JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022 TOP > 最新ニュース一覧 > 鳥栖が神戸の守備を打破して2連勝 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第4節

ニュース

鳥栖が神戸の守備を打破して2連勝 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第4節

2022年04月25日

鳥栖が神戸の守備を打破して2連勝 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WEST第4節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2022WESTは4月23日(土)と24日(日)に第4節を実施しました。23日のいぶきの森球技場では、ヴィッセル神戸U-18(兵庫)とサガン鳥栖U-18(佐賀)が対戦しました。

ピックアップマッチ

ヴィッセル神戸U-18 0-3(前半0-2、後半0-1)サガン鳥栖U-18

第2節から続く連敗を止めたい神戸は、DF寺阪尚悟選手(#4)が「前半をゼロで抑えて、後半は前から行こうと考えていた」と振り返りますが、全体のラインが下がり過ぎたため、自陣で鳥栖にボールを持たれる時間帯が続きました。鳥栖がMF坂井駿也選手(#4)を中心とした素早いボール回しから、ピッチの幅を使った攻撃で神戸を押し込むと、試合が動いたのは10分。DF北島郁哉選手(#18)が左サイドから放り込んだスローインが、ゴール前にこぼれるとFW楢原慶輝選手(#7)が冷静に決めました。

「良い時間帯に点を取れたのが大きかった。練習からセカンドボールの回収など、どこにこぼれるか予測して詰めるように意識しているので、上手く反応して押し込めた」。楢原選手がそう振り返る先制弾が生まれてからは、ゴール前を固める神戸の守備に苦戦しました。押し込みながら決定機には至らない場面が目立ちましたが、ボールを失っても「奪われた瞬間からリアクションを意識している。高い位置で奪って、もう1回正確にボールを動かすのが狙い」と話す楢原選手らが高い位置で回収し続けました。

すると、39分にはピッチ中央付近から坂井選手がDFの背後に浮き球を展開。走り込んだ楢原選手が神戸DFを引き寄せると、後方から走り込んだMF福井太智選手(#10)がゴールネットを揺らしました。「前半も苦しい時間もあったが、自分たちのベースである粘り強く守りから、相手の隙を突いて良い攻撃ができた。コンビネーションで崩して追加点が取れて良かった」(福井選手)。

後半に入ってからの鳥栖は、前からの守備を強めた神戸に苦戦。失ったボールを神戸に動かされ、守備の時間が増えました。MF今富輝也選手(#28)の投入によって、サイドに回ったMF永澤海風選手(#10)の仕掛けにも手を焼きましたが、DF大里皇馬選手(#11)とDF竹内諒太郎選手(#3)のセンターバックコンビを中心に集中力を切らさず対処。福井選手は、「後半は受けてしまう場面が多かったので、もっと自分たちから前向きで守備に行ければもっと良い試合になったと思うが、我慢強くできたのは良かった」と話しました。

押し込まれながらも2点のリードを保った鳥栖は、残り10分を切ってから4選手を代えて再び攻撃のギアを入れました。90+4分にはゴール前を抜け出した途中出場のFW木戸晴之輔選手(#8)が倒され、PKを獲得。このチャンスを福井選手が落ち着いて決めて、3-0でタイムアップ。前節の大津高校(熊本)戦に続く快勝によって、鳥栖が今季初の2連勝を達成しました。

監督・選手コメント

田中智宗 監督(サガン鳥栖U-18)
前半の神戸は後ろに重たくなっていたので、ハーフウェーラインまでは自分たちが簡単に突破できる状況でしたが、最後のところは人数が多く、背後のスペースがありませんでした。なかなか崩し切れない中でも、我慢しながら動かして2点取れたのはすごく良かったです。相手が戦い方を変えてきたため、前線からの守備が上手くはまらなくなった後半も粘り強く守れたのは良かったのですが、もう1度自分たちが主導権を握りたかった。修正して次の試合で頑張りたいです。

MF #10 福井太智 選手(サガン鳥栖U-18)
前半は自由にボールを持てた分、後半になって相手が奪いに来ると判断ミスが増えました。それでも我慢強く戦えたのは良かったです。個人としても得点を取れたのは良かったですが、突き詰めないといけない部分はまだまだあります。簡単にミスしたり、スライドの遅れがあったので、次の試合では改善したい。この4試合はやれていることが多いとは思いますが、隙をつくってはいけません。自分たちは負けてはいけないので、日頃の練習から100%の力でやっていきたいです。

DF #4 寺阪尚悟 選手(ヴィッセル神戸U-18)
前節のセレッソ大阪U-18戦に続き、自分たちの気の緩みや隙を突かれた軽い失点が続いています。大津戦からDFラインが修正しきれていません。後ろと前の連動ができていないため、ボールの取りどころが定まらず、簡単に裏を取られています。攻撃も崩し切って打とうという気持ちが強すぎますが、打てる時に打たないと点が入りません。苦しい試合が続いていますが、まだまだリーグは続くのでしっかり立て直して、次の対戦ではしっかり勝ちたいと思います。

MF #8 安達秀都 選手(ヴィッセル神戸U-18)
鳥栖の坂井(駿也)はソレッソ熊本時代のチームメイトなので、絶対に負けたくなかったのですが、チームとして0-3と完敗しました。個人としても、球際の部分で負けていました。攻撃でも相手の寄せが早くて、自分の良さであるボールを受けてさばくプレーや、縦パスがうまく消されていました。まだリーグは始まったばっかりで、シーズンが始まる前に目標としていたプレミア優勝はまだ狙えます。もう1回、みんなで目標を再確認して頑張ります。

その他の試合結果

履正社高校 延期 名古屋グランパスU-18
ジュビロ磐田U-18 延期 ガンバ大阪ユース
大津高校 1-1(前半1-1、後半0-0) サンフレッチェ広島F.Cユース
静岡学園高校 1-1(前半0-0、後半1-1) 清水エスパルスユース
東福岡高校 0-7(前半0-5、後半0-2) セレッソ大阪U-18

履正社高校(大阪)と名古屋グランパスU-18(愛知)、ジュビロ磐田U-18(静岡)とガンバ大阪ユース(大阪)の2試合は延期となりました。代替日は決定次第お知らせします。サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)をホームに迎えた大津高校(熊本)は先制点を許しながらも、FW小林俊瑛選手(#9)のゴールで追い付き、勝ち点1を手にしました。静岡学園高校(静岡)と清水エスパルスユース(静岡)による静岡対決は、両者譲らず1-1の引き分けとなりました。セレッソ大阪U-18(大阪)は、FW木下慎之輔選手(#11)の2試合連続ハットトリックなど7点を奪い、東福岡高校(福岡)に勝利しました。

大会期間:2022年4月2日(土)~2022年12月4日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー