新ニュース一覧 > U-17日本代表候補~福島県Jヴィレッジにて強化合宿をスタート

ニュース

U-17日本代表候補~福島県Jヴィレッジにて強化合宿をスタート

2019年03月18日

U-17日本代表候補~福島県Jヴィレッジにて強化合宿をスタート

U-17日本代表候補が福島県Jヴィレッジにて4泊5日の強化合宿をスタートさせました。U-17日本代表はブラジルで開催予定のFIFA U-19ワールドカップに出場を決めており、大会で好成績を納めるべく活動を実施しています。今回は選手27名での活動となりますが、昨年のAFC U-16選手権に出場した選手から3名、先月のチリ遠征に選ばれた選手が5名入りました。その他の選手は久しぶりに呼ばれた選手や初招集の選手が多く、ワールドカップのメンバーに選ばれるためのアピールの場にもなります。
17日(日)の昼過ぎにJヴィレッジに到着したチームはトレーニングの前にミーティングを実施しました。スタッフと選手が自己紹介をした後に森山佳郎監督から今回の強化合宿の意味について話がありました。「U-17日本代表は夢に近づく場所であり、ワールドカップはサッカー選手にとって最高の舞台。今回メンバーを多く入れ替えているのはチーム内で競争をして、自分の存在を表現してほしい。世界を意識して日常を変えていく、ライバルと切磋琢磨してほしい」と伝えました。

森山監督から熱い言葉を掛けられた選手たちは、その熱が伝わったように集中したトレーニングを見せます。ボールワークで身体を温めた後には4対4+1フリーマンを実施し、常にゲームのイメージを持ってプレーします。そして、この日の最後には8対8のミニゲームを行い、気持ちを全面に押し出したトレーニングとなりました。
今回のキャンプでは19日(火)に流通経済大学とトレーニングマッチを実施して、21日(木・祝)に活動を終了します。

選手コメント

GK 後東尚輝 選手(徳島ヴォルティスユース)
今回初めて日本代表候補のトレーニングキャンプに参加でき、とても嬉しく思います。最初にムービングプレパレーションを全員でして、その後はミニゲームをしました。個人として4対4+1のゲームや8対8のゲームでは、練習の強度や判断の速さ、リスクマネジメントなどが課題になりました。19日の練習試合に向けて全員でコミュニケーションを取っていき、課題を修正しながら明日の練習に取り組みたいと思います。

DF 佐古真礼 選手(東京ヴェルディユース)
今日のトレーニングでは初招集や久しぶりの招集の選手が多い中、うまくコミニケーションをとることができ、その中で強度と質の高い練習をすることができました。明日からのトレーニングでもこの強度を保ちながら、出てきた課題を全員で改善していきたいと思います。ワールドカップに向けたサバイバルは既に始まってると思うので、高い意識と強い覚悟をもってこのキャンプに臨みます。

DF 竹内州人 選手(JFAアカデミー福島U18)
U-17日本代表候補の活動に参加できて大変嬉しく思います。移動の疲れがあったり、初招集の選手が多い中でも初日から激しいトレーニングを行うことができました。個人としては日本代表に生き残っていくために自分をもっとアピールしたいと思います。チームとしても個人としても成長できるような有意義な5日間にしたいと思います。

MF 樺山諒乃介 選手(興國高校)
まず今回の代表候補合宿に選ばれたことを嬉しく思います。初招集の選手や初めて顔を合わす選手が多かったですが、練習前からコミュニケーションを取りながら質の高い練習をできたと思います。自分の良いところは出し続けて、悪いところは修正しながら、少しでも成長できるように残りの時間を有意義に使えるように頑張っていきたいと思います。

FW 大和蓮 選手(コンサドーレ札幌U-18)
今回の合宿では、自分の良さを発揮できるように練習からミスを恐れずにチャレンジしていく事を目標にしています。僕はU-15の時に代表に呼ばれてからしばらく代表に関わることがなかったので、このチャンスを無駄にしないように頑張りたいと思っていました。実際に練習をしてみると闘争心を持って絶えず集中力を切らさずプレーする事、自分をもっと知ってもらうアピールをするなど、メンタルの部分が思っていたより不十分でした。もっと自分を表現できるようになっていかなきゃ成長できないと思いました。メンタル面はすぐ意識的に変えられるので学んだ事をこの合宿中に取り組み少しでも成長していきたいです。この5日間で出た課題や成果を帰ってから自分のチームの選手にも伝え、より質の高い練習を普段から取り組んでいきたいです。そしてもっと成長して今後の代表に選出してもらえるように頑張っていきたいです。

スケジュール

3月17日(日) PM トレーニング
3月18日(月) AM/PM トレーニング
3月19日(火) AM トレーニング
PM トレーニングマッチ vs. 流通経済大学
3月20日(水) AM トレーニング
3月21日(木) AM トレーニング

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

U-17日本代表 今後の予定

6月3日(月)~6月11日(火) 海外遠征
7月9日(火)~7月15日(月) 国際ユースサッカー in 新潟
8月13日(火)~8月16日(金) 国内トレーニングキャンプ
9月2日(月)~9月10日(火) 海外遠征
9月25日(水)~10月28日(月) 直前合宿・FIFA U-17ワールドカップ2019
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー
[an error occurred while processing this directive]
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー