JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 鳥栖が広島を破り暫定首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第5節

ニュース

鳥栖が広島を破り暫定首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第5節

2022年05月02日

鳥栖が広島を破り暫定首位に立つ 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第5節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WESTは4月30日(土)と5月1日(日)に第5節を実施しました。1日の吉田サッカー公園 人工芝グラウンドではサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)とサガン鳥栖U-18(佐賀)が対戦しました。

ピックアップマッチ

サンフレッチェ広島F.Cユース 1-4(前半0-1、後半1-3)サガン鳥栖U-18

第3節から続く連勝を3に伸ばしたい鳥栖でしたが、試合序盤は「昨年は広島さんと対戦して1回も勝てなかった。アウェイの空気感もあり、難しい展開になるかなと思っていた」と話すDF大里皇馬選手(#11)の予想が的中しました。後方からのテンポよくボールを動かし、試合の主導権を握りましたが、人数を掛けて中央を固める広島の守備に手を焼き、決定機がつくれません。

田中智宗監督が「ボールを持っているけど、すごく嫌な感じがしていた」と口にする展開を鳥栖が断ち切ったのは29分。中盤の左寄りで獲得したFKをMF福井太智選手(#10)がゴール前に展開すると、飛び込んだのは大里選手。「後ろから試合を見ていて、チャンスが少なかったので、セットプレーで1点が取れれば流れを持って行けるかなと思っていた。1点目のセットプレーは自分が点数を取ろうと入っていたら、太智が良いクロスを上げてくれたので、合わせるだけだった」。そう振り返るヘディングシュートがゴールネットを揺らし、試合が動きました。

後半はFW堺屋佳介選手(#9)が放ったクロスバー直撃のシュートで幕を開けましたが、今季初白星を狙った広島も、このままでは終われません。55分にMF笠木優寿選手(#10)がクロスバーに当てたFKのこぼれ球をつないで、途中出場のFW濱田蒼太選手(#20)が決めて、追い付きました。

同点となってからは広島に流れが傾き、相手陣内へと攻め込む回数が増えましたが、63分には思い切りよく左サイドを駆け上がったDF北島郁哉選手(#18)のクロスから、鳥栖がCKを獲得。福井選手がゴール前に入れたクロスを大里選手が頭で合わせて、再びリードを手にしました。

「追い付かれてから、相手に流れが持って行かれそうになっていた。相手が前から来る中で、セットプレーから決めたら流れが自分たちに戻ってくると思っていた」。大里選手の読み通り、以降は完全に鳥栖のペースになり、中盤でのサイドチェンジからサイド攻撃を引き出し、広島を押し込みました。65分にはMF坂井駿也選手(#4)が入れた右クロスは相手DFにクリアされましたが、高い位置で拾った福井選手がゴールの隅に決めて、3点目をマーク。87分にはFW増崎康清選手(#17)、福井選手とつないだボールを坂井選手が決めて、タイムアップを迎えました。

大里選手が「自分たちのサッカーができて勝てた試合だった」と振り返る試合内容で3連勝を達成した鳥栖が暫定で首位に立ちました。

監督・選手コメント

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-18)
勝ちながら改善できるのが一番の理想だと思いますが、勝敗だけにならず、選手はしっかりと成長していかなければいけません。そのために毎試合何ができて、何ができなかったのかを常に選手たちとコミュニケーションを取りながら日々の練習に取り組んでいます。今日の試合でもユースであればピンチで済むものの、トップチームなら失点になっていた場面がありました。そうした課題と向き合い、さらに成長していきたいです。

GK #1 栗林颯 選手(サガン鳥栖U-18)
サンフレッチェ広島のジュニアユースからユースに上がれなかった時に、鳥栖が声を掛けてくれてチャンスをくれました。今日の試合は古巣相手に成長した姿を見せるため、上がれなかったからここまで成長したんだと示したかった。表現しきれなかったですが、勝利によってある程度は表現できた気がします。今年の守備陣は粘り強く無失点というのを目標にしています。今日は1失点しましたが、失点がなければ負けないので、シーズン通して目標を達成できるよう頑張ります。

髙田哲也 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
前半は0-0で行ければと思っていましたので、セットプレーで先制点を与えたのが痛かったです。セットプレーの失点からリズムを失う試合が今年は多いのが課題です。追い付いてからギアを上げないといけないのに上がらず、またリスタートからやられてしまった。うちの流れが来たと思ったのですが、うまくいきませんでした。1勝がこれほど難しいんだと選手は身を持って実感しているはずです。流れを変えるのは勝ち星しかないなので、修正してまた次節に挑みます。

MF #10 笠木優寿 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
開幕から失点がゼロの試合が1試合もありません。粘り強い守備で、無失点に抑えるのがサンフレッチェの良さだと思うので、自分たちも失点をゼロに抑えて、勝ち切れるチームになりたい。これまでのサンフレッチェの歴史で、開幕からこれほどまで勝てない試合が続いた経験はありません。ただ、ここから勝って行ければ強い姿を見せられます。このままでは終われないので、自分たちの力をもっと出し切っていきたいです。

その他の試合結果

セレッソ大阪U-18 3-2(前半1-1、後半2-1) ジュビロ磐田U-18
ガンバ大阪ユース 2-5(前半1-2、後半1-3) 履正社高校
東福岡高校 延期 ヴィッセル神戸U-18
清水エスパルスユース 4-0(前半3-0、後半1-0) 大津高校
名古屋グランパスU-18 3-1(前半1-0、後半2-1) 静岡学園高校

ジュビロ磐田U-18(静岡)をホームに迎えたセレッソ大阪U-18(大阪)はFW木下慎之輔選手(#9)の3試合連続ゴールなど3点を奪い、3連勝を達成しました。ガンバ大阪ユース(大阪)と履正社高校(大阪)の大阪対決は、FW古田和之介選手(#9)の先制点を皮切りに5点を奪った履正社が勝利しました。大津高校(熊本)との一戦に臨んだ清水エスパルスユース(静岡)は、FW成澤夢行選手(#9)の2ゴールなどにより、今季2勝目をマーク。名古屋グランパスU-18(愛知)は、静岡学園高校(静岡)を3-1で下し、勝ち点を9に伸ばしました。なお、東福岡高校(福岡)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)の一戦は、延期となりました。代替日は決定次第お知らせします。

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー