JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2021年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-24
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > なでしこジャパン 準決勝に向けてコンディションを整える ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

ニュース

なでしこジャパン 準決勝に向けてコンディションを整える ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

2018年08月27日

なでしこジャパン 準決勝に向けてコンディションを整える ~第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

なでしこジャパンは準々決勝の翌26日(日)、コンディショニングトレーニングを行いました。

全員でピッチに集まると、高倉麻子監督は全員を集めて話します。
「準々決勝、よく勝った。でもまだ厳しい戦いは続く。ここからは中2日で試合が続くけど、しんどいのは当たり前。韓国の方が1日長く休めている(中3日で準決勝)とか、そういうことはまったく関係ない。これまで通り、全員で戦おう。そのためにもまずはコンディションを整えることが最優先」

今大会、なでしこは16日間で5試合を戦います。こうした集中開催大会では連戦を最後までどう乗り切るか、すなわちいかにコンディションを保てるかが重要な鍵となります。特に今大会のように登録選手数が18人と国際サッカー連盟(FIFA)やアジアサッカー連盟(AFC)主催の大会より少ない状況においてはなおさらです。「誰かを欠いて困るチームにはしたくない」と高倉監督が日頃から話すとおり、誰が試合に出ても質の変わらない試合にするためには、出場時間の長短に関わらず、常に全員がその時のベストコンディションを維持することが必須です。

準々決勝の朝鮮民主主義人民共和国女子代表戦のスターティングメンバーのうち、田中美南選手を除く10名は、ストレッチとウォーキング、またアスリートヴィレッジに戻ってアイスバスに入るなどして回復を図りました。

田中選手、途中交替出場の菅澤優衣香選手、籾木結花選手を含む8名は、入念なウォーミングアップから、鬼ごっこ感覚のゲームで体をほぐし、1ペアが手をつないでゴールを守る4ゴールゲームから最後にシュートトレーニングで締めくくる頃には各選手が汗でウェアをびっしょりと濡らしていました。

アジア競技大会の準決勝 韓国女子代表戦は、28日(火)日本時間18:00キックオフ(予定)です。

選手コメント

MF #15 阪口萌乃 選手(アルビレックス新潟レディース)
朝鮮民主主義人民共和国戦では、ビルドアップでボールがサイドに入ったところから勢いよくプレッチャーをかけられ、それに慌ててミスをして逆襲に合う場面がありました。もっと余裕を持って判断して、孤立しないような立ち位置の工夫などができていればよかったと思います。また、自分のプレーでPKを与えて難しい試合にしてしまいましたが、前線の選手がしっかり点を取ってくれ、最後まで全員で体を張って守り、勝利できてよかったです。次の準決勝・韓国戦も厳しい戦いになると思いますが、まず試合に向けてしっかりコンディションを整えて準備したいと思います。

MF #16 隅田凜 選手(日テレ・ベレーザ)
朝鮮民主主義人民共和国と試合で対戦したのは昨年末のE-1サッカー選手権以来で、その時は負けていたので、今回はリベンジという意味でも勝って次に進めたことは良かったです。次の韓国戦も厳しい試合になると思いますが、チーム全員で身体をはってゴールを守り、たくさんチャンスを作って、点を取れれば勝てると思います。個人としては、攻撃のスイッチとなる縦パスを有効的に入れていきたいです。なんとしても勝って決勝に進みたいです。

スケジュール

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)
8月16日(木) 2-0 vs.タイ女子代表(BUMI SRIWIJAYA)
8月17日(金) AM/PM トレーニング
8月18日(土) - オフ
8月19日(日) AM トレーニング
8月20日(月) PM トレーニング
8月21日(火) 7-0 vs.ベトナム女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月22日(水) AM/PM トレーニング
8月23日(木) AM/PM トレーニング
8月24日(金) AM/PM トレーニング
8月25日(土) 2-1 準々決勝 
vs 朝鮮民主主義人民共和国女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月26日(日) AM/PM トレーニング
8月27日(月) TBC トレーニング
8月28日(火) 16:00
(18:00)
準決勝 
vs 韓国女子代表(GELORA SRIWIJAYA)
8月29日(水) TBC トレーニング
8月30日(木) TBC トレーニング
8月31日(金) 16:00/19:30 3位決定戦 / 決勝(GELORA SRIWIJAYA)

※時間はすべて現地時間。( )内は日本時間。
※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)

大会期間:2018/8/18(土)~2018/9/2(日)

【女子】準決勝
8月28日(火) 18:00 [日本時間] vs 韓国女子代表
NHK BS1で生中継
大会情報はこちら

アーカイブ

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー