JFA.jp

JFA.jp

EN

フットサル日本代表

年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
年代・カテゴリーを選ぶ

表示したいカテゴリーを
以下から選択してください。

1.年
  • 2020年
  • 2019年
  • 2018年
  • 2017年
  • 2016年
  • 2015年
  • 2014年
2.年代別
  • SAMURAI
    BLUE
  • U-23
  • U-22
  • U-21
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • NADESHIKO
    JAPAN
  • U-23
  • U-20
  • U-19
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15
  • 大学
  • フットサル
    (男子)
  • U-25フットサル
    (男子)
  • U-20フットサル
    (男子)
  • U-19フットサル
    (男子)
  • U-18フットサル
    (男子)
  • フットサル
    (女子)
  • U-18フットサル
    (女子)
  • ビーチサッカー
  • eスポーツ・サッカー
ホーム > 日本代表 > フットサル 2017年 > 最新ニュース一覧 > フットサル日本代表 初戦はモンゴル相手に5-1で勝利~AFCフットサル選手権2018予選~

ニュース

フットサル日本代表 初戦はモンゴル相手に5-1で勝利~AFCフットサル選手権2018予選~

2017年11月05日

フットサル日本代表 初戦はモンゴル相手に5-1で勝利~AFCフットサル選手権2018予選~

AFCフットサル選手権2018予選 第1戦 vs フットサルモンゴル代表
2017年11月4日(土) キックオフ時間 14:30 試合時間 40分(前後半各20分間)
Bangkok Arena(タイ/バンコク)

フットサル日本代表 5-1(前半2-0、後半3-1)フットサルモンゴル代表

得点
3分 清水和也(フットサル日本代表)
11分 清水和也(フットサル日本代表)
25分 仁部屋和弘(フットサル日本代表)
29分 失点(フットサルモンゴル代表)
34分 森岡薫(フットサル日本代表)
37分 渡邉知晃(フットサル日本代表)

スターティングメンバー
GK:関口優志
FP:齋藤功一、室田祐希、吉川智貴、清水和也

サブメンバー
FP:星翔太、渡邉知晃、皆本晃、前鈍内マティアスエルナン、内村俊太、西谷良介、森岡薫、 仁部屋和弘

マッチレポート

AFCフットサル選手権2018予選に臨むフットサル日本代表は、グルプステージ初戦でモンゴルと対戦しました。試合会場のバンコクアリーナには日本サポーターも駆けつけ、ホームの雰囲気を作り出してくれました。サポーターの声援を背に、試合は開始早々の3分、清水和也選手が齋藤功一選手のパスをゴール前で受け、相手を背負いながら反転し、右足の強烈なシュートで先制します。日本はポゼッションで優勢にゲームを支配し、11分にはコーナキックからのパスを清水選手が左足で決め2‐0で試合を折り返します。
25分、左サイドでボールを受けた仁部屋和弘選手が中央の森岡薫選手へと繋ぎ、その折り返しを受けた仁部屋選手が直接ゴールに流し込み、相手を突き放します。その後、ペースは握っているものの、なかなか追加点を奪えない日本は、モンゴルの素早い仕掛けで日本の右サイドを崩され、得点を奪われてしまいます。それでも攻勢は変わらず、34分にはコーナキックから森岡選手が強烈な右足のボレーシュートで試合を決定付けます。37分にも渡邉智晃選手が追加点を奪い、5-1でモンゴル代表に勝利。勝ち点3を獲得しました。

フットサル日本代表は5日(日)17:00(現地時間)よりフットサルマカオ代表とグループステージ第2戦を戦います。

監督・選手コメント

ブルーノ・ガルシア 監督
まずは勝ち点3を取ることができて良かったです。この予選を戦う上で、初戦のモンゴルとの試合は非常に重要でした。ゲームの内容こそ日本が優位に進める時間が圧倒的に多く、自分たちの戦いができたと思いますが、引いて守ってカウンターを狙うモンゴルに対して、全てが上手くいったとは言えないのも事実です。次のマカオ戦は本日のモンゴルと似た展開が予想されます。戦いにくい相手にはなりますが、今日よりも集中した戦いで必ず勝ち点3を勝ち取りたいです。

FP #5 皆本晃 選手(府中アスレティックFC)
どんな大会でも大会の初戦は難しいものです。自分たちが思い描いていたような試合をすることはできませんでしたが、何よりも大事な勝ち点3をしっかり取れたことで次に繋がったと思います。またフィールドプレイヤーの出場時間がほぼ同じだったことも、チーム全員で戦う上で大きなメリットになったと思います。明日のマカオとの試合では攻撃のスイッチを入れるタイミングや相手ボールのキックインなど、改善できる部分は調整してしっかりと勝ち点3が取れるように準備したいと思います。

FP #6 吉川智貴 選手(名古屋オーシャンズ)
初戦は非常に難しい試合となりました。特に前半は2-0というスコアではありましたが、なかなか自分たちのフットサルができず苦戦を強いられました。後半に入ってからは、攻撃、守備ともに自分たちが目指すフットサルを体現できてきたのではないかと思います。あと2試合勝つことが最優先ですが、チームが少しでも成熟できるようにチーム一丸となって戦います。

FP #10 仁部屋和弘 選手(バサジィ大分)
前回のAFCフットサル選手権2016でワールドカップ出場を逃し、とても悔しい思いをしました。その思いを胸に、今日の初戦に挑みました。とても難しい試合でしたが、勝てたことを嬉しく思います。明日の試合も勝つために良い準備をしていきたいと思います。

スケジュール

AFCフットサル選手権2018予選(東地区)
11月4日(土) 5-1 vs モンゴル(バンコクアリーナ)
11月5日(日) 17:00 vs マカオ(バンコクアリーナ)
11月6日(月) 14:30 vs チャイニーズ・タイペイ(バンコクアリーナ)
[注]グループ2位になった場合は、決勝大会出場決定プレーオフにまわります。
11月8日(水) 12:00 プレーオフ(バンコクアリーナ)

※スケジュールは、チームのコンディションや天候等により急きょ変更する場合があります。

アーカイブ
日本代表
NEWS メニュー

OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL SUPPLIER

SUPPORTING COMPANIES

JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー