JFA.jp

JFA.jp

EN

日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eサッカー
ホーム > 日本代表 > 最新ニュース一覧 > U-22日本代表 京都でトレーニングキャンプを開始

ニュース

U-22日本代表 京都でトレーニングキャンプを開始

2015年08月24日

U-22日本代表 京都でトレーニングキャンプを開始

U-22日本代表 は8月23日(日)、京都市内で候補選手によるトレーニングキャンプをスタートしました。

この日はJ1リーグに所属する13人と追加招集のDF室屋成選手(明治大)、トレーニングパートナーを務めるGK永石拓海選手(福岡大)が集合。東山高のグラウンドを借りての練習冒頭、手倉森誠監督からは「ここにいる全員が日本サッカーの発展のために欠かせない選手たちだ」という熱いメッセージが15人の選手たちに送られました。

照りつける日差しの中、週末Jリーグの試合に長時間出場した5選手はジョギングとストレッチを中心としたリカバリートレーニングをこなし、それ以外の選手はポジションごとのファンクショントレーニングを中心に約1時間しっかり体を動かしました。

夕食後、早川直樹コンディショニングコーチから、来年1月に迫った最終予選に向けての心構えや一流選手の練習以外の時間に対する意識について話があり、選手たちは一様に真剣な眼差しで耳を傾けていました。24日(月)はJ2リーグに所属する11選手も加わり、夕方から京都市内で練習を行う予定です。

監督・選手コメント

手倉森誠 監督
今日の練習で選手たちには「ここにいる全員が日本サッカーの発展のために欠かせない選手たちだ」という話をしました。これまで招集した選手も、そうでない選手も、その可能性があるし、その気になって頑張って欲しいです。何かのきっかけを掴めば変われる年代ですので、自分が選手たちを高めていきたいです。来年1月の最終予選に向けて月1回と活動機会が限られている中、日本文化が多く詰まったこの京都の地で、先のことも見据えて取り組んで欲しいと思っています。

FW 鎌田大地 選手(サガン鳥栖)
これまで自分が選ばれるイメージがあまり無かったので、代表は遠い存在だと思ってみていました。東山高時代は全国大会に出られず、プロになって結果を残して母校を有名にしたいと思っていたので、代表候補としてここに帰ってこられたことはすごく嬉しいです。自分は攻撃の選手なのでしっかり結果を残せたら良いと思います。今回のキャンプで結果を残し、自クラブに帰った後も結果を残し続け、最終予選のメンバーに入れるようにしたいです。

DF 宮原和也 選手(サンフレッチェ広島)
チームの雰囲気はすごく良いです。この合宿で自分の力を一生懸命に発揮して、オリンピックに行けるように頑張りたいです。複数のポジションを務められることが自分の良さでもあるので、どこのポジションでプレーしても力を発揮したいです。U-19日本代表の時は、アジアで悔しい思いをしたので、あの悔しさを晴らすべくリベンジしたいと思っています。

MF 前田直輝 選手(松本山雅FC)
7月1日のコスタリカ戦では、ドリブルを含めた1対1の局面は自信を持って戦えたと思いますが、ゴールであったり、決定的なパスであったり、最後の結果を残せていないことが自分が克服しなければならない課題です。このチームに定着しなければならないですし、いろいろな選手が集まる中で違いを見せられたら良いと思います。ちょうど良い自信と謙虚さを持って、毎日の練習を大切にしていきたいです。

MF 前田凌佑 選手(ヴィッセル神戸)
攻撃でも守備でも高いレベルのボランチを目指し、守備では球際を激しくいきボールを奪い、攻撃ではシンプルにボールをさばいてチームにリズムを作れるように、そういうプレーをしていきたいです。そして、国を代表してプレーできるくらいの自信とメンタリティーを持ってもっと成長したいです。

MF 野津田岳人 選手(サンフレッチェ広島)
コスタリカ戦は、アジア以外の国と戦う機会があまり無い中で、自分たちの実力を確かめられる良い機会でしたし、そこで得点をして勝利できたことは自信になりました。活動機会が限られているので、今回のキャンプでは、「全員攻撃・全員守備」というコンセプトのもと、チームとしての連携をもっと高め、シュートや攻撃面での自分の強みを出してしっかりアピールしていきたいです。

DF 奈良竜樹 選手(FC東京)
新しいメンバーも入って、チームは五輪出場に向け、個人はメンバーに入るために新しい競争が始まったという印象です。同じユニットのメンバーのプレーは個性がはっきりしており、チームの武器にもなると思うので、彼らをサポートしながら自分の特長である対人の部分を出していきたいです。自分自身、良い競争ができていると思うので、日本がリオデジャネイロに行ける手助けになれるよう頑張りたいと思います。

JFA-TV

  • 手倉森 監督 インタビュー

  • 鎌田大地 選手(サガン鳥栖)インタビュー

  • 宮原和也 選手(サンフレッチェ広島)インタビュー

スケジュール

8月23日(日) PM トレーニング
8月24日(月) PM トレーニング
8月25日(火) AM トレーニング
8月26日(水) 11:00 練習試合 vs 京都サンガF.C.
関連情報
アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー