JFA.jp

JFA.jp

EN
ホーム > 大会・試合 > 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021 TOP > 最新ニュース一覧 > 広島が序盤のリードを守り切り首位固め 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第11節
トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

ニュース

広島が序盤のリードを守り切り首位固め 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第11節

トヨタ
ニチバン
モルテン
国内競技会開催事業

2021年11月08日

広島が序盤のリードを守り切り首位固め 高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021第11節

高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2021WESTの延期されていた3試合が11月6日(土)に各地で開催されました。

ピックアップマッチ

京都サンガF.C. U-18 0-2(前半0-2、後半0-0)サンフレッチェ広島F.Cユース

ホームの京都サンガF.C. U-18(京都)は残留、サンフレッチェ広島F.Cユース(広島)は優勝に向けて、勝点3がほしい両者が対戦。3連勝中の広島が序盤から攻勢を見せました。

京都のビルドアップに対し、高い位置からプレッシャーを掛け、ボールを奪ってチャンスをつくる広島は5分、MF髙下仁誓選手(#19)からのボールにFW森夲空斗選手(#11)が左足で合わせて先制ゴールを挙げます。さらに、9分、MF池田柚生選手(#14)のパスからFW高柳英二郎選手(#9)が左足で決め、リードを広げました。

広島ペースで試合が進む中、26分に広島がPKを獲得します。キッカーは、トップチーム昇格内定のエース棚田遼選手(#10)。対する京都GK岡田修樹選手(#1)が「絶対止めて、一気に雰囲気を変える」と挑み、「セレッソ戦のPKで左に飛んで逆をつかれた。それを相手が分析しているかもしれないので、相手の助走の角度を見て、右だと信じて飛んだ」と、見事にPKを阻止し、チームを勇気づけます。京都は前半シュート0本に終わったものの、1点次第で試合の行方は分からないという雰囲気をつくって試合を折り返しました。

2点ビハインドの京都は、GK岡田選手が「俺が無失点で抑えるから、前線は思い切り攻めていけ」と声を掛けて後半に臨みました。京都はボールを握り、シュートを放っていきますが、広島も集中力高く守り、ゴールを割ることはできません。

京都が前掛かりになる中、3点目を狙う広島は、交代で入ったMF笠木優寿選手(#22)が3本のシュートを放つなどチャンスをつくっていきます。また、棚田選手がスピードあるドリブルで仕掛け、後半6本のシュートを打って果敢にゴールを狙い続けましたが、両チーム共に次の1点は生まれず。広島が序盤の2点を守って勝利し、勝点を30に伸ばして暫定首位をキープしました。

監督・選手コメント

志垣良 監督(京都サンガF.C. U-18)
勝点が必要な状況の中、首位の相手だが怯まずにやろうと話して試合に入りましたが、相手が上回ってきました。勢いに押され、立ち上がりに失点し、なかなか前に入っていけず、防戦一方の前半でした。後半はボールを持つシーンもでき、カウンターを受けても粘り強く守備ができました。次節は、自分たちでアクションを起こすことを大事にやっていきたいです。

GK #1 岡田修樹 選手(京都サンガF.C. U-18)
最初に力の差を見せつけられ、自分たちのサッカーにもっていくのが難しかったです。後半は立て直し、自分たちの攻撃スタイルを貫けたことは収穫です。2失点しましたが、PKを止めて、後半は無失点で抑えられました。苦しい順位なので、1つの勝利が鍵を握ります。勝って、サンガの保護者も含めて全員を喜ばせたいというのが今日の目標でした。

髙田哲也 監督(サンフレッチェ広島F.Cユース)
しっかり勝ち切ることが大事なので、失点しなかったことは良かったと思います。前半で勝負を決められた状況にも関わらず、とどめを刺せなかった。もっと試合巧者になる必要があると選手たちに話しました。次節は私の古巣でもある名古屋戦です。前期で引き分け、クラブユースでもPK戦で負けているので勝ちたいです。

FW #10 棚田遼 選手(サンフレッチェ広島F.Cユース)
3連戦で勝点9を奪うため、最初の試合になる京都戦の入りが大事だとみんなで共有する中、前半早くに先制し、勢い良くすぐに追加点を奪えました。自分のシュートは入りませんでしたが、最後まで攻守に渡って集中し、良い流れでできました。得点王(現在3点差の8得点)も意識していますが、「自分で決めて勝ちたい」という思いがあって、今日は力んでしまいました。

その他の試合結果

セレッソ大阪U-18 6-2(前半5-0、後半1-2)ヴィッセル神戸U-18
ジュビロ磐田U-18 0-5(前半0-1、後半0-4)ガンバ大阪ユース

セレッソ大阪U-18(大阪)はヴィッセル神戸U-18(兵庫)を相手に前半だけで5得点。後半は点の取り合いになりましたが、6-2でC大阪が勝利しました。ガンバ大阪ユース(大阪)はアウェイに乗り込み、ジュビロ磐田U-18(静岡)と対戦。1点をリードして迎えた後半、FW坂本一彩選手(#11)のハットトリックを含め4点を加え、今シーズン5勝目を挙げました。

大会期間:2021年4月3日(土)~2021年12月5日(日)

大会情報はこちら

アーカイブ

過去の大会はこちら

JFA Youth & Development
Official Partner

  • トヨタ自動車株式会社
  • ニチバン株式会社
  • 株式会社モルテン

JFA Youth & Development Programme(JYD)

  • JFA Youth & Development Programme(JYD)

大会公式Twitter

  • 大会ハッシュタグ #高円宮U18
JFAの理念

サッカーを通じて豊かなスポーツ文化を創造し、
人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献する。

JFAの理念・ビジョン・バリュー