JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 金メダル、そしてアジア2冠に向けて、今夜決戦 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

なでしこジャパン 金メダル、そしてアジア2冠に向けて、今夜決戦 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月31日

なでしこジャパン 金メダル、そしてアジア2冠に向けて、今夜決戦 ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

なでしこジャパンは30日(木)、翌日に控えた決勝に向けてトレーニングを実施しました。この日も入念なウォーミングアップで体をほぐすと、15分以降はメディア非公開として集中した環境でトレーニングに励みます。日本の武器である連動した動きや攻守の約束事を確認、最後は時間を割いてセットプレーの確認を行いました。

今月13日にインドネシア・パレンバンに入ってから17日目となったこの日が今大会最後のトレーニングとなりました。普段とは違う生活環境で自由にならないことも少なくない中、怪我や体調不良による離脱もせず、自身に向き合って集中して取り組んできました。「やっと金メダルを狙えるところに辿り着いた」と高倉麻子監督が話すとおり、決勝に駒を進めたことに満足せず、目標である優勝・金メダルに向けて選手・スタッフ一丸となっています。

午後に行われた決勝前公式会見には、高倉監督と長谷川唯選手が登壇。「中国はアジアカップからレベルアップしている」と高倉監督が話すと、「相手がどうというより、自分たちのサッカーで圧倒して勝ちたい」と長谷川選手が意気込みを語りました。

金メダル、そしてAFC女子アジアカップに続く2冠目を目指し31日(金)日本時間20:30キックオフ(予定)の決勝 中国女子代表戦に臨みます。

監督・選手コメント

高倉麻子 監督
この素晴らしい大会で決勝に進んできた選手たちを誇りに思います。中国は新しい監督を迎えて、4月のアジアカップで対戦したときとは違うチームになっている印象で、力のあるチームです。対戦相手の分析もありますが、まずは自分たちのサッカーをするために、なでしこのスタイルに集中して戦い、優勝して金メダルを持ち帰りたいと思います。

DF #6 有吉佐織 選手(日テレ・ベレーザ)
中国は監督もメンバーも替わり、全体がアグレッシブになっていて、いいチームに仕上がっている印象です。中国はサイドからのクロスを武器に強力なツートップに合わせるのが持ち味だと思います。ヘディングが強い選手もいますし、AFC女子アジアカップで得点王にもなっている10番の選手もいるので、強力なフォワードがいます。中2日で天候も厳しい中、厳しい戦いになると思いますが、誰が出ても同じ戦いができるというのが、高倉監督が掲げているポイントなので、総力戦では日本の強みを出していけると思っています。

MF #14 長谷川唯 選手(日テレ・ベレーザ)
中国の(グループステージの朝鮮民主主義人民共和国との)試合を見て、4月のアジアカップよりレベルアップしているなというのが印象です。組織的な守備と力強い中盤があり、スピードのある前線には個人で仕掛けられる選手やいいクロスも持っています。間違いなく苦しい試合になると思いますが、私たちはなでしこらしいサッカーに集中して、圧倒して勝ちたいと思います。

FW #8 岩渕真奈 選手(INAC神戸レオネッサ)
(決勝を前に)緊張している選手もいませんし、もうやるしかないので、ここまで来たら優勝しようねと選手間でも話しています。何が何でも明日勝って終わりたいと思います。中国は縦に早くて、フォワードの選手は迫力もあって上手い選手がいるので、嫌な相手ではありますが、ただぶつかるだけです。相手がどうということではなく、自分たちは自分たちの良さを出して戦いたいです。どんなゴールでもいいので、今いる18人でしっかり戦って、1点でも多く取って勝ちたいと思います。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月16日(木) 2-0 vs.タイ女子代表(BUMI SRIWIJAYA)
8月17日(金) AM/PM トレーニング
8月18日(土) - オフ
8月19日(日) AM トレーニング
8月20日(月) PM トレーニング
8月21日(火) 7-0 vs.ベトナム女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月22日(水) AM/PM トレーニング
8月23日(木) AM/PM トレーニング
8月24日(金) AM/PM トレーニング
8月25日(土) 2-1 準々決勝 
vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月26日(日) AM/PM トレーニング
8月27日(月) AM/PM トレーニング
8月28日(火) 2-1 準決勝 
vs 韓国女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月29日(水) AM/PM トレーニング
8月30日(木) AM/PM トレーニング
8月31日(金) 18:30
(20:30)
決勝(GELORA SRIWIJAYA)
vs 中国女子代表

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【女子】決勝
8月31日(金) 20:30 [日本時間] vs 中国女子代表
NHK BS1で生中継

大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー