JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 グループステージ第2戦 マカオ代表に快勝~AFCフットサル選手権2018予選~

ニュース

フットサル日本代表 グループステージ第2戦 マカオ代表に快勝~AFCフットサル選手権2018予選~

2017年11月06日

フットサル日本代表 グループステージ第2戦 マカオ代表に快勝~AFCフットサル選手権2018予選~

AFCフットサル選手権2018予選 第2戦 vs フットサルマカオ代表
2017年11月5日(日) キックオフ時間 17:00 試合時間 40分(前後半各20分間)
Bangkok Arena(タイ/バンコク)

フットサル日本代表 11-0(前半3-0、後半8-0)フットサルマカオ代表

得点
2分 清水和也(フットサル日本代表)
3分 清水和也(フットサル日本代表)
16分 皆本晃(フットサル日本代表)
22分 室田祐希(フットサル日本代表)
23分 齋藤功一(フットサル日本代表)
25分 星翔太(フットサル日本代表)
28分 皆本晃(フットサル日本代表)
29分 前鈍内マティアスエルナン(フットサル日本代表)
30分 清水和也(フットサル日本代表)
35分 前鈍内マティアスエルナン(フットサル日本代表)
40分 室田祐希(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:齋藤功一、室田祐希、吉川智貴、清水和也

サブメンバー
GK:矢澤大夢
FP:星翔太、渡邉知晃、皆本晃、前鈍内マティアスエルナン、内村俊太、西谷良介、森岡薫、仁部屋和弘

マッチレポート

AFCフットサル選手権2018予選に出場中のフットサル日本代表は、グルプステージ第2戦でフットサルマカオ代表と対戦しました。

試合は開始早々に動きます。2分に清水和也選手の豪快な右足シュートで先制すると、その1分後にも再び清水選手が齋藤功一選手のパスを受けて追加点を決め、試合の流れを作ります。その後も試合は日本が圧倒的にボールポゼッションで上回り、試合を優位に進めていきますが、相手GKの好セーブもあり、幾度となく作る決定機を決められません。それでも16分には自陣左サイドのコーナキックから皆本晃選手がチーム3点目を奪い前半を終了します。

ハーフタイムにブルーノ・ガルシア監督は、「まだまだやれてない部分が多い。自分たちのペ‐スではあるが後半必ず得点を奪いにいこう。良い展開を自分たちで作り出そう」と、話して選手たちを送り出します。

後半に入ると日本のゴールラッシュが始まります。22分にコーナキックからのパスをダイレクトで決めた室田祐希選手のゴールを皮切りに、23分には齋藤功一選手、25分には星翔太選手と続けざまにゴールを決め、相手の集中力も下がっていきます。その後も得点を奪い続けた日本は後半に大量8得点を挙げ、11-0でマカオに快勝しました。

この結果、2連勝した日本は、同じく2連勝したチャイニーズ・タイペイが本大会のホスト国のため出場が決まっており、最終戦およびプレーオフの結果に関わらず予選突破が決まりました。

日本は6日14:30(現地時間)に予選1位突破をかけ、フットサルチャイニーズ・タイペイ代表とグループステージ第3戦を戦います。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
昨日の試合からの反省を活かし改善を図り、初戦のモンゴル代表と似たようなプレーをしてくる相手に対し、大きな勝利を掴むことができました。最初から最後まで相手を圧倒し、スコアにもその結果が現れたと思っています。明日のチャイニーズ・タイペイ戦で勝利し、自分たちが求めてきたグループステージ1位での予選突破を決めたいと思います。また、今日の試合で得た自信と自分たちのスタイルを継続し、しっかりと表現していきたいと思います。

FP #4 齋藤功一 選手(名古屋オーシャンズ)
まず今日の試合に勝利して2連勝、グループリーグ1位という良い状況で明日の最終戦を迎えることができて良かったと思います。試合では大差はつきましたが完璧な試合だった訳ではなく、もっと良くできることが沢山ありました。個人的には得点も取れましたが、満足せず明日もチームのためにプレーしていきたいです。明日の試合ではもっと強い日本をみせて予選突破したいと思います。

FP #7 室田祐希 選手(ペスカドーラ町田)
前半はなかなか点が入りませんでしたが、焦らず我慢し、自分たちのプレーを継続出来たのがよかったと思います。明日も勝って3連勝します。引き続き応援よろしくお願いします。

FP #11 清水和也 選手(フウガドールすみだ)
初戦とは違い、前半から自分達の優位な状況で試合を進めることが出来ました。後半には攻撃のリズムもさらに良くなり、セット間のコンビネーションの積み上げが出来てることを実感できました。ただ、この試合で出た課題はしっかりと修正し、明日の大一番に臨みたいと思います。

FP #12 前鈍内マティアスエルナン 選手(アグレミーナ浜松)
今日のマカオ戦は、昨日の初戦より良い試合が出来たと思います。最初からメンタル、気持ちと集中力が入った試合となりました。もちろん、ここで満足するのではなく、明日のチャイニーズタイペイ戦に勝つ為にもっとレベルアップして良い準備をしていきたいと思います。

スケジュール

AFCフットサル選手権2018予選(東地区)
11月4日(土) 5-1 vs モンゴル(バンコクアリーナ)
11月5日(日) 11-0 vs マカオ(バンコクアリーナ)
11月6日(月) 14:30 vs チャイニーズ・タイペイ(バンコクアリーナ)
[注]グループ2位になった場合は、決勝大会出場決定プレーオフにまわります。
11月8日(水) 12:00 プレーオフ(バンコクアリーナ)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー